キャロルの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

ecoute

ecouteの感想・評価

4.1
流れる空気と音楽と、静かでゆったり沁みてきていい。
テレーズを見てるとアメリとかオードリーヘップバーンとか思い出して鼻筋と眉毛と短い髪の毛素敵だなあと思った。
らいた

らいたの感想・評価

4.0
きれいな部分しか映画にしてないと思うけど、それでもきらいだったなぁって浸れる映画
Fumi

Fumiの感想・評価

3.2
I don’t really have the emotional capacity to understand the decisions that the characters make. なんでそんなにあっさり相手を信じられるの!?彼氏可哀想。Terese’s fashion is so cute and Carol is really seductive.
い

いの感想・評価

-
この映画を観たってことに
思い入れはあるけど
内容はつまらん。
tttotitom

tttotitomの感想・評価

2.9
魅力的な二人が女同士の恋愛がメインかもしれなけど、人付き合いに対して少し考えさせられた作品。

見返りを求めたり、将来の行く末などを見据えて人や物事を選択することは生きる上では大事だけど、何もメリットはないけど心が動くことにしたがっていく、ということは人間として存在する上でとても大切なことだなぁと感じた。

とても静かな映画なので夜中にゆっくり観るのに良い。
tama

tamaの感想・評価

3.5
2人がただただ美しかった。
ファッションも街並みもインテリアも全部素敵。
サントラも最高。

はじめて同性愛の映画をみた。
「同性を好きになる人はそんな環境にいたからだろ」
「誰でも突然起こることよ」
的なセリフが印象的だった。
もらん

もらんの感想・評価

5.0
最高でしかなかった。

久しぶりに綺麗な映画を観ました。
台詞が素敵で、英語字幕でもう一回観たいと思った。

たまにある女性同士ならではのシーンが好き。ずっと気を張ってる感じがしたから、そういうシーンのおかげで観ているこっちも2人の愛を感じることができた。

最後の最後まで惹かれ続けた映画でした。
二人のシーンどこを切り取っても儚さがあり、もはや芸術。
この内容で2時間弱もつのはこの二人だからか。
nene

neneの感想・評価

5.0
What a strange girl you are
Flung out of space

音楽
まずはケイト・ブランシェットとルー二ー・マーラの絵面ご馳走さまです。


ケイトが自分を隠してまで生きるなんて存在理由ないわと言ったところが一番シビれた!


タバコやたら吸ってたからちょっと調べるとアメリカでは1920年代から女性へのタバコ広告やってたみたい。40年代には規制もあったらしいけど50年代にはかなりアツく宣伝。1965年の女性の喫煙率は33%くらいで普通に喫煙文化あったんだなと勉強になりました。