映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そし…

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そして、恋がはじまるーー。

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

ぽのけ

ぽのけの感想・評価

4.3
この世は知らないことばかりでみんな知らないまま簡単に死んで消えていくんだろうな 高橋優のほんとのきもちを思い出した 東京にも大阪にも、都会には黒がない 好きな映画 ちょっとクサい
N

Nの感想・評価

3.6

人だらけの街/居酒屋、鉄骨と荷物と作業員だらけの工場現場、患者が詰まった病院、光でびっしりの夜景、美香の使う駐輪場etc...密度の高い映像が効果的だった~
そういう高い密度の世界に押し潰されて、息がうまくできないまま流されるように生きる登場人物たち

ちゃんとした登場シーンが1回(しかも回想シーン)しかないのに、印象に残りまくる市川実日子!!素敵すぎか〜~

隣のおじいちゃんの孤独死体を見つけた時の池松の表情に掴まれた

愛という言葉に血の味を感じるって感性すてきだな
MASATO

MASATOの感想・評価

5.0
石橋静河の面倒くさそうな女子感が凄く味があって好きだなって思う笑
かーん

かーんの感想・評価

4.0
池松壮亮といえば濡れ場じゃないですか?まじAV男優ばりに濡れ場やる役ばっかじゃないですか?
それが今作違うんですよ。濡れ場なしです。キスすらもないんですよ。
もうずっと池松壮亮好きなんですけど、今作、そしてドラマ「宮本から君へ」を観て、若手じゃ頭一つ抜けましたよどう考えても。もうこの先もずっと贔屓しちゃいます。
都会とは?東京とは?人生って?
個人的には「恋人たち」と似たようなテーマだなって思った。恋人たちがハマった人なら好きだと思う。
minoko

minokoの感想・評価

4.0
池松壮亮やっぱりすきだな。
東京にいるとこういう毎日よくありそうだなーって思う。
何が起こってもおかしくないなら、とてつもなくいいことが起こりそうな気がする、って言ってたのが、普通の日でも自分の考え方次第で幸せなのかもな、と思った。
好きだな、この都会のわちゃわちゃした感じの映画。

石橋静香さんいいな。
FUU

FUUの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

多用されるモノローグを最初ちょっとうるさく感じることもあったけれど2人が時をともに過ごすようになりモノローグはいつのまにかフェードアウト。孤独じゃなくなったからでしょうか?期待せずに見たけれど、とても素晴らしい作品でした。都会の夜の青さが美しく、孤独や人々の死の中で不器用な2人が今を生きている感じが東京の景色に乗って流れていきます。
oh

ohの感想・評価

2.0
良くも悪くも 諦めの悪い人たち。
よってめんどくさい。
あそこまで 喋り出すと止まらないことってある?

出会ったがために ピタッと来てしまうのは分かるんだけど、急だなあと不自然に感じてしまった。


また時間が経って観たら 違う感想なのかもしれないけど あまりぐっとこなかったなあ
モカ

モカの感想・評価

2.0
「がんばれ」のストリートミュージシャンの歌詞のセンスがめちゃひくくて(監督作詞ですよね)、この映画見る気ゲージがバシバシさがってくる。

窓際の池松くんのシーンがやりたかったんだろう。それはよいけど。

最果さんにも失礼なんじゃないかな。

時代ともうマッチしてない、おじさんが作った映画。もっとキレキレになってほしい。
無頓着で疎い現代人の中に、こんなに繊細で痛みに敏感な2人がいる、、というステレオタイプすぎて。
うさんくさかった
>|