カッコーの巣の上での作品情報・感想・評価

カッコーの巣の上で1975年製作の映画)

One Flew Over the Cuckoo's Nest

上映日:1976年04月03日

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「カッコーの巣の上で」に投稿された感想・評価

odasu

odasuの感想・評価

3.0
ラストが良いんだか悪いんだか…人間性を考えさせられる作品。ただ、マックがいるからみんながイキイキしていくように感じた。小学生の時人気の先生っていたけどそんな感じ。何してなくても人が集まるような。
レポートNo.45
刑務所の強制労働を避けるため精神異常を装った男と精神病院の患者との触れ合いを描いた作品

『カッコーの巣の上で』
カッコーは他の鳥の巣に卵を産み、数を合わせるために他の鳥の卵を落とす習性があるという。
この映画ではカッコーが職員で他の鳥の卵が精神異常者として描かれていると思った。
職員の「普通」という感覚が精神異常者の心の巣を荒らし、普通を突き通す職員が狂気じみている。
職員が黒人だったりアジア人だったりするのも伏線なのかな。考えすぎかな。
桃里

桃里の感想・評価

2.2
時代背景を知ってるとさらに考えさせられる
木場

木場の感想・評価

4.0
精神映画
ムウ

ムウの感想・評価

3.8
面白かったです。

自分が経営する喫茶店にも精神科に通うお客様がいます。
お母さんの存在が絶対です。
散歩の時間など、毎日同じ行動に縛られてます。

鑑賞後にロボトミー手術のこととか、
細かいネタバレを読んだらよりスッキリします。

このレビューはネタバレを含みます

マクマーフィーを見ていた他の患者たちの表情がだんだん明るくなっていくさまがとても印象深かった

きっと婦長も患者のためを思って仕事をしていたのかなと思うと、彼女のとった行動を間違いだといえないと思うし、かといって正解だともいえないなと思った

チーフとの間に芽生えた友情がはかなくて切ない
初投稿やからマイベスト1を。
いつも心にジャックニコルソン 。
まずニコちゃんは服の着こなしがスーパークールなんだよね!
A2、シャンブレー、ジーパン、アイリッシュセッターというアメカジ好きは必要以上に反応してしまうこのチョイス。しかもA2はワンサイズダウンの着こなし。
ちなみに「さらば冬のかもめ」でのPコートもワンサイズダウン。
そんでもってニコちゃんの歌声ってみんな知ってます?聞いてみてください、スーパークールだから。
アルバム出てへんのかな、ほんまに。

そんなことはどうでもいい。

ちょっとした感想文。
この映画すんごい好き。ほんといいね。何回も観ちゃう。説明なんてするわけない、もったいない。
この年のアカデミー作品賞で、翌年にはロッキーが受賞している。
ここからアメリカンニューシネマの終焉が見え隠れしているのかな。
きっと当時の人は、この2つの映画の結末がすごく嬉しかったんやろな。
元気がないときに観る映画だと思いました。
hikaru

hikaruの感想・評価

3.7
なかなかぶっとんでる。
自由を求め訴え続ける主人公、
その中に人生を楽しむんだという意欲も感じた。
shou

shouの感想・評価

4.2
衝撃的な名作。あれだけの空間と時間の中でこんなにもいろんな事を訴えられるのかと思う。
精神病院という舞台から世の中に溢れる規制やルールに対する疑問を投げかけていると感じました。主人公マクマーフィを規制やルールにチャレンジをするという思想のようなものの塊として表現して、それによって変化する(ある意味では良い)周り人々を描いている。
いろんな感想を持たれるべき映画だと思いました。規制や制度を完璧に否定することは間違いではあるけれどそれ自体に依存することもまた間違いなのではと感じました。
But I tried, didn't I? Goddamnit, at least I did that.
案の定名作って言われてるの納得
無機質だった病棟にマクマーフィーがやってきてから少しずつ色が付いてくみたいな感じとか、打ち解けていく中で微笑ましいシーンが出てきたりとか、婦長さんにムシャクシャしたりとか、絶望感とか感情豊かに観れる映画、すごい力強かった

チーフすごい良い味だったな
ビリーのダンスシーンとても好き
ジャックニコルソンもだけど出演者の演技力が尋常じゃない
ラストの厚み
観終わった後の余韻
>|