クラブゼロの作品情報・感想・評価

『クラブゼロ』に投稿された感想・評価

reb

rebの感想・評価

3.2

オーストリア映画週間2024で鑑賞。
名門校に赴任してきた栄養学のノヴァク先生は“意識的な食事“の大切さを生徒たちに教える。無垢な生徒たちは、その教えにのめり込んでいく。絶食カルトの行き着く究極の先…

>>続きを読む
Omizu

Omizuの感想・評価

4.0

【第76回カンヌ映画祭 コンペティション部門出品】
『リトル・ジョー』ジェシカ・ハウスナー監督の新作。カンヌ映画祭コンペに出品、シッチェス映画祭やヨーロッパ映画賞では作曲賞を受賞した。

これは傑作…

>>続きを読む
せり

せりの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

“but you need a faith”の後の最後の晩餐的エンドロール好きです。自称オープンマインドな生徒たちの矛盾を孕んだ他人への批判が妙にリアルで良かった。クラスがラディカルだと言って途中で…

>>続きを読む
内容はともあれ、不条理・風刺系で審査員長オストルンドのコンペに出たのは興味深い
色彩がとても綺麗。
思ったよりファンタジー。
先生の自室がいい。
(実際の摂食障害の方を知っていると体型に違和感がある)
sdyuri

sdyuriの感想・評価

-
度合いがひどいだけで、だれでもあんな節はある!ドルオタも家系好きもそう

制服がいやにポップなのが効いていて皮肉にも思えちゃう

絶食映画のあとにもうやんカレー食べたのはなんか良かった
映画との向き合い方はデビュー作のほうが断然好き

シリアスな風刺ホラーをここまでポップに観られるように仕向けたのはすごい

観るのがキツいシーンあり
OhMyGosh

OhMyGoshの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

《オーストリア映画週間2024揺るぎなき視線》
Aプログラム
*上映終了後"ジェシカ・ハウスナー監督"と衣装を担当したお姉さんのQ&Aあり

"でも、信念をもたなくっちゃ!"

現代社会への"色々な…

>>続きを読む

監督も来場して上映後にQ&Aがあるというので鑑賞した。独特の作りだったが結末は物足りない感じがした。グリム童話のハーメルンの笛吹き男がベースになっているという。監督の姉が担当しているという衣装は学校…

>>続きを読む
Puppe

Puppeの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

最初は戸惑いを感じつつも最終的にはどっぷり食べない事が正しいと堅く信じ込む心へと変化していく生徒の様子が興味深く楽しめました。
信じさせる為には説得力のある指導者が重要
信じる物はなんでもありだけど…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事