四つのいのちの作品情報・感想・評価・動画配信

「四つのいのち」に投稿された感想・評価

主演が自然と動物
人間はエキストラ的な役割です♪
長閑なカメラワークと
穏やかな長回しに癒されます
亡くなったお爺さんと生まれたヤギ
伐採される木

自然の営みや生命力を感じさせる映像に癒されました♪

子ヤギの演技がスゴイ🐐
tk

tkの感想・評価

4.8
期待していなかったけれど、良作。
ジェットコースター型の映画が好きな人には永遠にわからないだろう作品。
台詞なし

ナレーションなし

ドキュメンタリーでもなく

イタリアの田舎の日常を淡々と描く

絵画を映像化して動かしているかのよう

共生、共存や自然への畏怖や感謝

自然界の食物連鎖や輪廻転生

アルプスのハイジ的世界観

ワンちゃんの名演技‼️

🐕💨💨💨💨💨💨

ゆきちゃんも😁

🐐💨💨💨
なる

なるの感想・評価

3.6
解説を読んで面白さを理解できたと思ったけど、考えているうちにまたよくわからなくなった。

いのちは繋がっている?
むずかしいな…。
yuri

yuriの感想・評価

4.5
どこを切り取っても構図がすばらしいです。広がりと余白があって、美しい。
y

yの感想・評価

4.3
ニーチェの馬に影響を与えてないかと思える映画。
綺麗、素敵な村、慎ましやかな営み
信仰心の深い村
会話無しでも引き込まれた。
黙々と・・・

おじいちゃんの飲んでいた薬って、、、ぎょっとしたけど
信じる力って凄い。

カタツムリの鍋
顔を歩くアリ
歩きまわる山羊
木のアップ

いい映画だった。
この監督、次ぎ作れないのかなぁ

低予算で1本頑張ったのか?
H

Hの感想・評価

4.5
子ヤギがくしゃみして吹っ飛ばされるシーン面白すぎて10回はリピートした
煙の力すごい

言葉はないけど音が綺麗やった

今まで決まった時間に決まった道を通ってた人がいなくなるのがすごい切なかって、
でもその人に関係なかった人たちには何もなくて、
最後スーンって心地いいけどでもなんか悲しいって気持ちで終わった、煙の余韻でかな〜

なんであの四つのいのちを選んだんか気になる
ザン

ザンの感想・評価

3.3
異国のしかも山間の片田舎で淡々と進んでいく日常が興味深い。ヤギがひしめきあって歩く、通りをいっぱいにして歩く様子はある意味壮観だ。
風太郎

風太郎の感想・評価

3.5
淡々と流れていく、南イタリアのとある山村の映像。オーガニックな思想を掲げる啓蒙的な感性ではなく、本当にただ淡々と、山村での生き物・命の営みや循環を映している、という視点がよかった。

中でも、山羊たちの鈴の音が鳴り響くシーンは心地よく感じた。音楽的ですらあった。山羊たちからすれば、家畜として飼われることは理不尽なことだらけなのやけれど。側から見れば少なくともそう。

人間の歪さがじわじわと浮き彫りになる様も、またひとつの奥行きだった。
>|