死者からの手紙の作品情報・感想・評価

『死者からの手紙』に投稿された感想・評価

核戦争下における病院の子どもたち、それを見た主人公の悲鳴。水浸しの図書館、地下壕。クリスマスツリーの蝋燭に照らされる言葉なき子供たち。雪の積もった中山を登る最後には心を打たれる。
1

1の感想・評価

5.0

終わり方がめちゃくちゃ好き
絶望のなかにある希望
クリスマスツリーの神聖な美しさと子供たちの無邪気さが救い
最初のショットからもう良過ぎるし、崩壊した街の退廃さ、ただただ静かなひっそりとした世界観が…

>>続きを読む

コンスタンティン・ロプシャンスキー
人為ミスが招いた核戦争後の荒廃した世界を描くディストピアSF

中盤からの巻き返しがえぐい。。
あの瞬間、老科学者の断末魔の叫び、希望などない閉塞感、荒天を進む孤…

>>続きを読む
pherim

pherimの感想・評価

3.9

核戦争後の地下廃墟に暮らす老科学者と孤児たち。

タルコフスキー/ストーカーの清冽とゲルマン/神々のたそがれの混沌を同時に感覚、両原作者のストルガツキー弟が脚本参加と知り胸熱くなる。

核爆発描写含…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

核戦争後の世界を舞台にしたソ連製SF映画。
 1986年に作られたと思えないほど、手が混んでいて廃墟と化した街並みとかどうやって作ったんだろうと思いました。
 主人公が阿鼻叫喚する病院で息子を探すシ…

>>続きを読む

@ユーロスペース

これは凄かった。
核戦争によって人類の大半が滅亡し、シェルターで一部の人たちが暮らす世紀末ものなんだけど、撮影、美術どれも高水準で世界観に説得力がある。特に図書館のシーンが好き。…

>>続きを読む
レビューを書いています!

https://ken-ken-pa-pa-20220408.hatenablog.com/entry/2022/06/17/124027
oekoju

oekojuの感想・評価

-
ディストピアイメージの洪水
ガスマスクで奇妙に反響する声
モノローグのバトンタッチ

1986年 ソビエト連邦

核戦争後の世界を描いたアートなデストピア

監督は今のウクライナ出身
コンスタンチン・ロプシャンスキー

人為的ミスから核戦争が起こり文明社会は崩壊
生き残った人々は地下…

>>続きを読む
Gocta

Goctaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

核戦争後の絶望的な状況を描いたディストピア作品。映画の最後に反戦へのメッセージも表示される。

最後にナレーションが子供に変わり、大人に捨てられて死ぬのだと思っていた子供たちが、実は将来を担っていく…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事