黄金のアデーレ 名画の帰還のネタバレレビュー・内容・結末

黄金のアデーレ 名画の帰還2015年製作の映画)

Woman in Gold

上映日:2015年11月27日

製作国:

上映時間:109分

3.9

あらすじ

アメリカで暮らす82歳のマリア・アルトマンが駆け出し弁護士ランディと共に起こした裁判に、世界が仰天した。 訴えた相手は、オーストリア政府。“オーストリアのモナリザ”と呼ばれる、クリムトが描いたマリアの伯母の肖像画「黄金のアデーレ」の返還を求めてのものだった。その名画には、ナチスに運命を翻弄されたマリアと彼女を取り巻く人々の美しい思い出と涙の記憶が詰まっていた――

「黄金のアデーレ 名画の帰還」に投稿されたネタバレ・内容・結末

面白い!

最終的に取り返すまでにいくら借金したんだろう。マリアがもう降りるって言った時の涙は相当な想いが詰まってたんだろうなぁ。

マリア役の女優さんの遠くを見つめる演技が良かった。
・ダニエルブリュール氏が出てきてびっくりした。a very particular brand of patriotism、良い表現だ。
・ダウントンアビーのコーラさん(役の人)が判事さんをしてて思わずテンションが上がってしまった。
感動した。「正義」が貫かれた瞬間だった。

ユダヤ人であることから国に見捨てられ、その過去を清算するという風潮がある中でもまた国に見捨てられかけてしまうという状況があるという現実に絶望しそうになる。だからこそこの映画の中だけでも、このような結果となったことが、自分の中でせめてもの救いとなった気がした。

とはいえ、当事者の人たちからその過去が拭い去ることはない。それをいつ何時も頭に置き、これまでの過ちと1つずつ向き合い、そしてこの先同じ道を辿らないようにしなければならないと思う。

また、作品中のマリアのように近いユダヤ人を国に残し、生き残った人たちは、物凄い責任や辛さを感じているのだと思う。シンドラーのリストを始め、映像や文字でユダヤ人がどのような扱いをされてきたのかが時代を経て「再現(再構成?)」されつつある。そのようなものが、当事者の人たちにどのような影響を与えるのか。しっかりと考え、無批判にそのような作品を観ないようにしたいと思った。
ダニエルブリュール目当てで観てたらトムシリング出てきてワロタ
こいついつもSSの制服着てんなお前な
現在と過去の話を混じる映画です。

すごく昔の話と思ったけど、数十何年の事。

歴史に関心なかったが、この映画を見てその背景をさらに知りたくなった!

機会あったら、絵も見てみたい!

人間は過去を忘れてはいけないと思った!
かつて理不尽に奪われたもの。
それが自身のアイデンティティを強く形成するものだとしたら、多くの人々の想いも背負っているものだとしたら。

もちろん取り返しに行きたい。
しかしながら、それが過去であればあるほど難しい。
証拠や記録が薄れていくのだから。

そこで必要なのは、過去を正しく顧みて、新たな一歩を進もうとする勇気だ。
様々なものが薄れていく中で、必死に解決の糸口を探そうとすれば何かがみつかる。
実際に取り戻せるかどうかは別として、まずはこの姿勢が必要だ。

そして、奪った側と取り戻す側、両者がこの心意気を持ち続けなくてはならない。
本映画においても、解決から非常に遠くなったのは、マリアとオーストリア政府のどちらかが歩み寄ろうとした時だ。

過去の愚行は起こしてしまったことだから、今更その事実を変えることはできない。
その過去を愚行のままで終わらせるか、新たなスタートへのきっかけととらえるか。
美術のことは全然詳しくないけど、クリムトの「黄金のアデーレ」は知ってる、くらい有名な絵だと思う。(名前は知らなかった)

最後、勝ったとはいえ何だか喜べない感じで悲しい。
ひどいことをしました、って認めて欲しかった。
両親を置いてきてしまった心の傷もずっと消えないのがかわいそうだ。

映画に出てくるユダヤ人の人ってみんな陶器みたいな肌でキレイ。
途中、このクソババアって思う。
でもこの絵は正直見たくなる。
地味な演出だけど、よかった。優美な過去と屈辱のナチスの時代と現在の穏やかな生活と法廷での戦いを行ったり来たり。

ナチスの不法収奪にあった絵画の返還のためにオーストリアを訴訟し戦った人たちと、国の至宝を返還すると決めたオーストリアの人たちの勇気は本当にすごいなと。

個人的にオーストリアの美術館はすごく好きだけれど、ナチスの不法収奪によって今そこにあるという作品も多いのかと思うと少しショックだった。

オーストリアは一時期ドイツに併合されたけどただの被害者ではないんだなと。迎合したオーストリア国民の罪深さとヒトラーは単なる独裁者ではなく民主主義が生んだ怪物だというのを改めて感じた。

弁護士に感情移入できなかったけど、最初はお金目的でやってたとして、その過程で理不尽に遭遇したらお金そっちのけで燃えるのはなんとなく分かる気がする。


日本も第二次世界大戦の話になると、かつて占領した国々にいつまで過去を引きずっているんだと思う人が多い気がする。ただ、補償等の問題は関係なく、真摯に起きた事象には向き合う必要があると思う。従軍慰安婦や捕虜の扱い等諸々。他の国もやってたっていうのはそうかもしれないけど、だからいいじゃんっていうことではない。しかも、今のところ被害者はまだ生きていて思ったよりそんな遠い過去ではないっていう。
とても良い映画だった。
結末が結末なだけに、結局金目当てじゃねえか!とかレビューで見たけど、マリアは叔母の肖像画を然るべき場所に戻して、自分の手でその絵の行く先を決めたかったんだと思った。
それが不当に所持されているオーストリア政府が決める事ではなく、本来の持ち主が決める事だから。
何が正しかったのか複雑な気持ちになるけど、持ち主に帰還出来たことは素晴らしい事だと思うと同時に美術品の所持扱いは難しいと思った。。
>|