イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

mocamovies

mocamoviesの感想・評価

5.0
第二次世界大戦でドイツナチスから謎の暗号(エニグマ)を解読した数学者の実話です。
しかも実話とは凄い‼️
戦争とかのテーマに沿って映画を作るのはほとんど実話(フィクション)を使っている。
イギリスの数学者であるアラン・チューリングは同姓愛者だと告白したため、猥褻罪で警察に捕まる。(当時は同姓愛は猥褻で犯罪扱いとされていた)
警部に本当に暗号を解読したのかを今までの出来事を論理的に述べた(イルミネーションゲーム)。
ドイツのナチスから謎の暗号(エニグマ)を渡された。
その暗号を解読するのに、普通の人間では解けないレベルである。
それが分かったら、ドイツとの戦争に勝つかもしれない。何かが鍵を隠されているのだ。
アナンは、仕事仲間と協力して最端技術の今でいうコンピューターのようなでかい機械を作る。
その機械は『チューリングマシン』
彼はチューリングマシンのことを「クリストファー」と名付ける。
そのクリストファーを名付けた理由は
少年時代のおさ馴染みで、恋人(男)でもあったが、何かの病気で亡くなったとされる。
彼も同じく優秀な成績だった。

チューリングマシンは、ニエグマの暗号を解読出来る機械である。
そしてまた、タイプライター?のようなニエグマの暗号を解読する。
これが前世のコンピューターではないかと思った。
それで解読した分、戦略方法の情報がわかること。
戦略方程式で答えが分かったら勝利!!
その前にロシアのスパイだということを仲間から疑われていた。
要するにイギリスがドイツ(ナチス)に勝ったのはアランのお陰だということ。
その暗号が解けて、ドイツ(ナチス)に気づかずに秘密を守れて、戦争に勝ったこと。そうではなかったら解読出来ずに戦争に負けて、ヒトラの奴隷になっていたかもしれないね。
odasu

odasuの感想・評価

4.0
「挑むのは、世界最強の暗号-」

素晴らしいことをしたのに、それが誰の目にも触れずなかったことにされるなんて、本人からしたら戦争終わった気にもならないよね。
今、こうやって映画になったり国から認められたりしてること、本人は知らないのが切ない。
トゲトゲしてるアランが徐々に丸くなっていく様が凄くいい。
結末になんだか悲しく寂しく泣けてしまった。世の中にはいろんな偉業を遂げてもそれを知られず、終わる人々がたくさんいるのだろう。もしも、時代が、国が、違ったのならば彼はどんなに良かったことだろうか。
rosa

rosaの感想・評価

4.2
「誰も予想しなかった人物が誰も想像しなかった偉業を成し遂げる事だってある」
私の中で、この映画のサブテーマはアスペルガーと同性愛。
偉人の中にはアスペルガーの人が多いとよく聞くように、彼らの言動を理解せず真っ向から否定することが、時にどれほど愚かなことか。でも、チューリングの同僚との接し方を見るに私もきっと耐えられないってなっちゃうだろうな。難しい。
同性愛に関して、現代では日本よりも法整備が進み、少しでも偏見的な発言をしたら目の色を変えて批判をするヨーロッパ圏。昔は同性愛であることが犯罪だったなんて。かつて男娼なんかがそんな隠れることなくいたりした日本はヨーロッパの歴史を逆行してるよう。
同性愛の何がいけないんだろうってこれほどまでに思わせられたのは初めて。
チューリングにとって、死後の恩赦なんて何の意味があるんだろう。
面白かった…。一言でいうと、感謝。これに尽きる。カンバーバッチさんどんだけハマリ役。
1000

1000の感想・評価

4.8
彼は、確かに普通じゃない…

戦争や暗号解読やマシンを作るお話であるが、アラン・チューリングという人間が軸にある。
見終わった今、何も言えない。あまりにも壮絶で、胸が苦しい。最後、あの人が訪れてから涙が止まらなかった。



「あなたが普通じゃないから、」



変わった人だとみんなが言うだろう。

だけど彼は、ただ純粋で、頭が良すぎるだけなんだ。普通の人間で。どこにでもいる人間で。とてつもなく特別で、とても素晴らしいだけなんだ。

どうか、安らかに眠る…だけでなく、クロスワードパズルを思い切り楽しんでいますように。

是非、たくさんの人に、いろんな人に観てもらいたい作品。
min

minの感想・評価

4.3
第二次世界対戦下、ドイツが誇る世界最強の暗号エニグマを解きあかしたイギリス人天才数学者の話。英国政府が50年以上ひた隠しにした天才数学者アラン・チューリングを演じるのは、ベネディクト・カンバーバッチ。

面白かった。
アラン・チューリングはコンピュータの礎の生みの親でもあり、今のこの世の中を見れば、彼は現代社会の創造主とも言える。

そして奇人変人な奇才天才を演じさせるならベネディクト・カンバーバッチだ。

エニグマを解き明かすことがゴールではなく、それどころか、そこから騙し合いという情報戦の本番が始まるなんぞ、私にはこんな仕事は絶対に出来ない。クロスワードは好きだけど。

それにしても、何が凄いって、ウインストン・チャーチル。この才能をバーンと一発登用する采配。

同性愛で有罪判決となったアラン・チューリングにエリザベス女王から恩赦が与えられたのは2013年だそう。

まったく難しすぎて凡人には理解不可能だと思うけれどももう少し詳しく知りたいという興味が湧いた。
araism

araismの感想・評価

4.2
いま普通に使ってるコンピューターがこういう歴史の背景でアラン・チューリングって人のおかげで作られたんだと思うとマジで凄い人なんだなと思って感動した。歴史の勉強は嫌いだったけどこういう歴史物見るのは凄い好き。
オススメしたい映画じゃなくて、見ないといけない映画な気がする。
あとキーラ・ナイトレイは安定の可愛さ😍
第二次大戦下、ナチスが誇る解読不可能と言われた暗号機「エニグマ」に挑み、そのことで彼自身が国家機密になってしまった数学者の話。

スティーブ・ジョブズやビル・ゲイツより遥か前にコンピューターの基礎を作ったのに、50年経った2013年になって死後名誉回復という特別な恩赦でやっと存在が明るみになる。

あ~国家機密の恐ろしさよ。特定機密保護法とかもう施行されてるけど、中身はすでにヤバいんだろうな…(-_-;)
多くを助けるために一部を見殺しにする。そんなことが繰り返されているのか。
>|