シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価・動画配信

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

しゅん

しゅんの感想・評価

5.0
自分の夢を叶える上で、それを応援してくれる人が家族にいるって大切だと思えた
taki

takiの感想・評価

3.8
気分が落ちてる時って素敵な映画に出会える確率高い気がする不思議。
バンドやってみたいなー!
きさき

きさきの感想・評価

4.0
こういう映画が好き!中学の頃エイモンみたいな男子がいた気がする🤣エイモンとダーレン以外は背景になっているように感じたのでもっと仲間とのやりとりの描写も欲しかったな。ポスターの時点で1人見切れてる子がいるから完全に背景化してる。男の子って羨ましいな。
Shun

Shunの感想・評価

4.2
バンドやろうぜ映画!
歌も景色も内容も、オシャレでいかしてる作品です!


1985年 アイルランド ダブリン
父が失業したことをきっかけに、コナーはシングストリート高校に転校することになる
コナーは高校の向かいの家の入口に立っているモデルの美女と接点を得るためにバンドを始める


・不況のダブリン治安悪すぎ問題
この映画で初めて知ったんですが、1980年代のアイルランドは1970年代の公共支出が原因で財政赤字になってたみたいです

不況で、家庭崩壊だったり、子供がタバコ吸ってたり、ヤクしてたり、学校も無法地帯だった様子が映画でも見られます
だから、不況の街であるダブリンを出て、ロンドンで1発あてて過ごすのが、夢なんですね

こんな負のオーラがたくさんの街の中で、ロンドンに、そして未来に向かって突き進む芸術家として描かれるのがコナーたちです
ヒロインのラフイーナもモデルとしてロンドンで成功することを夢見ています

サブタイトルにも「未来のうた」とあるように、歌の力、芸術の力に頼って未来に向かっていく様子がしっかりと描かれていました

そのストーリーもいいのですが、シンプルに治安の悪いダブリンの街も面白い
中でも治安悪すぎるシングストリート高校、最高でした
名前覚えてませんが、MV撮影にキバ持ってきた子の「失せろ」がめっちゃかっこよくて痺れました笑

あと、これも初めて知ったのですが、アイルランドでは1995年まで離婚が禁止されていたんですね
カトリックの国だとそういう事があるということを知りました


・いかしてるリリック
あとは、ほんとに音楽がいいです!
そして、それに加えて景色がいい!

監督は「はじまりのうた」を作ったジョン・カーニー監督なのでそこはしっかりと安定してました

音楽っていいな、芸術っていいな、夢は素晴らしい!っていうのが根底にある監督なのがよーく分かりました!

映画1本まるまるが、まるでMVみたいな気がしました
音楽と演出どれもよかったんですけど、個人的にめっちゃ好きだったシーンは
オープニングです!

「シングストリート」ってタイトルがバーンって出るだけで痺れました



最高にいかしてて、音楽も良くて楽しい映画です!
不況のダブリンの味わいもよく、夢も詰まってる作品でよかったです!
ギリギリアマプラでみれてよかったー!
二度目。最高の映画である。
映画『ボヘミアンラプソディ』のキャスティングはこの映画の影響が強いと言っても過言ではない。ルーシーボインドンの声は可愛い。
モーターヘッドは神!!
モーターヘッドは神!!
デュランデュランは神!!
デュランデュランは神!!
開始10分を待たずに泣ける。
ザ・クラッシュは神!!
ザ・クラッシュは本物!!
「上手くやろうと思うな!」
「必死で練習しろ!」
「ロックは覚悟を持て!冷笑されると!」
「悲しみの中にも幸せを見つけるってことさ」
「アクセルを踏んで思い切り楽しめ」
兄貴がマジで兄貴。
フィルコリンズはちょっとよくわからないけど娘のリリーコリンズはめちゃくちゃ好きです結婚してください。
ザ・キュアーは神!!
ザ・キュアーは神!!
バカな男が集まってロックバンドをやる。これ以上の事は無いのかもな。
兄貴がマジで兄貴。大好き。

この映画、エモの塊である。
 「他人の曲で女の子を口説くな」…
 「フィル・コリンズを聴く男に女はホレない」…
 
 名言を二つ覚えた…😁

 男子がギターを弾きたくなる理由は…単純! モテたいから😅…が、そう簡単にはいかない、先ずはアコギから入って、指の痛みに堪え、やれアルペジオだ、Fの音がキレイに出ないだの、3フィンガーピッキングだの、
道は険し…いつの間にか、モテたい!…とか忘れちまって、上手く弾きたいの方が勝ってしまう…
 そんなふうなのに、コナーの「自分のバンドのMVに出て…」⁉ なんとハードルの高い事よ! ここは、余りにも都合よく、デキる友人達に恵まれた! エイモンとか天才レベルだし! おかげでハートブレイクと見せかけて〜の、のロマンスもGET! ムナクソ校長もディスり倒し、…青少年期がこんなバラ色なヤツは、なかなかいねーだろうなぁ…

 デュラン・デュランを熱く語る最高の兄ちゃん! 最初に書いた他にも、数々の名言をコナーに吐く!
 「セックス・ピストルズが上手いかっ⁉」…🤔目から鱗だなこりゃ…
 とにかく、コナーの後押しを一番してくれたブレンダン兄ちゃん! 今は確かにザンネン…だが、こうゆう男が10年後には、ビッグになってたりするんだよな…

 全編を彩る80年代UKロック! U2、スミス、D.ボウイ、スティング…etc…ここには登場していないレジェンド達も含めて、自分には最高にキラキラしてた時代でした🎶 
小松

小松の感想・評価

4.8
一目惚れした女の子に、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走ってしまったことをきっかけに、バンドを組むことに。


学校の校則に縛られずに、どんどん個性を外に出してる感じが好き!!ってなった🎸


80年代の曲全然知らなかったけどめちゃくちゃかっこよかったし最高だった!!

Back to the Futureのオマージュも良かった!
良く言えば安定、悪く言えばありがちなストーリー。

友情や恋愛を描いた青春モノは無条件で評価が高くなるから仕方ないけど、もっとこの作品ならではのオリジナリティがあると期待してた。
ド直球の物語はひねくれた自分には物足りなく感じた。
SMasato

SMasatoの感想・評価

-
ドライブインシアターのイベント、B-Theaterで観賞。もう一度観ないと。ラストが君たち大丈夫か!となる青春映画。
ちゃん

ちゃんの感想・評価

3.8
一目惚れしてバンド組んでって行動力もMV撮影もライブも恋愛も景色とか世界観も良かったし楽しかった!
あの学校、素朴そうな少年たちまでタバコ吸ってたり不良っぽいことしてるのがおかしくてかわいかった(笑)
>|