キャロルの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

もち

もちの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

すごく好き。雰囲気からしてよかった。ラスト、こう繋げてくるか……。画面は静かだけど、恋情の燃える感じがよかった。
LGBTの中でもLを扱う映画を見るのは初めて
セリフの多くに色気としたたかさを感じるし、男性と女性の典型的な行動がこの中では逆転してる気もする
個人的に主人公役のルーニーマーラがめっちゃタイプ
逃避行のシーンは、徹底的にこの二人の世界で構築されていて、他のなんでもない人物も邪魔に映るような描かれ方をしている気がして、どこも強烈に印象的だった。
結局テレーズを導くような振る舞いだったキャロルもテレーズに傾倒していくような流れでまさしく運命的。原作者の半自伝みたいだけど、どこまでが実際なのか下世話ながら非常に気になる。
志庵

志庵の感想・評価

3.5
恋愛は恋愛でも同性愛の話でしたかぁ〜…前情報なしで観たので、一本取られた感じです(笑)

ルーニー・マーラの何とも言えない表情に惹かれてしまいましたw

まさか脱ぐとは思わなんだ!
青の

青のの感想・評価

4.0

トン、と鍵盤一つ鳴らすような心の揺れ。
小雨に耳を傾けるような二人の会話。
そして、触れ合う心と肌。
美しく、しじまに溶け合う天使と淑女の物語。

出会ったことで既に終わりが始まっていたにも関わらず、それを信じてはいけなかった。
物語はそこから始まる。

ラスト、キャロルの眼差しを如何様に捉えるかで、全ての解釈が変わる仕掛け。

詩のような映画。
ナツキ

ナツキの感想・評価

5.0
同性愛を題材にした映画です、演技も物語も切なくて美しい、心理描写が素敵でした。ケイトブランシェットの表情に何度も惹き付けられた。全体的にお洒落な雰囲気が漂っていて音楽やファッションにもぐっときました。エンドロールの入り方も余韻を味わえて良かったです、とても素敵な映画です。
月蝕

月蝕の感想・評価

4.0
デパート定員のテレーズはクリスマスの日
娘へのプレゼントを探すキャロルに出逢う。 2人は一目惚れし逃避行にでるが、、

2人の逃避行のシーンが好き。
時間がゆっくり流れていく感じ、
愛を益々深めあう感じ、どこを取っても
美しかった。

あと1950年代のファッションてすごい上品で素敵。みんな基本シンプルなんだけど小物で柄を使ったり、好みだった。
まい

まいの感想・評価

4.0
いろんな愛があるし、この映画ではその1つをすごく綺麗な撮り方で表現してた。他のレビューとかその手の前情報なしで見たほうがいい
ぴーし

ぴーしの感想・評価

5.0
3本観れるオールナイトで見た。
満島ひかりっぽい女の子と、松雪泰子ないし中谷美紀みのある女性の話。

よかった…きれいだし…
ユキ

ユキの感想・評価

4.5
母親であると同時に自分は自分だから、私は私らしく生きたい、そのために生まれてきた、というキャロルの決意に泣きました。

私とあなたの問題は娘には関係ないし、私自身の娘と離れたくないというエゴも娘には関係がないのだから、それらのことは切り離して、本当に娘にとっての最善の選択をしたいというキャロルは、すごく母親らしい母親だなと思いました。