ブラック・スキャンダルの作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

ブラック・スキャンダル2015年製作の映画)

Black Mass

上映日:2016年01月30日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

3.3

あらすじ

「ブラック・スキャンダル」に投稿された感想・評価

ポスターで名前を見るまで、ジョニーデップって全く気付かなかった
 実録犯罪をひたすら地味に見せる作品。地味に演出すること自体は嫌いではないが、物語の焦点が定まって無く思えて、観てるこちらの気持ちが乗りにくかった。 

 ギャングの兄と政治家の弟の兄弟ものにするのか、汚職FBI捜査官ものにするのか、あるギャングの栄枯盛衰にするのか、話の方向をはっきりと絞った方が良かった気がする。それらのどの要素も詰め込んだために、かえってどれも薄味になってしまった感じがする。事件をとても俯瞰した目線で見せる「世界仰天ニュース」のような映画。決してつまらなくはないが、色々と惜しかった。

 
淡々という表現が似合う映画。
淡々とジョニー・デップは人殺すし、淡々とFBIは汚職するし。でもそんな史上最高額の指名手配に値するようなものなのだろうか。ひたすらにドキュメンタリー
akaisora

akaisoraの感想・評価

3.3
ボストン南部の3人の幼なじみ
ギャングのジミー(バルジャー)
その弟、議員のビリー
FBIのコノリー

バルジャーを演じるのはジョニー・デップ

映画館で見たときは見た目の変わりようから頭と歯にばかり目がいっていまったけど、改めてじっくり見てみると、やはりその変貌は素晴らしく口調や体の動きからいつものジョニー・デップとは別人で目を見張ってしまう

冷徹で非道、まさに生まれながらの犯罪者
何度も頭を吹っ飛ばすシーンがあって(唐突に)バイオレンス過多

スティーブンがバルジャーに女の子殺されるシーンはめちゃくちゃ胸が痛んだ…
TAKA

TAKAの感想・評価

4.0
ジョニーデップの演技👏恐怖
永遠真顔
実話のマフィア物はおもしろい!
喋られる恐怖を恐怖で支配

ホワイティー
ディパーテッドのあいつだったのか、!
ん〜なんか昨日見たはずなのにもう内容忘れかけとる(笑)

実際の話を元にしているだけあって、ストーリーが淡々と進んでいって置いていかれる場面もしばしば。

まあある程度展開は読めちゃうけど、ハラハラ感とかは楽しめるかも、、?

あとジョニー・デップが出演するマフィアものということで、フェイクを連想した!

ジョニー・デップって本当に役柄の幅が広くてすごいよなあ
今回のはどっちかというとトライセンデンスのジョニーっぽかったなあ
中堂k

中堂kの感想・評価

3.3
ダコタ5分かよーーーもっと観たいなーーー よりもーーー
密告者に容赦無い。それが仲間の娘であろうが、それほど冷酷なジョニデ。白昼堂々と殺すーー!突き抜けてる感半端ない。その悪党から散々搾り取っておきながらチクリで減刑❓その司法取引とやらが諸々の腐敗の種にーーーー
なってないだろか。
広大

広大の感想・評価

3.0
やっぱスコセッシ監督作品には敵わなかった…
ちょっとキャラクター達が薄いかな
でもディパーテッドとか、ザ・タウンで出てきたサウシーって地区が共通してて面白かった
Yukisounds

Yukisoundsの感想・評価

3.7
こんな映画みたいな実話に驚かされる。
FBIとギャングが裏では関ってるドラマや映画って沢山あるだけに不思議はないのかもしれないけれど、幼なじみでつるんじゃうとか、堂々としてるのがすごい。
カンバーバッチ好きとしてチェックしていた気がするこの映画ですが、完全にジョニー・デップの狂演にやられましたね!
バリ

バリの感想・評価

3.5
ジョニデの不敵な演技が良かった。

1970年代、ボストン南部の犯罪組織のリーダーのホワイティ・バルジャーは、協力を持ちかけてきた幼なじみのFBI捜査官コノリーを抱き込んだ。邪魔なマフィアの証拠を出す代わりに検挙を免れて、ボストンの犯罪王になろうとしていたのだ。

実在した冷酷非情なアイルランド系ギャングの成り上がりから転落するまでを描いた作品。主人公のバルジャーは家族や味方には優しそうに見えるが、密告者や使えない者には容赦がなく、信頼していた部下でさえも容易く殺す。

敵対者や裏切り者に対する殺し方のバリエーションが豊富でしかも残虐。とても嫌な気持ちになった。

FBI捜査官コノリーの最初は志があったんだろうけど、成功が忘れられずどんどん深みに嵌まっていく描写が見てて悲しかった。

国家権力がもし悪と結びついてたらどうなるのか、という恐ろしい現実が学べる映画だった。