キャロルの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

どのシーンもお洒落。映像が綺麗でゆっくり流れてて良い!
キャロル綺麗。ファーコートとスカーフ使いがお洒落。
凪

凪の感想・評価

-
キャロルの行動とかが大人過ぎて見惚れてて、終わった後一緒に見てた同性の友人に 目覚めそうだった て言われて焦った記憶
良い映画やった
時間軸の流れが素敵〜
見終わったら即初めの部分だけ観直してしまった。
眼福映画
キャロルが美しくてテレーズが可愛すぎて拝みながら見た。
上質で音楽も良くて綺麗な映画だった。
入り込む感じではなく、遠くで眺める感じ。

どんよりめ。
daichizzz

daichizzzの感想・評価

3.8
美しく儚い。

キャロル(ケイト・ブランシェット)の気品、侘しさ。
テレーズ(ルーニー・マーラー)の世間を知らない危なかしい少女感。

同性愛って映画だとすごく美しく描かれることが多い気がするけど、実際どうなんだろう。
男女間でありがちなドロドロした感じとかはないのかな。

ラスト、テレーズの元彼や言い寄ってた男がホームパーティでパッとしない女とイチャついてるシーンは、男として恥ずかしく感じた!
まったく若い男ってやつは。

あんまり共感できなかった。
女性が見た感想とか聞いてみたい。
とても上品な作品でした。
主人公の女性2人の服装や、当時のインテリアがレトロシックで本当に素敵だし、キャロルのタバコの吸い方や表情・仕草が大人の女性って感じで、めちゃくちゃカッコよかったです!✨
余りにも2人の世界が完結されてしまっているので、登場してくる旦那さんもボーイフレンドもお呼びでない〜って感じでしたね〜💦😅
同性愛の作品を見るたびに思うのは、人は誰かを好きになる時その人自身を丸ごと好きになるのであって、年齢や性別はただオプションでついてくるだけのものなのに、なんで様々な負荷がついてきてしまうのだろうか…ということ。
ここ近年はそういった事もだいぶ緩和されて来たように思いますが、いろんな愛情の形が受け入れられる世の中であって欲しいと思います✨
you

youの感想・評価

3.5
主演、準主演の二人の圧倒的美しさ、演技力に脱帽。とりわけケイトブランシェットが素晴らしかった。漂う気品と色香、強いようでいて儚い雰囲気‥

また、素人目に見ても計算尽くされた作品だと感じた。メイン二人の対照的な性格を感じさせる仕草や行動等‥何度か見ないとこの作品は理解しきれないかもしれない。
young

youngの感想・評価

3.9
人が人に惹かれる時ってこんな感じなのかも知れない。そして、そらが女性同士であらば、このような映画になるのかも知れない。美しい映画。
tokumokeko

tokumokekoの感想・評価

3.3
始まってすぐに、この世界感にぐっと
引き込まれるような、美しい映画でした。