キャロル(2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    トッド・ヘインズ
    脚本
    フィリス・ナジー
    キャスト
    ルーニー・マーラ
    ケイト・ブランシェット
    サラ・ポールソン
    カイル・チャンドラー
    キャリー・ブラウンスタイン
    ジェイク・レイシー
    ジョン・マガロ
    ケヴィン・クローリー
    あらすじ
    1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

    「キャロル」に投稿された感想・レビュー

    まさぴょん
    まさぴょんの感想・レビュー
    1日
    3.5
    終始綺麗な雰囲気。
    ストーリーはなんかうーん、ついていけない。ちょっと疑問も残る所は多い。
    テーマを主軸で観るとなかなかいいかも。
    惹かれるか惹かれないか、純粋に求めあう。それはよかった

    女優陣の演技のうまさにはびっくり。目線とかの動きが完璧だった。それをひきたてる構成だったなと。

    ルーニーマーラーに惚れる
    Mami
    Mamiの感想・レビュー
    1日
    5.0
    大好きな映画。同性愛の映画はそんなに見たことなかったから刺激的で電話のシーンは少し泣きそうになった!ファッションもすごく素敵❤︎
    さくま
    さくまの感想・レビュー
    2日
    4.2
    主演ふたりの目線がすごく良かった。なにも言わなくても伝わってくるものがあった
    女優はもちろん豪華な衣装がとても素敵

    ケイト演じるキャロルの包容力のある大人の女性(色気がすごい)の中にある寂しさや現実との葛藤が要所要所で垣間見えて引き込まれた

    ルーニーマーラは可愛くて美しい
    終盤で目つきが変わったのも良かった
    タラコフスキー
    タラコフスキーの感想・レビュー
    2日
    4.0
    新作カンヌ公開記念

    トッド・ヘインズが久々に監督した百合メロドラマは、LGBT問題が盛んになっている現代の世相を反映しただけでなく主演二人の演技も素晴らしくて実に見応えがあったが、この作品で一番気に入ったのはその冒頭のシーンだった

    この映画はルーニー・マーラの友人が彼女とケイト・ブランシェット演じるキャロルと密会している場面に遭遇するシーンから始まるのだけど、これは同じくイギリス産の不倫がテーマのメロドラマであるデヴィッド・リーンの逢引きをオマージュしたもので、この細やかな引用がわかったとき先人へのリスペクトを感じてほっこりとした

    レオス・カラックスの場合もそうなのだけど、こういう作り手の映画好きがわかるところを見ると共感を覚えて嬉しくなるしそれだけで評価が甘くなってしまうのだけど、同性愛の苦悩やどうしようもない愛の強さというものがひしひしと感じられる、普通に出来の良い映画だった
    MoCa
    MoCaの感想・レビュー
    2日
    3.2
    映像も女優2人も美しいので、引き込まれはしたけど、2人の愛が美しいのかと言われれば、不倫には変わりないので、美化しすぎな気がした。子供のことを大事にしている割には、テレーズと旅行に行ったりして、結局自分の欲求を優先して行動している気がして共感できなかった。テレーズがなぜキャロルに惹かれたのかも、いまいち分からなかった。
    昨今の不倫ネタにはうんざりしてるので、あまり楽しめなかった。
    ミミナリうさぎ
    ミミナリうさぎの感想・レビュー
    2日
    4.0
    全体的な街や小物含め雰囲気がすごく好みでした
    時代的に男性が強いというのが常識なのかもしれませんが、キャロルが病気扱いされカウンセラー受けさせられてると聞いた時はなんて酷いのかと思いました
    しかしキャロルは本当に強い女性ですね
    終盤にテレーズが参加していたホームパーティのようなものが一瞬なんのパーティかわからず頭にハテナが…🤔?(笑)
    みさきあき
    みさきあきの感想・レビュー
    2日
    3.5
    すごく綺麗に描かれていますが、内容として結構ドロドロとしている作品だと思います。性に関する題材は大きく意見が別れる物ですが…この作品においては、キャロルがわがままを貫き通したようにも見えました。
    美術や衣装はとても綺麗で華やかであったり、同じ衣装を着まわしをしていたりと、ごく普通な女性像を見せることにより、女性目線でのネガテイブな印象を緩和させているのかなと感じました。
    挿入曲があまりなく静かな印象も受けました。
    映像もわざと古いフィルムで撮っているのでしょうか?フォーカスにこだわりを感じました。
    がおちゃん
    がおちゃんの感想・レビュー
    3日
    1.0
    性別が同性なだけで不倫じゃん、旦那可哀想、という感想に終始した。
    レズビアンだから美しい、みたいなのも差別やん?不倫は不倫やん?という醒めた見方をするのは私が婚前だからに他ならない…(はず

    1950年代ならまぁ仕方ないかと思うけど。5年後に観たらまた違うかなぁ。
    もう不倫ものは嫌だ…
    コモモ
    コモモの感想・レビュー
    3日
    4.0
    予告を見た時:
    「ああ、きっと私、可愛いルーニー・マーラーに惚れ惚れするんだろうなぁ」

    本編見た後:
    「キャロル(ケイト・ブランシェット)可愛い!ホント可愛い! ラストのあの笑顔とかされたら人生投げ打ってもいい!」

    映画の中の人に恋してしまう
    大変貴重な体験をさせていただきました。
    こいで氏
    こいで氏の感想・レビュー
    3日
    3.8
    男も女も恋愛って難しい。それでも“何か惹かれる”出会いの瞬間はいつの時代もロマンチックなのかなと思わされます。女性同士の恋愛をとても綺麗に描いていました。