THE MOLE(ザ・モール)の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「THE MOLE(ザ・モール)」に投稿された感想・評価

tatari

tatariの感想・評価

4.2
俺が観たかった、北朝鮮ドキュメンタリーはこれだ!平壌以外の土地が隠しカメラで収められたのを初めてみたし、これでもかと国家のビジネスとしての麻薬生成や兵器製造の証拠がガンガンと上がってくるから、映画に登場する北朝鮮側の人間は何人か殺されているのでは?

こんだけ、モザイクなどの隠しがないなか、一点だけピー音で名前が伏せられる人物の正体が気になりすぎる。
事実は小説より奇なり。

ごく平凡な元料理人が、スパイとなって北朝鮮の武器密輸、薬物製造に関わり真相を暴くドキュメンタリー

まずびっくりしたのが、ヨーロッパに北朝鮮支持する人がこんなにいたこと。
支持者の多くは、失業者や学生など資本主義での敗者なんだけれども。

北朝鮮側の要人がスパイのラーセンを信用しきって、「人はすぐ裏切る、信用できない」などと言ってる姿もバッチリ盗撮されてるあたりちょっと滑稽にも思えたw

肝心の北朝鮮内部事情がわかったのはドキュメンタリーとしてよかったけど、全てが明らかになった後ラーセンファミリーたちがとても心配です。
RyoSato

RyoSatoの感想・評価

4.7
国を動かすレベルの衝撃的な映画。

命懸けの圧巻のドキュメンタリー。
空いた口が塞がらない。
親北朝鮮界隈で、グイグイのし上がっていくのがおもしろい。
北朝鮮政府関係者と接触してからは、ドキュメンタリーとは信じ難いサスペンス。
民間のスパイって大丈夫?映画監督の後ろ盾なんて、なんのあてにもならないだろうに。
本人の積極的な同意があるにしても、こんなことやらせるのってどうなの?と思わなくもない。
Kaneko

Kanekoの感想・評価

4.2
デンマークの料理人が、スペインの北朝鮮文化交流団に接触。そこから10年スパイとして潜入し、北朝鮮訪問だけでなく、その武器輸出や麻薬取引を仲介する…

本当にやばいドキュメントだが、目が離せない。監督と出演者の安全が心配すぎる
Asukao

Asukaoの感想・評価

4.3
たまたま付けたNHKで釘付けに。
本当にリアルなのか、いまだに考えている。
日本版の映画のポスターがひどい。こんな安っぽい内容じゃない。
まこ

まこの感想・評価

4.4
公開して大丈夫なのかと心配になるほどやばい場面の連続。スパイをしてたご本人たちは軽い気持ちではなかったのだろうけど、北朝鮮にドッキリ仕掛けちゃうみたいな軽いノリの潜入捜査に目を丸くしてしまった…彼らや監督とそのご家族は無事なのかな。スリリングなはずなのに、登場人物たちのゆるさとか間抜けさに笑えてくる。北朝鮮てこんなガバガバな国だったの?警戒してるわりにはすぐに人信じるし、身元調査力なさすぎだし、闇取引現場なのに隠しカメラ大量に設置されてるし、あほなの?!あまり悪口言うのもなんとなく身の危険を感じるけど、本当にノンフィクションのドキュメンタリーなのかと疑ってしまう。ドッキリ大成功なラストも笑った。作中で出てきた、監督が北朝鮮出禁になったという映画も公開されるみたいで楽しみ。
ペンネ

ペンネの感想・評価

4.0
BSの放送見て釘付けに…
日本は諜報活動弱そうだから諸外国が情報発信してくれるの有難い。
Akari

Akariの感想・評価

3.9
下手なホラー映画よりもこわい
探知機のシーンは心臓に悪い!
改めて平和ぼけな日本人であると自覚した
no58

no58の感想・評価

4.9
めちゃくちゃ面白かった。。
びっくりするほどのめり込んで見てしまった。

経済制裁を受けている北朝鮮が、どうして今も破綻せずにいられるのかちょっとわかった気がする。
自国の人間だけじゃなく、他国の人間も集まって、ハイエナのようにカネと利権に群がる姿が映し出される。
もちろん北朝鮮だけじゃなく、他の国も、もしかしたら日本だって、知らないだけで本当は同じようなのかもしれないと思ってゾッとした。

ウルリクとジェームスが、スパイとして北朝鮮に潜入したあたりから(序盤!)もうドキドキが止まらない。
どんなスパイ映画よりも臨場感半端なくて、手に汗握るって言葉がぴったりだった。
盗聴器のシーンはすごい緊迫感で、私もウルリクと一緒に気持ち悪くなってた。。

あの2人の身の保証は大丈夫なのかな、、
ウルリクのメンタルも心配。

ウルリクがしたことは激烈な効果を持ってスクリーンに映し出されていくと思う。
この映画の意味は大きいし、少なくともミサイル発射のニュースもこれからは違って見えそう。

あなたにおすすめの記事