ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

Aimer

Aimerの感想・評価

-
国を動かす人なのに奥さんにピッグと呼ばれてたり、色んなギャップが面白かった。ずっしりした映画だった。
第二次世界大戦初期、ナチスドイツの脅威を受けるイギリスの運命を担った大統領ウィンストン・チャーチルを描く。貫禄ある堂々たる演技を見せるゲイリー・オールドマン、それを支えた一人、200時間のメイクをかけた辻一弘氏は日本人として誇らしい。ストーリーも見応えありで、チャーチルの性格や偉業が良く分かる。「ダンケルク」を先に観ていて良かった。
akishimo

akishimoの感想・評価

3.5
歴史的背景を勉強してから見るべき映画。

チャーチルって、本当にこんな感じの人だったのかな??
教科書に載ってる歴史上に何となく親近感を覚えさせてくれる映画だった。

地下鉄に乗るシーンや奥さんとの会話シーンなど、いろんな人に愛されてたんだなー、と感じるところもあれば。
やっぱりトップになる人って変人なんだなー、と感じるところもあり。笑

歴史的決断までの葛藤や苦悩がメインに描かれているので、戦争系が好きな人には物足りないかもしれない。
でもゲイリーオールドマンの演技に引き込まれて、いつのまにかラストを迎えてた。

映画としては面白さは感じないけど、
歴史好きとしてはすごく勉強になった!
先日テレビ番組で辻さんが、特殊メイクに時間がかかると文句を言う俳優もいるが、ゲイリー・オールドマンはじーっとして動かず、彼はプロフェッショナルだと話していたのを聞いて、メイクも含めて楽しみにしていた。
チャーチル自体は教科書で読んだくらいの知識しかないが、エドワード8世とシンプソン夫人の王冠を賭けた恋に一枚噛んでたり、奥様に愛されてブタちゃんと呼ばれる、ゲイリー演じたチャーチルはチャーミングな魅力を持った男だった。
演説って話し方ひとつで熱意の伝わり方が全く違って来る。 後半の国王とのやりとりと、地下鉄での市民と触れ合うシークエンスが演説に効いて一層熱く伝わって来て、映画らしい素晴らしい演出だった。
昨年鑑賞したノーランの「ダンケルク」 今作は視点を変えた「ダンケルク」でもあり、セットで観るとより興味深いと思う。 と同時に救われた兵士がいた一方で犠牲になった大勢のカレーの兵士達の史実にも想いを馳せたい。
首相就任からダンケルク撤退までの、チャーチル葛藤の27日間にフォーカスした歴史物語。
OTO

OTOの感想・評価

4.1
嫌われ者が、「言葉」を武器に状況を一変させるーー。この事実は私に大きな勇気をくれるが、しかしこれは史上稀に見る国難という前提があってこそ。

それにしても、権力者は孤独だ。国を預かる者の決断には、重圧という言葉では片付けることのできないほどの重みがある。そして、家族はいつでも犠牲になる。

ゲイリー・オールドマンの変貌ぶりに驚愕した。アカデミー賞を受賞した辻一弘氏による特殊メイクの効果も素晴らしいのだろうが、恐ろしいほど“チャーチル”に化けていた。癇癪持ちの頑固なオッサンだが、憎めない愛嬌を併せ持つというキャラクターを絶妙に演じていた。
ゆっけ

ゆっけの感想・評価

4.0
本年度のアカデミー賞、主演男優賞(ゲイリー・オールドマン)&メイクアップ&ヘアスタイリング賞(辻一弘)受賞。(これを観たら、この二つの賞を受賞したのも納得いきます)

第2次世界大戦時にウィンストン・チャーチルが英国首相の座に就いてからダンケルクの戦いを迎えるまでの約4週間。

難しい歴史映画にはなってはなく、そのほとんどがチャーチルを焦点に描かれています。最悪なときに国のリーダーとして任命された男が貫いた信念に感動します。

チャーチルについて正直あまりよく知らなかったのですが「世界のCEOが選ぶ、最も尊敬するリーダー」に選ばれた偉人。ですが、映画を観ると、あれ、やっかいな人だなと思うハズ。朝も昼も夜も酒を飲んでだり、、、それほど強烈な個性を持った人。

ただ、終盤の乗客と話すシーン、良いんです。国民一人一人の名前をその場で覚えて、意見を求める。その上で信念に従い決断し、貫く。あの戦況下でこれだけのことをできるかって言ったらなかなかできないと思います。

なかなか癖のある頑固じじぃなので、一緒にいたら疲れるだろうなぁと思いますが、上に立つものとしてはこういう決断力があって、信念のある人がいいなと思いました。

『ダンケルク』を観た人はその裏側を。会社や国のトップの方にも観て欲しい映画。
わや

わやの感想・評価

4.1
脚色多めな感じはあったけど、チャーチルが魅力的なじいさんとして描かれてたので面白い。
イギリスの上から下への地位みたいなものは映画としてすごくわかりやすくなる。

ノーランのダンケルクとかと一緒に見たい
Amon

Amonの感想・評価

4.5
クリストファーノーランの「ダンケルク」を鑑賞済み

カレー部隊のような犠牲があったとは

目でギリギリ ゲイリーオールドマンと分かるチャーチルのメイク。これが日本人の腕によるもので、賞をもらったと思うと なんか...良いね...!
ysak

ysakの感想・評価

3.7
自衛と侵略、話し合いと戦い、現実と理想。迷いをきっちり描いているのがいいと思います。電車シーンはベタだが持ってかれる。
Yagi

Yagiの感想・評価

4.0
・チャーチルの首相就任からナチスドイツへの徹底抗戦の決断までを描く
・チャーチル VS. チェンバレン&ハリファックス
・カレー守備隊とダンケルク
・手の甲向けたVサイン
・「ダンケルク」「英国王のスピーチ」「人生はシネマティック!」
>|