映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.7

あらすじ

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そし…

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そして、恋がはじまるーー。

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

mizuki

mizukiの感想・評価

3.5
心の水分けっこうもってかれた
観終わったあとじぶんのなかに光も虚しさも両方ちゃんと残ってて、なんともいえない
殺伐としてるからこそ、詩の日常的じゃない言葉たちがさらに際立って浮いてる感じがよかった
shiho

shihoの感想・評価

3.0
フィルマークスでの評価の高さと友達の大絶賛を受けてすごく楽しみに鑑賞したけれどわたしにはよく分からなかった。残念……。
詩的なセリフがどうも合わなかった。わたしの感性が乏しいだけなのかもしれないなと思ったのでまたいつかチャレンジしたいかも。
槇村

槇村の感想・評価

3.8
キネ旬ベストテン1位ということで、鑑賞。石井監督だし、そのうち見ようとは思っていましたが。
タイトルの冒頭に「映画」ってわざわざつけるのは何故だ、と思っていたら、もともと詩集のタイトルなんだそうで。
内容は、市井の若者たちの不器用なラブストーリーといったところか。まずまず面白いのだが、「恋人たち」のような迫力というかパワーはこの映画からは伝わってこない。底辺に近いところで生活している者だけが持ついっぱいいっぱいの気迫とでも言うんでしょうか、この映画はそれがなく、ポワンとやさしい。

これがランク1位かぁ。花筐の方が相応しい気が。
doraemon

doraemonの感想・評価

3.6
もっと何かあるのかと思った!
あまり心にグサグサくる感じではなかった
けど、池松壮亮がちょいちょい可愛くて
クスクスってできた!
東京には黒がない‥
ほんとだ。
労働に、都会に擦り減った若者たち。結局それを慰めるのは、小さな幸せに対して感謝の念を持つことなのかな。
堂々巡りでどこにも行き着けない閉塞した世界がゆっくりと展開します。少しずつ積み重ねられ、静かに深く浸透します。

その語り口のリズムは、最近観た中ではマンチェスター・バイ・ザ・シー、以前ではバッファロー’66と共通しているでしょうか。そういった作品が好きな人には合うかもしれません。

雑踏の人波や路上歌手などの演劇的表現がやや安直に感じられたり、登場人物がナイーブすぎないかと思うところもありますが、全体の良さが勝ります。

パンフレットの内容や装丁がとても豪華なので、気に入った方にはオススメします。角田光代の解説文など腑に落ちます。
mini

miniの感想・評価

3.3
最後2人がホッとしたような柔らかい表情になっていたのが良かった
タイトルが好き。

それで観に行ったんだけど、わたしにはよくわからなかったなあ。。

東京の抱える不思議な雰囲気、人が多いようで孤独の集合体、変わりゆくところ、でもそんなところだからこそ、ものすごくめまぐるしく儚い出会いとか別れとかがひしめきあってる場所。
そんなことは感じたりした。

そんな東京の夜をぎゅっと表現してるタイトルは本当に詩的。
「夜空はいつでも、最高密度の青色だ」
tipsy806

tipsy806の感想・評価

3.5
最果タヒの詩を映画化したもの。
彼女の詩は、外ではなく内に向かうような詩。夜道を一人歩きながらふと空を見上げて立ち止まるような。あの世界をどう映画にするのかと興味があったけど、良く出来ていたと思う。

生きるうえでの感情が、つらつらと映像で綴られている。こうゆうことだよね生きるって・・と思えた。
故郷が東京の人間からすると、「またこの手の東京砂漠ものか」と導入はゲンナリしたが、主演二人と監督のセンス、世代の感覚などが加味され後半は魅入らされた。

同じく震災後の不安定な時代・心を描いた『彼女の人生は間違いじゃない』などに比べても、個性的で血が通っていて好感を持った。

東京は、人を魅了し傷つけ、孤独にしボロボロにするが、都市を形成するのもあくまで個人だ。

結局その視点に気づくことができれば、そんなに悪いところではないんだよ。あなた次第なんだよ、と若い人に言いたくなったし、そんな優しさをこの映画から感じた。

また、変化を続ける東京でのロケーションが、変わらない人の心との対比にもなっているようだった。
>|