メランコリアの作品情報・感想・評価・動画配信

メランコリア2011年製作の映画)

Melancholia

上映日:2012年02月17日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.6
みんなの反応
  • 結婚式パートが理不尽すぎて好き
  • 監督の鬱を反映した心意気がすごい
  • 不気味で綺麗なメランコリアの迫りくる様子が印象的
  • キルスティンダンストの演技が素晴らしい
  • 不安定で儚げな花嫁姿に引き込まれる
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『メランコリア』に投稿された感想・評価

candyyy

candyyyの感想・評価

3.8

登場人物の心情を表したり臨場感を出すためにPOVみたいにカメラが揺れるのだが、三半規管よわよわ人間にとっては地獄みたいなカメラワークで何度も途中リタイアした。

鬱中に結婚式の披露宴なんて出来たもん…

>>続きを読む

トリアー監督の鬱映画三部作の一つだそうで。隕石とうつ病をなぜ組み合わせようと思ったのかはわからないけど、
一部、二部の違いを見てみると隕石がぶつかるかも!というようなどうしようもない切羽詰まった危機…

>>続きを読む


~ラース・フォン・トリアー
 レトロスペクディブ2023~💐より


『メランコリア』 (2011) ●🔵
🇩🇰デンマーク 🇸🇪スウェーデン
 🇫🇷フランス 🇩🇪ドイツ合作 135分

>>続きを読む
juri

juriの感想・評価

3.5

「痴人の愛」ゴリ押しおじさまが本作もすごく勧めてきていた。が、私は激しくオススメされるとますます遠のいてしまう天邪鬼なので無視してました。せっかくU-NEXTにきてるのでようやく見てみることに。

>>続きを読む
“…そして、このエロスは、近づきえないものの中に、その欲望を向け続けるのである。”(アガンベン)

倫理の教師がエロスせよ、と言った

バタイユもアガンベンも吸収

何の違和感もない前半部分

ラース・フォン・トリアーの鬱三部作の2作目、2011年の作品となる異色SFですね。これは彼の監督作品の中で、私が唯一公開当時に劇場で観た作品だったけど、その斬新さには目を瞪ったものでした。

でも、…

>>続きを読む
Koya

Koyaの感想・評価

4.1

自分の中で絶対に忘れられない作品がまた一つ増えた。ここ最近で観た映画の中で一番没入感が凄かった。

ただ、あらすじや色んな人の感想で、
ジャスティンが披露宴の途中から情緒不安定になっていくのは、元々…

>>続きを読む
映像の美しさと儚さが正気を失うごとにあらわになる。
監督が求めるマリアでもイヴでもない女性像があるように思う。
MRFOX

MRFOXの感想・評価

5.0

『ラース・フォン・トリアー・レトロスペクティブ』にて再鑑賞
鬱状況で観る『鬱映画』
分かる分かるぞキルステン…俺も風呂に入るのがしんどいんだ…(サウナなら入れる不思議)

手持ちカメラ以外のシーンは…

>>続きを読む
tetsuaki

tetsuakiの感想・評価

3.4

ラース・フォン・トリアーがSFを撮った!
やっぱり胸糞が悪く、鬱(笑)

特に好きだったのは、シャーロト・ランプリングの糞母親っぷりが最高! あのすわった目は刺激的!!

つくづく思う。ラース・フォ…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事