ネルーダ 大いなる愛の逃亡者の作品情報・感想・評価

ネルーダ 大いなる愛の逃亡者2016年製作の映画)

Neruda

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

第2次世界大戦の終結から3年、ビデラ大統領は共産党員のネルーダを弾劾した。逮捕されるか逃亡するか? 大統領は直接警官ペルショノーにネルーダの逮捕を命じる。 ネルーダは追われる身として新たな生活にインスピレーションを受けながら、代表作となる詩集「大いなる歌」を書く。 ペルショノーが追いつくと姿をくらます、追いかけっこの連続だ。 ネルーダはわざと手がかりを残すことでペルショノーと戯れ、追跡ゲ…

第2次世界大戦の終結から3年、ビデラ大統領は共産党員のネルーダを弾劾した。逮捕されるか逃亡するか? 大統領は直接警官ペルショノーにネルーダの逮捕を命じる。 ネルーダは追われる身として新たな生活にインスピレーションを受けながら、代表作となる詩集「大いなる歌」を書く。 ペルショノーが追いつくと姿をくらます、追いかけっこの連続だ。 ネルーダはわざと手がかりを残すことでペルショノーと戯れ、追跡ゲームはより危険なものに、2人の関係はより密接なものになっていくのだった・・・

「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」に投稿された感想・評価

jocx

jocxの感想・評価

3.0
第二次大戦後のチリは政府よる弾圧が非道でしたが、その中でのノーベル文学賞作家の詩人パブロ・ネルーダの逃亡劇。はっきり言ってしまえば、淡々と進み、あちらこちらで寝息が聞こえる。悪くはないのだが、途中で緊張感が途切れてしまった。奥さん役がいい。追う警官目線での展開がネルーダの挑発的な態度と相まって面白く表現されている。好き嫌いの別れる作品だと思う。
少し背は低いけど文句なしに男前でヒゲもスーツもハットもばっちりキメた若い刑事。
ネルーダはハゲでデブだけどチャーミングで熱狂的に支持される詩人。
寒いのが本当に嫌いだから雪の中で死ぬのは絶対に嫌です。
二人の対比が可笑しいんだけど、刑事は脇役なんかじゃなかったよ。
あーる

あーるの感想・評価

3.2
政治的要素が多く、闘争部分もあるのですがどれも詩的に溢れていました。私自身寝不足のため、理解できない部分がありましたが、、、。

ネルーダよりネルーダを追う警察官が気になってしょうがなく、モテるネルーダよりも警察官ペルショノーに注目してしまいました。
coco

cocoの感想・評価

3.5
追う者と追われる者。どちらも逮捕に対しては本気ではなく、ずっと追いかけ追われていたいのだと思った。そういう心情もありですよね。
紫色部

紫色部の感想・評価

3.5
2017.12.24 アルテリオ映像館

虚実の入れ子構造、鋭いジャンプカットの応酬、幻想的な採光による映像表現など、極めて技巧的なパブロ・ララインの作家性と並立させながらしれっと提示されるジャン・ルノワール、黒沢清、ダリオ・アルジェントの芳香にめまいがした。
本気で逃げるつもりもないし本気で捕まえる気もないものどうしのイチャイチャ。

相変わらずガエルはかっこいい。
柊

柊の感想・評価

3.0
追われる男と追う男。挑発するようなネルーダの行動と本気出していないようにも見えるオスカル。これは現実なのか、それともネルーダの詩になぞらえた幻想なのか?いずれにしても私が思っていたネルーダではなかった。
ちょっとだけ出てきたピノチェト政権下の弾圧の果てのネルーダが見たかった。これはまだそれ以前のストーリー。
警官目線の描き方がなんとも詩的でよい。ただ、その心地よい語り口のせいで寝た。
CCC

CCCの感想・評価

3.9
こういう描き方をしたのか、というのが感想のひとつ。ラストシーン、かっこよかったなぁ。


ネルーダは「イル・ポスティーノ」にも出てくる。
HRK

HRKの感想・評価

3.5
後半が実にあざとい。予定されていた物語の進行を食い破っていくような禍々しさを前に、前作『ジャッキー』を超えたと思った。
>|