キャロルの作品情報・感想・評価 - 607ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿された感想・評価

魅力的な人間は性を超えて人を惹きつける、と実感しました。キャロルの色気とテレーズのあどけなさ両極端な感じが見る人を魅了するのではと思いました。
映画としても、構成もアングルも大変好み。音楽もとっても引き込まれる。
同性愛ものの映画が増えてきた今日で愛を美しく撮れている作品だと思いました。
スママ

スママの感想・評価

3.0
50年代の当時では描けなかった物語を自由に表現できるようになった現代だからこそ描いたってことなんだろうけど、至って普遍的な物語だった上に、ケイトブランシェットの時空を超えたノーブルさとルーニーマーラーの現代的な瑞々しさの所為か、作り込まれた映像美の割に時代感があまり伝わってこなかった。2人の気持ちの惹かれ具合も盗聴発覚するあたりまでふわっとして現実味がない。けどそこが敢えて女性のプラトニック性を表してるのかとも思うけど。にしてもケイトブランシェットの匂い立つ高級感と男前な背中、と、ルーニーマーラーの可愛らしさは正義
kagata

kagataの感想・評価

3.5
アメリカの自動車保険はどうなっているのか(車両危険限定特約や臨時代替自動車特約のようなものはあるのか)
そちらの嗜好はない自分でも、終始キュンキュンしてしまう素敵映画でした☆主演2人の演技とキャラが素晴らしかったです!
映画冒頭、キャロル(ケイト・ブランシェット)とテレーズ(ルーニー・マーラ)がホテルのレストランで話していると、いきなり遮るように男が現れ、キャロルがそそくさと席を立つ。続いて男も立ち去り、テレーズただ一人がその場に取り残されるのであるが、その去り際にオフスクリーンから順番にテレーズの肩に触れられる二つの手に対する彼女の反応に、ただならぬ事態が彼女のただ中において引き起こされているばかりか、すでにその二つの選択に対する決断が彼女のあずかり知らぬ内面において本能的に決定されていることが分かる。この場面は物語終盤にもう一度繰り返され、そこではキャロルとテレーズの会話における切り返しの中でキャメラがゆっくりと彼女たちの距離を遠ざけるように動き出し、彼女たちの存在する場所がすでに離れてしまったことを暗示するのであるが、その動きはキャロルの「アイラブユー」(このセリフもどうかと思うが)という一言によってすんでのところでせき止められる。
となれば、決断が行えないままに選択が先延ばしされ続けてしまうというテレーズの弱さが克服される瞬間、いやというよりもすでに決断は行われてしまっているということに彼女自身が気づくその決定的な瞬間こそを我々は待ち続けるしかないのであるが、その瞬間が捉えられず、ただ漠然とした雰囲気、流れの中で、いつの間にか彼女は再びホテルへと向かうタクシーに乗ってしまっている。これが私が最も落胆したポイントである。
同様に、キャロルとテレーズが性行為になだれ込むしかないという決定的瞬間もまた、捉えられていない(贅沢を言えば、テレーズがキャロルに初めて目を奪われる瞬間などもワイラー的な視線の誘導術を知っている身としては―あの空間が極めてワイラー的であるだけに―弱いと思う)。もちろん全てを原理主義的に批判するつもりは無いが、もはや全てが手遅れになりつつある中で自分の(あえて露悪的な言い方をするならば)本当の気持ちに気づく瞬間を捉えてしまうものこそをメロドラマと呼んでいた人間からしてみると、(特にトッド・ヘインズはサークの影響下にあるわけだし)これで良いのだろうか、と首を傾げざるを得ないのである。役者と撮影は悪くなかっただけに、なおさら残念と呟かずにはいられない。
み

みの感想・評価

4.0
美しいのひと言で片すには惜しいけど、美しい
映像も時代もケイトブランシェットもルーニー・マーラも。
言葉はなくても視線が強くてすべてを物語っていた
男とか女とかを越えて心惹かれる映画
tsu

tsuの感想・評価

4.0
美しく丁寧に作られた映画で好みでした。予備知識なく見たので同性愛の物語でまじか、と思った。けど扱うテーマはわりと普遍的な 依存と自立 と愛についてで共感できるところもあった。
ルーニーマーラが死ぬほど可愛い。
inachel

inachelの感想・評価

3.6

観ましたキャロル。

・マンハッタンの凍えるほどの寒空がテレーズの天使度をダダあげしているような。。まるで陶器みたいな透明感。。どんどん女になってくテレーズみて、そんな風に変われる恋っていいなと思いました。

・キャロル、あんなに美しく妖艶な女性なのに、背中が男だった、男だったよ!!!かっこいい。。
というか、いつもいつも誘いが端的でよい。回りくどくなく、好きが真っ直ぐでよい。

・スクリーンで観たからか、二人の荒んだ呼吸とか興奮を抑えきれない肩とか小刻みな震えとか伝わってきて映画館やっぱいいわあとなりました。

・作品全体では音と色、あと反射で映る二人の空げな表情が好きでした。

・清々しいな〜〜
アカデミー候補という以外の前知識を何も入れず、映画館に突入してみたら、直球の同性ラブストーリーのお手本みたいな作品でした。時々、キレイすぎてハッとする場面あり。
とにかくケイトねぇさんの色気ムンムン演技がたまらない!GG賞の時とかどちらが主演か?みたいな論争あったけど私は完全にケイトねぇさんがルーニーマーラを食ってると思いました。
映画全編に漂う空気感、雰囲気、とにかく全てがムンムンでしたw
1950年代?のアメリカのファッションもステキ!私が普段古着屋さんで漁ってるワンピとかブローチとかまさにその時代のものでその点も良かった!