キャロル(2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    トッド・ヘインズ
    脚本
    フィリス・ナジー
    キャスト
    ルーニー・マーラ
    ケイト・ブランシェット
    サラ・ポールソン
    カイル・チャンドラー
    キャリー・ブラウンスタイン
    ジェイク・レイシー
    ジョン・マガロ
    ケヴィン・クローリー
    あらすじ
    1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

    「キャロル」に投稿された感想・評価

    2017.03.27 京都シネマ◇013

    同性愛への理解がなく病気とされていた時代で様々なしがらみを抱えながらも惹かれあっていく女性達の物語。
    きらびやかな衣装に素晴らしい脚本と演出そしてケイト・ブランシェットとルーニー・マーラーの美しさにとろけそうになる…
    ルーニー・マーラの髪型かわいい。帽子やカチューシャも◯
    同性描写得意じゃないけど思ったよりもそこはそんな気にならなかった。
    ルーニーはおっぱい出してたけどケイト様は意地でも出してなかった(…)
    フィルムのおかげでまるで50、60年代の映画を観てるような雰囲気になれてよかった。
    こんな映画だったのか〜。
    てっきり、女の友情もんかと思ってた。ちょっと違った。
    こりゃ、演技力の見せ場というか何というか…。すんごいな、普通なら《おばさん》っていう歳だろうに あんだけの色気というか、…大袈裟すぎるくらいの…何、あれ?女!!って感じ。母であり、恋する女であり…弱かったり 強かったり…。

    最後のあの顔!ドヤ顔??‼︎
    ケイト・ブランシェットってこんなにきれいだったんだ。憧れる。いろんな男たちがアプローチしてくるのに、この二人はどうしても惹かれ合っていて、見ていてドキドキ。恋愛の気遣いがリアルだった。終始美しくて仕草や服装を真似したくなる。
    そっと肩に触れる手の、穏やかで、熱っぽく、なんとエロティックなこと。

    交差する視線に零れる吐息、波打つ鼓動は、映画だけが醸し得る甘美と言う他ない。全編にわたって注がれる、柔和で繊細、優美なそれは女の愛撫に酔いしれる。

    「愛からなされることはいつも、善悪の判断の向こう側にある」とは、ニーチェの言葉。
    偽らざる人生への、“不道徳”のすすめ。

    理想と現実、愛と社会に相対し、“ロマンティック”を獲得する恋人たち。『卒業』のエンディングも含意される、珠玉の“純愛”映画。
    人波の先に再び“天使”を見つけるラストシーンは涙で霞んでしまい、淡い暖色の照明がただただ光輝いて見えた。
    ルーニー・マーラ見たさで

    "心に従って生きなければ 人生は無意味よ"