映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

観ても観てもレビューが溜まる😢
あ、3日おきとかに間隔空けてるからか…。

今作も1ヶ月以上前に鑑賞していて、清書する前に保存していた箇条書きにしていた感想が消えてしまっており…。
ただでさえ内容忘れるようなストーリーなのに、やはり忘れてます。

覚えていることは、

日雇い肉体労働者の扱いが酷くて悲しくなったこと(田中さんとか)。誰かの仕事で成り立っていることは間違いなくあるから

会話とかオサレ過ぎてよくわからんかった。と、思ったら原作が詩なんですね

ヒロインの子の役がこじらせ過ぎてて疲れた

池松くんのクセに濡れ場が笑
池松くんのクセに比較的ハッキリ喋っていた
※褒めてます笑

龍平は、らしい役どころで安定の演技

新宿 渋谷ロケばかりだったのが親近感

すいません、総じて退屈でした。

石井監督、川の底からこんにちは(合わず)と舟を編む(バツグン)しか観ていませんが個人的に振り幅デカイな…。

自分自身、いまだにこの手の映画の合う合わないの基準が感情移入できるかできないか以外にわかっていません…( ; ; )
Yu0923

Yu0923の感想・評価

4.5
傑作。
読む人によって受け取り方が様々なのが
詩だと思うけど、この映画もまさにその通りだと思う。

あの頃、自分もこの世界のどこかで
ひっそりともがいていたことが、蘇ってきた。

主演の2人の佇まいがこの上なく美しい。

このレビューはネタバレを含みます

東京でのやるせない生活や、現代人のリアルな恋愛模様などを主に描いているようで、実は、それら「生きること」の対比として、「死」が強調されていて、それが隠れた主題じゃないかな、と思った。

最果タヒの哲学的、ポエム的な言葉たちが、とても素敵だった。
lilmaasa

lilmaasaの感想・評価

3.2
都会を好きになった瞬間、自殺したようなものだよ。

東京で生きるということ🗼
更田

更田の感想・評価

-
ずいぶんと詩的で物静かな映画だが思わず見入ってしまった。今の日本に生きる人のなかなか表には出せない激情、その根底にある、人の欲望を表現していたと思う。池松壮亮の粗野、でも人生に希望を持っている、他人を愛せる若者の表現は面白いと思った。
くさい。。強烈なメッセージというか、感情に訴えかけてくる。。

リカが最高にひねくれてるな!おい!ってはじめはヘイト仕様だったけど、なんで自分がそう思ったか?を紐解かせてくれるストーリー展開だった。

言葉言葉から、作り手のメッセージが。
田中哲司さんの去り際の、死ぬまで生きるってセリフとか
反芻されるこーこーはーTOKYO!YO!って歌の現実感

東京に生まれたことは偶然であって
東京で生きることは選択である

邦画って謎解きみたいやー
か

かの感想・評価

3.9
台詞が詩的 最果感
好きになるってことはやんわり殺す
結構好き
akemi

akemiの感想・評価

3.5
まず東京が画一的でわかりやすく描かれています。そこには多分、情緒や さりげなさは要らなかったのかも。
そして、その世界になじめなくて はみだしてる感じの人々の諦めや鬱屈・・・
タイトルが好き。ストーリーもいいし、メインの二人の演技もいい感じ。
ナレーションでの語りが多いのは好きではない。
ちろる

ちろるの感想・評価

3.3
物事斜めから見てて、人に優しい言葉をかけられても卑屈に捉えてしまう主人公の女。
自分でぶつくさ言ってるだけならいいのにたまに幸せそうなカップルを見下したりもする。
色んな事情が重なってるので1つの物差しで測れないとはいえ、どうにもこうにも彼女が好きになれず、ついでに言えば石橋静河さんの演技が個人的に苦手だったのも要因なのかもしれないので、フラットに評価できないかもしれないからごめんなさい。
石井裕也監督は嫌いではないけどこれは少し受け入れにくい部類かもかも

ただ池松くんの緊張して無駄に喋り続けるへんてこなキャラクターは、実際見たことはないけどリアルにいそうでとても興味深かったし、松田龍平さんや田中哲二さんらの役柄は、個性が際立っていて職場のシーンだけは嫌いではなかった。
そして特にフィリピン人出稼ぎボーイの最後のハグはきゅんときた。

全体的に、脚本が悪いわけではないけれど、どこか舞台風な演出が嘘っぽさをぬぐいきれなくて、なによりもあの路上ライブの歌でメジャーデビューは無理だよ、世の中そんな甘くない・・・。
ダメそうな奴でもメジャーデビューできる的な要素にしたかったのだとしても流石にコメディふうになってしまうからやめてほしい。
でもあの不安定な歌声未だあたまから離れない。

リアルとサブカル気取りの狭間をいったりきたり、どっちかに振り切ってくれたら良かったのかもな。
えりか

えりかの感想・評価

3.4
現代の若者をリアルに描いた映画だなと思った。私は東京に生まれたので、東京に上京してくるという気持ちは分からないけどここに何かを求めてやってくるけれどでもその何かというものははたしてあるのかな。仕事への愚痴、不満、低収入、人間関係、身近な人の死。限りない不安ばかり。人はいつか死ぬ、この世界からいなくなる。だからこそ誰かが誰かを大切に想っている。
>|