ようこそ、革命シネマへ/木々について語ること ~ トーキング・アバウト・ツリーズの作品情報・感想・評価

ようこそ、革命シネマへ/木々について語ること ~ トーキング・アバウト・ツリーズ2019年製作の映画)

Talking About Trees

上映日:2020年04月04日

製作国:

上映時間:97分

3.8

あらすじ

『ようこそ、革命シネマへ/木々について語ること ~ トーキング・アバウト・ツリーズ』に投稿された感想・評価

70年代80年代のスーダン映画の隆盛も、スーダンの現状も知らなかった。

ラクダの動き。

U-NEXTポイントで観られます。

暗い。こんな明るいジャケ写に騙されてはならない。
2019年4月まで、スーダン🇸🇩で映画の上映は禁止されていた…


ラクダとの自撮りにほのぼの🤳🏻🐪👴🏻

ブ…

>>続きを読む

スーダン。
ながらく映画館が閉鎖されているスーダンで、1970年代にドイツやロシアで映画を学んだ監督たちを中心としたスーダン映画協会が、放置されていた野外劇場で映画を上映するべく奮闘する。
これがフ…

>>続きを読む
萌里佳

萌里佳の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ドキュメンタリーなのに、フィクションかと思うほど、出演者の言葉や表情が豊かで、映像が美しかったです。

4人の映画監督のうち1人の誕生日のお祝いで、

「長生きして、ずっと仲間でいよう。共に生きて、…

>>続きを読む

スーダンを舞台に、一夜限りの映画館復活を目指す人々を追ったドキュメンタリー。

国や社会情勢が違うと、映画を上映するのも一苦労だということが分かる。

それにしても、上映しようとした作品がタランティ…

>>続きを読む
KOUSAKA

KOUSAKAの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

CINEMA Chupki TABATAにて鑑賞。

スーダンでは、軍事政権の言論弾圧によって映画という文化が壊滅させられていたという事実には非常に驚きました。

そんな現状を打開すべく、動きも緩慢…

>>続きを読む
pilotis

pilotisの感想・評価

3.5

おじさん数人で映画撮影遊びをしてるシーンから。「アクション!」の声がやけに達者で、それは当然その人が映画を作っていたからなのである。
シネマチュプキタバタにて、「サマーフィルムにのって」の前時間に上…

>>続きを読む
花椒

花椒の感想・評価

3.4

多分、タイトルから想起される内容と思って観賞すると肩透かしを食らうかと

軍人独裁政権が続くスーダンでは映画上映が原則禁止されており、昔、外国で映画製作を学んできた監督たちが映画上映開催に奮闘するド…

>>続きを読む
がんつ

がんつの感想・評価

3.6

《内容》
映画の上映が禁止されている
スーダンで、映画を上映するために
奮闘する人々を撮った映画🎦

《詳細》
ドキュメンタリー映画です。

《感想》
“ 映画撮影の映画 ”も良いけれど“ 映画上映…

>>続きを読む
だい

だいの感想・評価

3.3

1989年のクーデターで誕生した軍事独裁政権の下、映画の上映が実質的に禁止されたスーダンで、
再び映画文化を復興させようと奮闘する元映画監督たちを追ったドキュメンタリー。

ネタバレ覚悟で書くけどさ…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事