菊とギロチンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

菊とギロチン2016年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:189分

あらすじ

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。…

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。 「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、師と仰ぐ思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。 「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

「菊とギロチン」に投稿された感想・評価

のら

のらの感想・評価

4.6
生きることのやりきれなさを。

あたしも、つよぐなりてえええ!
aiueo

aiueoの感想・評価

-
女相撲がこんなにたくさんの問題を照射するとは。
震災から始まるこの映画にものすごく現代性を感じるところが悲しい。
Zhenji

Zhenjiの感想・評価

3.7
性別、人種、主義などで差別された人が力強く生きた時代を史実ベースに描いた物語で、当時の描写にとても説得力がある。地位の低かった立場もなんのその、女たちが強い意志と凛とした美しさで輝いている。
ai

aiの感想・評価

4.0
すごかった…。「もうお腹いっぱいです」って言ってるのに次々と流し込まれる映画体験。正直、上映時間は長いし、どこを向いても地獄で辛いのに、目が離せない。真剣勝負の相撲、歌と演説と朗読、そして暴力。それぞれの力がすごい。大正は15年で終わることと、シベリア出兵について知っておくと良いと思う。全編手持ちカメラなので、苦手な人は要注意。それと、1箇所だけ性暴力シーンがあります。
若いなぁ、熱量がすごい
女相撲の話だけで良かったんじゃないかって気もするけど、本題を語るにはギロチン社が必要だから仕方ないのか...

どんな時代でも男達は夢見がちで、女達は現実と闘っているのかもしれない。
そんな気がした映画でした。
(2018年劇場98本目)
(2018年通算179本目)
韓英恵さんがとても素敵だった。
スクリーンに映る全てが青かった。しかし長い。
長い…長過ぎる…言いたい事は分かるが詰め込み過ぎかな…個人的には前半だけで充分だと思った。後半は陳腐…ただギロチンの行動力は今の時代には無いもの。
さまざまなテーマ、メッセージがある映画ですが、それは他の人に語ってもらおう。私にとっては優良な恋愛映画でした。あの嘉門洋子の凛々しさにびっくり。渋川清彦さん、川瀬陽太さんも相変わらず素晴らしすぎます。出演者全員がイキイキ、キラキラしてた。
ri

riの感想・評価

2.5
今を映し出す鏡のようなところを、ひとつの要素として目指しているのだろうとは理解はできても、21歳女子大生、響きませんでした。

世代の隔たりってどうしてもある。悪い意味ではなく、事実として

手放しに称賛する作品ではないけど、きっちり魅せてる。アナキストと女相撲、この時代にこの題材で、この熱量の作品を残した瀬々監督に感服!
>|