キャロルの作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿された感想・評価

rkpn

rkpnの感想・評価

3.4
恋が持つ人を変える力、
人に惹かれるというのは本能的なもので現代で大きなメッセージ性を持つ映画でした

自分を偽って生きるのは嫌 
これがとても心に響く
スニ

スニの感想・評価

-
なんで綺麗な映画なんだろう、最中ずっと思っていた。
観てよかった。
記録 :
圧倒的美…✨主役2人が本当に美しい。それだけで見てても飽きない。
yosuke

yosukeの感想・評価

3.2
ルーニー・マーラ見たさで鑑賞したが、とても男が見る映画ではない。刺激的なシーンはあるものの、とても理解できない。よくそんなので子供産んだな?単純に言えば子供より自分の好きなことを選んだのでは無いのか?とにかく目で会話しているシーンが多く、男には解らんなこの映画の良さは!
よしお

よしおの感想・評価

3.7
No.2604

拝啓

ルーニー・マーラ様
日に日に春めいてまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今や「ジョーカーの婚約者」となった貴女のお姿、演技、ただただうっとりといたしました。

そして、アーサー、もとい、ホアキン様に強く強く嫉妬心を抱いてしまいましたこと、正直に吐露いたします。

アカデミー賞の授賞式でも、なかむつまじいご様子に、思わず頬が緩みました。

パートナーが受賞された瞬間、そっと彼の腕に手を添わせた貴女の仕草、大和なでしこかと目をこすりました。

そして、彼を見つめるまなざしの何と優しく、リスペクトに満ちていたことか。

これが本当の愛なのだ、と感動いたしました。

この映画での貴女のお召し物やお帽子の、何と可愛らしく、一人パリコレかと思いました。

お相手のブランシェット様に負けずとも劣らない存在感、まさにカンヌ女優賞受賞にふさわしく、嬉しく思いました。

一日も早く、貴女もオスカー像を手にされ、パートナーともども、オスカー受賞者夫婦となられんこと、切に期待しております。

                  敬具
正直難しかったです。(映画初心者)
映画のテンポがとてもゆっくりでちゃんとどんな感情なんだろうって考えて見ました。でも、難しかった。

キャロルの「自分を偽る生き方では私の存在意義がない」という言葉が僕の感じたこの映画の全てでした。

旦那さんも子供もいて、金銭的にも裕福なキャロル。結婚を望む彼がいるテレーザ。一般的に二人とも幸せな暮らしをしてるように見える。しかし、その幸せが二人にとっては偽りであった。そのことに先に気づいていたキャロルとキャロルとの出会いによって気づいたテレーザ。自分について考えるてわかるのって本当に難しい。。

キャロルからの手紙に書いてた"若い"って言葉。この映画でいう大人になるってきっと自分について知るってことなのかな。自分の感情についてちゃんと理解したり。。

この映画を見始めた時、古い映画だっけ?いつごろに作られた映画?ってなりました。窓の反射や窓につく水滴を使ったシーンや車のドアを使って主人公を画面上に小さく写すシーンなど僕の好きな写真家ソールライターの写真を思い出しました。

テレーザのファッションは女性ファッション誌FUDGEのような。クラシカルで英国のようで本当に可愛い。。
真子

真子の感想・評価

3.6
ビジュアルだけで映画についてコメントするのはほんとはしたくないけど
めちゃくちゃルーニーマーラが可愛い過ぎる。
今仕事中なのにピンタレストでルーニーマーラの写真漁っちゃうくらいに可愛い。
ほんと可愛い。
もち

もちの感想・評価

3.5
若く可愛らしい女性テレーズと、綺麗で大人な雰囲気の人妻キャロルとの浮気のお話。

ストーリーは単調であるけれど、一つ一つのシーンが美しい。2人の対照的な女性を、ファッションや色彩、表情なんかで綺麗に表している。

特にキャロルは、溢れ出る知性とセクシーさに見惚れてしまう。

綺麗なものを見ると心が洗われるね......。
自分もケイト・ブランシェットみたいになりたい......。
mrnr

mrnrの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラの演技力にただただ脱帽しました。好きになった人が偶然同性だっただけで、そこに理由や意味はないのだということ、「恋に落ちる」ということはこれ程までに普遍的で自然なことなのだということをストンと理解することが出来ました。

また、時代背景やファッションが、女性なら誰しも好きだろうなという雰囲気で、初めて同性愛の映画を観る人にも抵抗なく観れるのだろうなと感じました。テレーゼの心情の変化がルーニー・マーラの目からひしひしと伝わってきたのが印象的です。

なんだかんだバットエンド匂わせが多い中、ああいったラストシーンは珍しく、キャロルの微笑みは一生私の記憶に残ると感じました。私の知らないところで2人は幸せに愛を紡いでいるのだろうとも思わされました。映画に一目惚れした感覚に陥ったのは初めてで、何回でも見れる映画に出会えて良かったと感じています。
bonbon222

bonbon222の感想・評価

5.0
かわいい人と美しい人がそれぞれの思いで共に生きようとする話。目眩がするほど美しいので2人を観てくれ。