ネルーダ 大いなる愛の逃亡者の作品情報・感想・評価

ネルーダ 大いなる愛の逃亡者2016年製作の映画)

Neruda

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

第2次世界大戦の終結から3年、ビデラ大統領は共産党員のネルーダを弾劾した。逮捕されるか逃亡するか? 大統領は直接警官ペルショノーにネルーダの逮捕を命じる。 ネルーダは追われる身として新たな生活にインスピレーションを受けながら、代表作となる詩集「大いなる歌」を書く。 ペルショノーが追いつくと姿をくらます、追いかけっこの連続だ。 ネルーダはわざと手がかりを残すことでペルショノーと戯れ、追跡ゲ…

第2次世界大戦の終結から3年、ビデラ大統領は共産党員のネルーダを弾劾した。逮捕されるか逃亡するか? 大統領は直接警官ペルショノーにネルーダの逮捕を命じる。 ネルーダは追われる身として新たな生活にインスピレーションを受けながら、代表作となる詩集「大いなる歌」を書く。 ペルショノーが追いつくと姿をくらます、追いかけっこの連続だ。 ネルーダはわざと手がかりを残すことでペルショノーと戯れ、追跡ゲームはより危険なものに、2人の関係はより密接なものになっていくのだった・・・

「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」に投稿された感想・評価

にしで

にしでの感想・評価

3.7
むしろコルタサルっぽいメタフィクション+ノワールという感じでカッコよかった。スクリーンプロセスは黒沢清なの?
abemathy

abemathyの感想・評価

3.5
表面張力ギリギリの詩と濃厚な政治的背景と唯一共感し得る妄想の暴走と過剰に端正な顔立ち。
独特な作りの映画だった。余裕があるときに観ればもっと好きになれたと思う。
naoshi

naoshiの感想・評価

4.2
あたかも愛のような関係として刑事の追跡劇が描かれる。スクリーンプロセスが醸し出す詩情がとても効果的に使われている。詩の美しさと肉体のあられもなさが最後まで物語を彩る。
痛快爽快逃亡劇かと思って借りたので入り込めなかった。詩的、ファシズム…苦手な分野で構成されていたので、いい映画なのか私には判断できずの評価無し。最後まで観きったのは警官ペルショノーの魅力のおかげ!彼にはとても惹き込まれた
じえり

じえりの感想・評価

2.9
詩に埋もれる映画
ガエルガルシアベルナルが今回はネルーダを追いかける警官役
彼じゃなきゃ見てられなかったであろう今作
ネルーダの事を勉強してから見るのをオススメします
映像の光の質感や詩的な語りによって演出される幻想的な世界観が良かった。物語も入れ子っぽいというか、追う者がいるからこそ追われる快楽が成立するというねじれた関係性をねじって表現していて面白かった
東京行った時観たやつ忘れてた!
シンプルに面白かった〜
ゴッホかぶったけど、良かった〜
物語の途中から話の次元が変わり急に引き込まれた。追うものと追われるものの不思議な関係性
tori

toriの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

デビュー@早稲田松竹

今まで何回か通った道だが映画館に気づかなかった
どこからどう見ても映画館にしか見えないし、最近できたようにも見えない
目的地に気を取られると周りが見えなくなる視野狭窄の見本
ボールを持ってない選手もきっちりと視野に捕らえているアメフト選手を見習いたい

警官が犯罪者を追いかけるストーリー
この類は手に汗握るのが普通だがこれは別物

特に追う側に捕まえようという緊迫感が皆無
美しい景色、詩人、自分自信を詩的に語りながら旅するロードムービー

途中で気づいたが警官は詩人が作り出したファンタジー
登場人物が語る言葉はすべて美しい
紙代わりにスクリーンを使い詩的世界を表現した映画
全く前情報、予備知識なく見ました。
つーか誰?っていう。

開始20分ぐらいからそのカメラワークと光の写し方や乗り物に乗ってる時は必ずバックの風景が映像、またセリフが飛ばないながら場所だけ変わる独特なオリジナルさに惹かれつつ、その詩の朗読のようなセリフの数々に何度もドキッとする感じが非常に良かった。

ただ、最後のシーンや過去なのか未来なのか分かりづらいカット、しかもそれすらも放り出した様な展開に完全に意味不明。

ガエルガルシアベルナルじゃなかったらもたなかった映画かも。

しっかり勉強してからもう一回見たい。
>|