ブラック・クランズマンの作品情報・感想・評価・動画配信

ブラック・クランズマン2018年製作の映画)

BlacKkKlansman

上映日:2019年03月22日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

「ブラック・クランズマン」に投稿された感想・評価

現代にも蔓延る差別の問題。実話を基に重苦しい内容を黒人と白人の対比で面白く捉えている。電話でのやりとりには笑えた。KKKに代表される極端な思想が根強いアメリカ社会に警告の意味が込められた作品。
スパイク・リーにしてはコメディタッチの大人しい映画だと思ったらエンドロール前のリアル映像に寒気がした。
人種差別や憎しみの先に未来はないな。と改めて感じる作品でした。
いや、本当にラストだけね!!
ぼん

ぼんの感想・評価

3.2
2回目の電話からフリップが電話かければややこしく無いのにと思ったけど、それじゃ駄目な理由があったんだっけ?

KKKや歴史的背景に詳しくなかったからか、凄くあっさり終わってしまった印象。
菓子

菓子の感想・評価

4.1
聞いたことのない言葉とかが
時々出てくるので予習が少し必要かな??と感じました。

電話シーンとか特に面白く、
つられて笑ってしまいました笑
smmmmms

smmmmmsの感想・評価

3.5
日本版のトレーラーを見てけっこうなエンタメのつもりで観てしまったので
Zuko

Zukoの感想・評価

3.4
白人の集会も黒人の集会もどちらも歪んだものにみえる。後半の演出はそうなっていた気がする。どちらにも加担しない風に

憎しみに居場所なし
コメディを通したメッージ性のある作品
ジョーダンピールらしさとデンゼルワシントンDNAも出てた
スパイクリー作品はこれから見てみたい。
コロラドスプリングスで初の黒人警官となったロンは、同僚からの侮辱にウンザリしていたが、ある日ブラックパンサーの集会に潜入したことが評価され情報部に入る。そして彼は、いきなりKKKに入会してしまう。

人種問題を描いた作品だが、本作は比較的分かりやすいエンタメだなと感じた。黒人が白人至上主義団体に潜入するというぶっ飛んだ実話が元ネタで面白くならないはずはない。…まあ率直に言えば、実際に潜入するユダヤ人の先輩にかなり助けられてるとは思うけど。ただ、当然登場人物の立場は簡単に割り切れるものではない。主人公は黒人解放運動の女性と親しくなるが、彼女は差別的な警察を嫌っているし、主人公も白人との武力闘争みたいなものにはあまり賛同していない。相棒のユダヤ人警官は、白人でありながらKKKにとっては差別対象であり、潜入捜査の過程で自分のアイデンティティを捉え直す。後半、KKKとブラックパンサーを対比するような場面といい、全体的にシニカルな視線が向けられているように思う。そうした複雑さをしっかり描きながら、潜入捜査についてはきっちり胸が空くような落ちを付けており、個人的には面白かった。
難点としては中盤がややダレる。なんでかなと考えてみると、確かに黒人の潜入捜査ではあるけれど、実際にメンバーと会っているのが白人だからかな、と。微妙に緊張感が無い。難しいところではあるけど。
最後、シャーロッツビルの事件映像を挿入したのは、正直ちょっとズルいような気もするが、しかし白人至上主義が未だに一定の勢力を保っている現在を直視しろというメッセージなのだろう。
おはぎ

おはぎの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

56本目
悔しいなあ、アメリカの白人,黒人文化、歴史的背景を知った上で観たらもっと楽しめただろうな。終盤の二つの集会のクロスオーバーから爆発までの流れが完璧。
実際の映像、『2017年』って…衝撃。
そうま

そうまの感想・評価

3.5
KKKなんて昔の話って思ってたけど...
最後は本物の映像なんだろうけどこわい
>|