それでも夜は明けるの作品情報・感想・評価

それでも夜は明ける2013年製作の映画)

12 Years a Slave

上映日:2014年03月07日

製作国:

上映時間:134分

3.8

あらすじ

これは“奴隷制度”という大義名分を得た瞬間、人間は同じ人間に対してどれほど非人間的な行動を取れるのかを暴いた物語であり、同時に、12年もの間、「いつか夜は明ける」と信じ続けた男の希望が、絶望の暗闇に打ち勝った奇跡を私たちに体験させてくれる、感動の物語である。 家族と幸せに暮らしていた男が、突然、財産も名前も奪われ、奴隷にされる。妻と子供たちに再び会うために、彼が生き抜いた11年8カ…

これは“奴隷制度”という大義名分を得た瞬間、人間は同じ人間に対してどれほど非人間的な行動を取れるのかを暴いた物語であり、同時に、12年もの間、「いつか夜は明ける」と信じ続けた男の希望が、絶望の暗闇に打ち勝った奇跡を私たちに体験させてくれる、感動の物語である。 家族と幸せに暮らしていた男が、突然、財産も名前も奪われ、奴隷にされる。妻と子供たちに再び会うために、彼が生き抜いた11年8カ月と26日間とは──? 実話だからこそ、<生きる>想いに魂を揺さぶられる、衝撃の感動作。

「それでも夜は明ける」に投稿された感想・評価

tetsu

tetsuの感想・評価

4.0
「ムーンライト」で、黒人にスポットを当てた映画に興味をもったので、遅ればせながら、鑑賞!

黒人差別、黒人奴隷について描かれた作品であり、重たい内容ではあるが、当時の状況を知るという点で、観るべき作品だと思った。
(脚色はしているかもしれないが、一応、原作は実話なので。)

奴隷制度とは関係のない黒人が、突然、奴隷になる展開は、観客にとって感情移入しやすく、理不尽さがとても伝わった。
今でこそ、人種差別はすべきでないと考えるが、その頃の社会の価値観で生きていれば、自分も無意識に差別をしていたのだろう。と考えると、ゾッとする。
また、現代社会でも、自分が無意識に"正しい"としている誤った価値観もあるかもしれない、と考えさせられた。

個人的には、終盤の展開は、実話とはいえ、やや、唐突で、主人公にとって救世主となる役を製作に携わるブラッド・ピットが演じているために、逆に薄っぺらく感じてしまうのは、残念。
むしろ、ベテラン俳優(例えば、マイケル・ケインや、レイフ・ファインズなど)にあの役を任せるべきだったと思う。

ただ、ブラッド・ピットが「ムーンライト」 でも製作などに関わっており、どうして彼がそこまで黒人を主役にした作品にこだわっているのか、気になった。
2018年 134本目

評価して5段階の☆を付けるような映画ではなかった。ずっとclipしてたんだけど、黒人差別、それも奴隷売買の映画を見るのは本当に胸が痛むから敬遠してきたけど、1回は見なければいけない映画。特に黒人差別に縁がない日本人だからこそ、この現実を知り、考える必要がある。
自由黒人(こんな制度というか、身分があるのは初めて知った)として生活していたソロモンが突然、モノとして売られる人権などない黒人に。主人公のキウェテル・イジョフォー含め、この映画の役者たちは、出演オファーを受けて即OKを出すのかな。俺だったら、演じたくない というか演じることに耐えられない。
ムチ打ち、強制労働、全てが見ていて辛い。自由なんてどこにもない。所有者の元に従事するだけの、ヒトではない何か。セリフがなく、表情で訴えかけるシーンが多いのが印象的で、ラストの方の、ソロモンがカメラ目線になる場面は、この映画を見ている全ての人に、あの時代の現状を問いかけている様な。『ブラック・パンサー』では無敵のワカンダ人だった、これが映画初出演 ルピタ・ニョンゴの演技が、もう演技ではなかった。同じ黒人奴隷が、黒人奴隷をムチ打ちする惨すぎるあの長いカット。同胞を傷つける程の地獄は無い。見てられなかった。
製作陣の1人であるブラッド・ピットが神すぎて神。あの時代に、少なくとも黒人差別に反対してる人々はいたはずだから、もう少し良い方に法律を変えられたはず。って考えてしまうよなぁ。
Sweetie

Sweetieの感想・評価

3.5
非人道的。
所有物として扱い、人権のかけらもない。

序盤のソロモンが連れて行かれる場面。甘い話は怖いなと改めて痛感。

人権とは、平等とは、自由とは。
tommyni

tommyniの感想・評価

3.8
怒りがこみ上げてくる😡
奴隷制度は本当クソ。白人たちが平然と黒人を「所有物」だと言う。全ての人が知るべき、忘れてはいけない恐ろしい歴史だと思う。この映画は凄まじいインパクトがある。主人公は生還出来たけど残された人たちは救われない。ただのハッピーエンドではない。
りな

りなの感想・評価

4.0
鑑賞記録
とても良い映画だった。
最初から最後まで良かった。
実話であるところがまた、、
たたき

たたきの感想・評価

4.1
素晴らしい映画。
けど、見よって9割辛い。心が痛かった。
ポール・ダノにはこれからも薄汚くカサカサ立ちまわっては叩き潰されるゴキブリ役者路線で頑張っていってほしい
R

Rの感想・評価

3.6
2018/08/17
当時気になっていた人と初映画デートで鑑賞。正直デートとしてはおすすめできないが、こんな私でも色々と考えさせられた。奴隷問題を解決することは難しいと思う。
結局その人とはお付き合いせずに終わった。
>|