キャロルの作品情報・感想・評価 - 607ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿された感想・評価

はつね

はつねの感想・評価

3.5
主演2人が圧巻。特にラストシーンは鳥肌ものです。レズシーンも美しい。
edopani

edopaniの感想・評価

3.9
女性同士の恋愛映画と観るには余りにももったいない、普遍的、絶対的な恋愛映画だった。
愛は時に人を変え、人を狂わし、人を幸せにも不幸にさえもする。
二人の静かな激情は世間の目を逃れ、逃避行の果てに待つ現実との対峙と結末。
最後のシーンで、二人の表情が絶妙なタイミングでカットが変わるところがニクい。
映画全体のリズムがゆったりとし、映像や画面サイズもあって実にクラシックな作品だった。傑作。
nakaz

nakazの感想・評価

-
気温、香り、息遣いから体温まで伝わってきた。ラストシーンがドラマティックすぎて観終わってからしばらくクラクラしてた
鑑賞後の感想で一つ一致したのは、「オードリーヘプバーンかと思った」ということ!なんと言うか、内なる美を感じた。高貴で気品のあるといっても気取らない。そんな感じ。

レズビアンという言葉はあまりしっくりこない。「百合」の方が私的にはばっちしくる美しい女性同士の母性溢れる愛。

アデル、ブルーは熱い色 を彷彿とさせた!
Konomi

Konomiの感想・評価

4.2
久しぶりに映画館に行った

キャロルの爪の色が素敵だった テレーズにメイクを教えて香水をつけるシーンが好き
cheese

cheeseの感想・評価

3.2
ケイトブランシェットが美しい。
けど後輩の女の子と3人で見るべきものではなかったかと。
オデッセイ見るために早起きしたから途中寝かけた。
an

anの感想・評価

3.0
頑なにおっぱいを見せないケイト・ブランシェット…
光が少なめの暗い画面は意図的なんだよね、シルバースクリーンだからじゃないよね、と途中から気になったけど、16ミリ使ってると知りホッ。それ知ってもう一度見たくなったけどルック以外がいまいちだったから躊躇。
ルーニー・マーラ好きだけどムラがあるなあ。ドラゴン・タトゥーの頃がピークかな、とか色々悶々としながら帰宅…ちょっと期待しすぎてしまった。
708

708の感想・評価

4.1
鑑賞後、数時間しか経っていないが、もう一度観たい映画。それだけ2人とその演技に虜にされた。

この映画の中では、視線や視点がとても重要な要素だったと感じた。

テレーズの初めて誘われた時のぎこちない視線の動き、キャロルの理性を保ちつつも、想いは偽れない眼差し。

題名が「キャロル」なのに、劇中ではテレーズの視点で話が進むところ。

そしてカメラの構図。効果的に観客の視線の誘導し、その場面をより印象的なものにしていた。静止画でいう「物語を感じさせる」構図。そこから動き出すのだから、たまらない。

そういった視線や視点に虜にされた。じわりじわりとやってくる。

これは余談だけれど、別段笑いどころのある映画ではないが、テレーズに気のある?男の勘違い発言で苦笑い。男は阿呆である。
まし

ましの感想・評価

4.3
女優2人の力をまざまざと見せつけられた感じで、観終えた後は少しくらくらした。
赤を基調とした色彩も鮮やかで、色彩の変化によってキャロルの心情の移ろいを表していて、総じてとにかく美しかった。
16ミリフィルム撮影の暖かい映像が最高に美味。そして役者二人の力強い演技が冴え渡る骨太なメロドラマでした。

『アデル、ブルーは熱い色』のようなヒリヒリするような話かと思いきや、全く違う種類の痛みの話だった。運命的な出会いで自らのセクシュアリティに気付き、短い蜜月を経て終焉が訪れるというプロットは同じ。だけど、社会背景や語り口の違いによって作品から読み取れるものは全く別物になってるんですね。
同性愛への偏見が根強い社会に屈し自分を偽って生きることは、絶望より虚しく死より惨めだと気付くのが本作の骨子。フェミニズムを描きながら、より普遍的なメッセージを伝えている。

何より心を打たれたのは、キャロルとテレーズが見つめあう眼差しの切実さ。この関係が長くは続かない事を察しているかのような、すべての瞬間を瞼に焼き付けようとするガン見っぷりなんだよね。まるでバトルさながらの。
香水を嗅ぎあってキャッキャウフフするシーンも印象的だった。キスやセックスのような直接的なシーンよりも特別な関係である事を上手く表現してて。

テレーズ役のルーニー・マーラーの事はフィンチャー作品でしか知らなかったので、こんなにフレッシュな演技ができるのかと感心した。フィンチャーの作品って、役者が監督の作家性に負けてる印象が強くて。ケイト・ブランシェットのお姉さまぶりもさすが。

すべてを失う覚悟で妻子持ち男を愛したタレントを攻撃して憂さ晴らししている、すべての可哀想な女性たちに本作を捧げます。