キャロルの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

紛うことなくこれが運命の恋だ...

このちょっと躊躇って離れてみたり急に近付いたりする目まぐるしい距離感がわたしの百合好きたる所以のすべて

二人とも感情剥き出しで、大人になってみたり幼くなってみたり、そういうのが目線でやりとりされてるのが女同士〜〜って感じ

みてよかった
Shu

Shuの感想・評価

3.6
とりあえずテレーズが可愛い。
世界観もファッション、音楽、
全体的にみてもかなりオシャレだった。
2人の表情の作り方すごい、、
moe

moeの感想・評価

3.7
同監督の「ワンダーストラック」を鑑賞した時も思ったのですが、トッド・ヘインズ監督って、撮り方が上手いですよね。正直言って、今作の「キャロル」もストーリーは至って単純で薄いですが、雰囲気の出し方だったり、キャラクターの立て方などが上手くて、最後まで引き込まれました( ̄∀ ̄)

ルーニー・マーラがブランシェット様を真っ直ぐ見つめる瞳に吸い込まれ、ブランシェット様の低くて全てを見通しているかのような声に聴き入るなど、視覚的にも聴覚的にも満足。50年代の雰囲気に二人が見事にフィットしていて、凄く良かったです。

劇中に何度か登場する、肩に手を置く仕草。それだけで、登場人物の色々な感情が伝わって来ました。

終わり方のカットも良い! どうなってしまうか心配でしたが、見事に良い余韻を残してくれました!
KUMAGORO

KUMAGOROの感想・評価

4.2
ラストまで、夢を見ているような綺麗な世界観。それはギャッツビーのようにインテリアや服装にも表現されている。主人公達の美しさにもため息がでる。
家具、服装、建物全てが可愛い
ケイトが全部持ってく
ルーニ・マーラてこんな可愛いけ?
Mizuho

Mizuhoの感想・評価

5.0
全編無駄がなくてよかったけど特に最後の2人の表情が印象的だった
kidomiii

kidomiiiの感想・評価

3.6
聡明で芯が強く情熱的な女性・キャロルをケイトブランシェットが、
瑞々しくどこか不安定な魅力を孕み、まだ少女のあどけなさを残すテレーズを、ルーニーマーラが演じている。

2人が出会ってから親密になるまでの過程があまりにも短く、非現実的に思えたけど、まさしく「運命的な恋」だったなら、そんなこともあり得るのかも知れない。

元夫に対し、キャロルが「自分を偽る生き方では私の存在意義がない」と言い切ったところはすごくかっこよかった。彼女の生き様がいちばん現れていたシーンだったように思う。
何を棄て、何を大切にしていくのか。取捨選択することでしか、人は幸せにはなれないのだと感じた。
上旬

上旬の感想・評価

4.5
1950年代の美術がなんといっても本当に素晴らしい。ケイトブランシェットにしかこの役はできないでしょう。原作者パトリシア・ハイスミスのことを知ってからみるとまた違う。生涯忘れられない映画になりました。
fampia

fampiaの感想・評価

3.3

作品全体的にあまり引っかかるところがなくて、2人を見る感じ。です。

同性愛を扱っているけれど、アデルやリリーのすべて、ブロークバックマウンテン程、テーマとがっつり向き合っている感じではないので、サラーっと流れていく感じ。

映像綺麗だし、衣装も可愛いし、
ルーニーマーラも素敵だけど...うーん。と思ってしまった。
あすか

あすかの感想・評価

3.8
なにももうわからぬよ、信じられぬ
私は、悲しい思い、したくない