キャロルの作品情報・感想・評価 - 603ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

おもち

おもちの感想・評価

3.5
『キャロル』試写会へ。ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラがとにかく美しい!共感は出来ないけどこう言う愛の形もあるのだなと。レトロな景色やファッションと緩やかな音楽で只々流れるように最後まで観てしまった。
ユーロライブ試写会にて

クラシカルなファッションも
切なげな音楽も レトロな雰囲気も
なにより主演の2人が
息を呑むくらい美しかった

「天から落ちてきたみたい」っていわれてテレーズがキャロルに恋に落ちちゃう瞬間がかなりすき、、口説き文句がセンスありすぎるなあ。

ラストシーンまで完璧
切なく心にしみる映画だ。
舞台は1950年代のニューヨーク。
エレガントな大人の女性キャロルと、まだ初々しい蕾のテレーズ。
対象的な二人は共に人生の岐路に立っており、運命的に出会うと急速に惹かれ合う。
社会が今より同性愛に不寛容で、男たちが女性の人生を自らの付属品の様に扱っていた時代。
テレーズの純粋に相手を想う気持ちと、既に築き上げた家族との間で揺れるキャロルの葛藤。
偽りの人生への圧力が、二人の愛を翻弄する。
これは二人の女性が、魂の牢獄から自らを解き放つ物語。
ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラーが素晴らしい。
観客をトリップさせるゴージャスな映像と、心を揺さぶるウェットな楽曲。
これぞ映画である。

ブログ記事:
http://noraneko22.blog29.fc2.com/blog-entry-895.html
mokomoko

mokomokoの感想・評価

3.5
@ユーロライブ。
50年代のレトロな雰囲気が醸し出す世界観と二人の絡みはエロティシズムより芸術の様で息を呑む美しさ・・・ケイト・ブランシェットの艶やかさとルーニー・マーラの可愛さも魅力的。
人間

人間の感想・評価

-
2016.01.15@試写会
大好きな女優さん2人にうっとり。どちらも魅力的な女性でした。特にキャロルの家庭での苦悩が痛いほど伝わってきて切なかった。この時代ならではの手紙や電話のシーンがロマンチックで素敵。最後の結末はホロッときました。
emedia

emediaの感想・評価

4.2
自分にとって
何がいいことなのか解らない
生きていく上で迷わない時間は
かぎられているね
誰かのためにと考えても
結局は元に戻ってしまう自分がいる
何かに寄り掛かっていることに
不安を感じたり
説明できないことでも
たどり着くところがあれば
いいとも思える
「憎しみ」という言葉が心に滲みる
各々の愛情をぶつけ合って砕ける
こうして生きていくんだと
実感できるのかも?

鏡ごし窓ごしの表情が
素敵に映るのね・・


(2回目:ジャパンプレミア)

想いを貫く意志を「赤」にこめて

全く異なる人生を歩む二人の眼差しが重なり触れ合う

あこがれと寂しさが愛しさに繋がる

自分にとって何がいいことなのか?
解らないからもどかしさが沸き立つ

この眼差しには
この表情には言葉はいらないね
こかな

こかなの感想・評価

4.0
すごく好みの映画。瞬きをするのが惜しいくらい綺麗な映像だった。
この時代のファッションやヘアスタイル、小物に至ってもときめくものばかりで素敵。
出会い、2人の旅、ラストの終わり方、どこを切り取っても絵になり、かつとてもドキドキした…。
カトウ

カトウの感想・評価

3.8
美しい。

稚拙な表現しか出来ず悔しいが、キャロルの選択がとてもかっこよく後半はすっかり見入ってしまった。

全然うまく書けない。
ayuka

ayukaの感想・評価

3.9
画面がとても美しかった。ケイトブランシェットとルーニーマーラ、フィルムの粒感、作り込まれた50年代の小道具や洋服など、芸術となる映画。ふとした場面、本当に昔の映像のようでびっくりした。視覚で美しい作品だし、内容も儚くて、そこが美しいんだと思う。
私的には、もうちょっと説明がほしかったかなという感じ。しかしながら、表情とか行動とかから自分で掘り下げて推測するというところに醍醐味がある映画なんだと思う。そういう描かれなさに儚さを感じて、芸術を感じた。
ふたりの心の近づきはとーーーってもわかるようでわからないような、不思議な気持ちになったな。
アート作品のような映画だった、本当に。日本語でもう一度観たいです。

-追記-
DVD借りて日本語で観ました!なんともまあ英語では拾いきれていない部分が多くて。直接的なセリフでの描き方をしていないので、セリフのニュアンスから拾うことが多く、日本語と英語だけで観るのでは正直全然違った。私の英語力、、、。まずキャロルがもともと女性と関係を持っていたことすら読み取れてなかった私、、、。でもやっぱり表情や1つの手の動きや目の色から読み取らないといけない映画だった気がする。

本当に繊細な心の揺れ動きを、画面がそのまま映し出す繊細さのごとく表現していた。美しい、美しいのひとこと。触れたら壊れそうなほどに繊細。フィルムの粒感もたまらないほどにグッとくる。音楽も繊細でふたりをよく表している。素晴らしい映画だ。うん、素晴らしい演出だった、ありがとう。
skip

skipの感想・評価

-
許されざるハッピーエンドなど女性史として気になる題材と時代背景。汚れたガラスはそのままで美しいと知る。象徴的な女性の手。右に左に構図がきまれば、窓は画面を分割した。これほどまでに洗練されていて美しいとは。歩む女性の姿もそれを映す映像も。少し震えながら息を細く静かに吐く。