赤い天使の作品情報・感想・評価

「赤い天使」に投稿された感想・評価

marusei

maruseiの感想・評価

4.0
増村監督×若尾文子映画2本目。

これまた凄まじいものを観た…序盤からあっという間に食欲を無くしてしまった。
なぜ赤い天使なのか?それは血に染まる野戦病院の看護婦だから。

バリバリの戦争映画(日中戦争?)とも見れるが、この作品には特に性(しかも男性側のね)についても切々と語られるシーンがあり、そこへ若尾文子演じる西さくらの芯の強さと美しさが折重なって、エロスというものがどの人間においても人間として至極当然の本能なのだという事が野戦病院を舞台にリアルに表現されている。

主人公の西さくらの芯の強さはハンパない。看護婦としての仕事ぶりも勿論ながら(しかしいくら仕事とは言え、患者に同情的サービスし過ぎの気が…)軍医への情熱的な愛もググっと積極的!同性なのにそそられる〜。

若尾文子の声質が女らしい顔の作りに対して少し低めでハキハキとしているせいなのかそのギャップがまた芯の強い女役のスパイスになってる。
モノクロのせいで野戦病院での凄惨なシーンになおさら拍車がかかり、私はクラクラ&食欲喪失…。2日ほど余裕で引きずった。

戦禍の中で束の間の幸せが見えたところで、そうは許さぬと悲劇的なラストを迎える。
あちゃ

あちゃの感想・評価

4.1
若尾文子のブカブカの軍服のシーンがキチガイにもほどがあって笑った。「靴を履かせろ! 」ここで若尾文子の足の裏が見られるし、男が屈服して靴を履かせるというシーンがみられるので倒錯的な人にはオススメ。外で必死に防衛戦してるのにこいつらセックスしてるって史上最強のクロスカッティングだろう。トラックの荷台の揺れ具合は異常、増村のこだわりか?
増村はさして銃撃戦が好きじゃないといまさら気づく
増村特有の契りのテーマはお互いを噛む、ブドウ酒を飲むことで成立する
まだ増村に余裕があって後期の作品ほど好きではない
増村保造と若尾文子タッグの戦争映画だ。好戦的とも反戦的とも実のところ正確ではないが、負傷兵士を扱う残酷な治療シーンは地獄絵図でしかない。その中での医者と看護婦の過酷状況での愛がこの作品の最もなテーマだ。
戦時中の従軍看護婦の立場とは巡回中にレイプされるなど現代のジェーンダー論では到底理解できないものである。確実に問題になっているだろう。そんなレイプした相手を若尾文子演じる西さくらは、仮死状態から救おうとする。自分をレイプしたことが報告されて最前線送りにされた後、負傷した事で、自分が殺してしまうような気がするという理由で。まず、強姦相手にそのようなことを思う女性はいないのでこれは増村保造の女性の理想像でしかない。
また、男性として不能な軍医との営みに成功するなど、こうした男性の欲望を可視化させ、メロドラマとして成立させようと、若尾文子は身体を精一杯張った演技をした。
若尾文子が軍医の服を着て、いわばごっこ遊びをするのは本当に可愛らしい。
ピチピチの若尾文子が、前線の従軍看護婦を演じています。ストーリーは、終始暗い内容でしたが、メッセージ性のある深い映画でした。
takamaru

takamaruの感想・評価

4.7
うわあ、やっぱり凄いなあ。この映画を見ると、戦争がどうしようもなくイヤなものに思える(戦争映画として大事なこと!)。岡部軍医(芦田伸介)は、病院前にずらりと並べられた負傷者を、摘出、切断、死亡の3つでざっくり仕分けして、麻酔もほとんど効いてなさそうな男たちの手足をノコギリでギコギコ切り落としていく。命を尊ぶ医師としての天分をどこかに追いやって、目の前の現実に対応していく苦しみを、モルヒネで誤魔化している岡部医師の年齢が40歳と語られることもあって、若い頃に見たときよりももっと響くものがあったなあ。看護婦の西さくら(若尾文子)との関係が、上官と部下としてのものから、極限状況の中でやがて愛情へと変化していくのも、心にぐっと迫るものがある。西という女は、病室で自分をレイプした坂本一等兵を告発したことで戦場に復帰させ死に追いやったことを苦悩し、両手を失って自慰できない折原(川津祐介)に生きる希望を与えたつもりが自殺させることになったと思い苦悩し、戦地で鍛えようとして連れて行った新任看護婦を過酷な状況に追いやったことで死なせてしまったと苦悩する。懸命の看護でそれ以上に多くの命を救っているのに、自分と関係した人物の死に大きな責任を感じる西は、そんな女だからこそ過酷な医療の現場をともにする岡部へと深く想い入れていったのかも。白衣の天使から女に変わるとき、途端に押しが強くなる西さくらという女の生々しさが、凄惨な戦場の中にあって、強烈に人間の“生”と“性”を照射させて、その眩しさと哀しさに戸惑いつつ感動する。素晴らしい映画だ。
一般人

一般人の感想・評価

4.0
後半少しくどい
nsd

nsdの感想・評価

3.3
白黒で良かった。これがカラーだったらとても正視できない。手術シーンでは、息が詰まりそうになった。そして、戦争と性。川津の腕をなくした兵隊は、本当につらいだろうなあ、と思うし、芦田演じる軍医と若尾文子のラブシーンとカットバックされる戦場。結末は悲惨だが、あのまま、裸のまま殺されなくて良かったと思う。
あ

あの感想・評価

4.2
戦争映画はあんまり好きじゃないんだが、これは凄かった。
映画であってドキュメンタリーのような、本当にみんな映画の中で生きていた。

音楽も素晴らしいし。
最後の小屋と外のカットバックは緊張感ある中進んでいき、
性と死が隣り合わせで素晴らしかった。


役者の演技も素晴らしく文句のつけようがない映画。
あ

あの感想・評価

-
軍医とその看護師の恋。死ぬ前に同じ場所にキスマークつけ合うのにやけた。
なかなか気が滅入る。
>|