それでも夜は明けるの作品情報・感想・評価

それでも夜は明ける2013年製作の映画)

12 Years a Slave

上映日:2014年03月07日

製作国:

上映時間:134分

3.8

あらすじ

「それでも夜は明ける」に投稿された感想・評価

tetsu

tetsuの感想・評価

4.0
「ムーンライト」で、黒人にスポットを当てた映画に興味をもったので、遅ればせながら、鑑賞!

黒人差別、黒人奴隷について描かれた作品であり、重たい内容ではあるが、当時の状況を知るという点で、観るべき作品だと思った。
(脚色はしているかもしれないが、一応、原作は実話なので。)

奴隷制度とは関係のない黒人が、突然、奴隷になる展開は、観客にとって感情移入しやすく、理不尽さがとても伝わった。
今でこそ、人種差別はすべきでないと考えるが、その頃の社会の価値観で生きていれば、自分も無意識に差別をしていたのだろう。と考えると、ゾッとする。
また、現代社会でも、自分が無意識に"正しい"としている誤った価値観もあるかもしれない、と考えさせられた。

個人的には、終盤の展開は、実話とはいえ、やや、唐突で、主人公にとって救世主となる役を製作に携わるブラッド・ピットが演じているために、逆に薄っぺらく感じてしまうのは、残念。
むしろ、ベテラン俳優(例えば、マイケル・ケインや、レイフ・ファインズなど)にあの役を任せるべきだったと思う。

ただ、ブラッド・ピットが「ムーンライト」 でも製作などに関わっており、どうして彼がそこまで黒人を主役にした作品にこだわっているのか、気になった。
Zoe

Zoeの感想・評価

3.5
奴隷になったバイオリニストの12年。
映画は歴史を学ぶ、観る教科書。

英題『12 years a slave. 』
12年という題の割には、
ほんの数年の話のように見えるのが少し残念。


ただこれがあの自由の国アメリカで、
本当に起こった話なのだと思うと考えさせられる。

黒人差別が根強かった時代、
東部では綺麗な服を着て、白人の人たちにも尊敬される自由黒人の主人公。
そんな黒人の身分があるのも知らなかった。

借金返済のために、奴隷を売り買いする。
背中を鞭で叩かれる。

カナダから来た白人男性に手紙を託し、
友人が助けに来るところ、安心で腰抜ける思いだろうな。
re

reの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

自由黒人として、家族ももち普通に暮らしていたのに、ある日騙されて奴隷として働かせられてしまう。
でも頑張って故郷にもどります。

なかなか辛いお話です。
PonPon

PonPonの感想・評価

4.0
涙も出ないくらい胸が苦しくなる作品。
恐ろしい。
同じ人間なのに、時代によってはこんなことがまかり通るとは…
oknogood

oknogoodの感想・評価

4.8
驚いた。
人が売買される時代と場所がつい最近、本当にあったのだ。それが常識当たり前とされていた。
もちろん知識としては知っていたが、生々しく見せられ、衝撃だった。
母親と子は別々に売られ、母親が買われた先のお金持ちマダムが「諦めなさい」と悪気なく言ってしまえる世界が当たり前だった、そんな社会がつい最近あったのだ。そして、それはいまの私には考えられない。という衝撃。
人間の常識なんて本当にアテにならない、いくらでも非情になれてしまう怖さ。
人間であることの怖さ。
emmakuso

emmakusoの感想・評価

3.5
黒人奴隷版のショーシャンクの空に的な…(実話)
にしても邦題がこれじゃなんの映画か分からんやんけ
木に吊るされてる間の長回しのシーンが印象的
のびこ

のびこの感想・評価

3.5
【所有物】だの【家畜】だの差別用語の数々に、リアル過ぎで目を背けたくなるシーン。でも本当にあった事なんだよなー。と考える作品。

人は生まれながらにして平等。こういった教育を今まで受けてきて、それが普通で当たり前の考え方になってる私達。(全員がそう思ってるかはわからないけど。)
そう思えるのはこれが実際にあった
「絶対に繰り返してはいけない歴史」で、
「間違ってる人権の扱い」と先人達が後世に運動を働きかけてきた努力の結果なんだと思う。

最後は自然に「ソロモン…良かった…!泣」と呟いてしまいました。
M

Mの感想・評価

4.0
黒人奴隷制度の時代を描いた映画。目を背けたくなるような残酷なシーンも度々あるが、同じ誤ちが二度と繰り返さない為にも我々は歴史からあらゆることを学ぶべき。
ふうま

ふうまの感想・評価

4.8
黒人奴隷の実話の映画です。
映画で描かれていたことが、150年前のアメリカでは本当にあったということが信じられません。そのくらい残酷な出来事です。
これを見て、黒人奴隷の知識を深めることになりました。勉強になりました。
>|