赤い天使の作品情報・感想・評価

「赤い天使」に投稿された感想・評価

marusei

maruseiの感想・評価

4.0
増村監督×若尾文子映画2本目。

これまた凄まじいものを観た…序盤からあっという間に食欲を無くしてしまった。
なぜ赤い天使なのか?それは血に染まる野戦病院の看護婦だから。

バリバリの戦争映画(日中戦争?)とも見れるが、この作品には特に性(しかも男性側のね)についても切々と語られるシーンがあり、そこへ若尾文子演じる西さくらの芯の強さと美しさが折重なって、エロスというものがどの人間においても人間として至極当然の本能なのだという事が野戦病院を舞台にリアルに表現されている。

主人公の西さくらの芯の強さはハンパない。看護婦としての仕事ぶりも勿論ながら(しかしいくら仕事とは言え、患者に同情的サービスし過ぎの気が…)軍医への情熱的な愛もググっと積極的!同性なのにそそられる〜。

若尾文子の声質が女らしい顔の作りに対して少し低めでハキハキとしているせいなのかそのギャップがまた芯の強い女役のスパイスになってる。
モノクロのせいで野戦病院での凄惨なシーンになおさら拍車がかかり、私はクラクラ&食欲喪失…。2日ほど余裕で引きずった。

戦禍の中で束の間の幸せが見えたところで、そうは許さぬと悲劇的なラストを迎える。
あ

あの感想・評価

-
軍医とその看護師の恋。死ぬ前に同じ場所にキスマークつけ合うのにやけた。
なかなか気が滅入る。
女が主人公の珍しい戦争映画。
naomeme

naomemeの感想・評価

4.0
腕がない表現がすごかった
いずみ

いずみの感想・評価

4.2
これはやばい。なんだこの破壊力…。
若尾文子と芦田伸介のタッグが最高すぎる。戦争と性。娼婦か看護師か。
その狭間で生きる看護師、西さくらの記録といってもいい。増村は若尾文子をシーツやカーテン、蚊帳、とにかく布一枚で閉じ込めるのが好きだな。とにかくやばい。
「ジョニーは戦場へ行った」を少し思い出したけどそんなの比にならないくらいすごい。負傷兵の手や足を躊躇いもなく切るように見える軍医の本当の苦悩、モルヒネ、口付け、男としてのプライド…。ラスト、西と軍医が絡むシーンのエロさと緊迫した外の雰囲気のこの異様さがいい。隣には男女が愛を交わし、隣では一刻も争う緊迫した雰囲気。構え。なんで西さくらはそこまで軍医に熱中してたかはよくわからなかったけど。(そんなにいい男とも思えない笑)
notitle

notitleの感想・評価

4.2
増村保造×若尾文子。日中戦争時の従軍看護婦として働く女と、軍医及び兵士達の愛やら性の話。壮絶なテーマ。虫の様に死にゆく兵士たち。狂乱、死か、地獄の様な生か。無か、優しさ、情けか。描かれることの無い、よりリアルな現場。真っ赤に染まる天使。
貝柱

貝柱の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

西は死ぬ気でいるのか
さくらはパッと咲いてパッと散るんでしょ
早く死にたい

早く死にたい、のところなんだもう、最高
若尾さま…くどいくらいの一人称の西が良い
床ずれ

床ずれの感想・評価

4.8
やっぱり文句なしに面白い
増村保造の変態性はちゃんとあるのにこんなに感動できるなんて!
音楽がブレッソンの映画みたいでカッコ良い
scarface

scarfaceの感想・評価

3.9
若尾文子演じる従軍看護婦の西さくら。芦田伸介演じる岡部軍医。これは映画史に残るコンビだ。ラストの小屋でのシーンなんて伝説でしょう。
>|