菊とギロチンのネタバレレビュー・内容・結末

菊とギロチン2016年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:189分

3.8

あらすじ

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。…

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。 「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、師と仰ぐ思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。 「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

「菊とギロチン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・瀬々敬久監督といえば、私は『ロクヨン』『友罪』しか観たことなかったけど、この2作は大手企業の製作委員会とかジャニーズが絡んだ商業映画。かたや昔はピンク映画を撮ってたこともあったり、最近では紗倉まなが書いた小説の映画化なんかもしてて、手懸ける映画の幅の本当に広いこと!そんな、「なんでも撮れる職業映画監督」みたいなイメージがあったんだけど、本作は、監督が本当に作りたくて作ったという作品で、スピリット・熱意がめちゃくちゃ伝わってすごくよかった!

・テーマはもうめちゃくちゃわかりやすくて、とにかく「不条理な世界に抗って、自由を必死に手に入れようとする」話。いま、国内外問わずみんなが共通して抱えている問題があると思ってるんだけど、それとリンクしてる。良い。さらにそこに「ギロチン社」と「女相撲」という題材が出てくるんだけど、特に「女相撲」という題材は新鮮でそそられる上、歴史的背景の面白さ、映像面での面白さ、さらに本作のテーマである「自由への渇望」にも深くマッチして、とにかくよかった!

・さらに「女相撲」の話。相撲興行のシークエンスにしっかり時間使ってて、女力士たちの迫力や、観客の興奮、会場の熱気がすごく丁寧に描かれていてよかった!相撲観戦の経験はあまりないから偉そうなこと言えないけど、プロレス観戦は昔よく行ってて、その時に感じた「つい選手に声援を送りたくなってしまう感じ」がしっかり描かれてる!臨場感!

・世の中のすべての抑圧から解き放たれる、一時の歌と踊りのシーンはとんでもなく輝かしい!

・本作、日本映画界を支えるバイプレイヤーが多数出演しているのも見どころ。あまり邦画をたくさん観ているわけではないのだけど、渋川清彦は今までで一番よかったし、宇野祥平があんなにかっこいい演技をしているのは初めてみた!その他にも川瀬陽太とか他多数!どういう経緯でキャスティングされたのかはわからないけれど、今の邦画界を支える瀬々監督が魂込めて撮ろうとした作品に、これまた邦画界を支えていふメンツが集まるっていう事実が、それだけでアツい…!

・めちゃくちゃ下らないことを承知で書くけど、大次郎が菊の旦那に決闘を挑むところで、ドラえもんが安心して未来に帰れるようジャイアンに決闘を挑むのび太を思い出してちょっと笑った。笑
みんなが喋る言葉が着飾ってない。生身で来る感じ。重い。こっちも頑張らなきゃいけない。

人物のセリフから、演技から、もう一つのドラマが浮かび上がる。一つの映画を見ているはずなのに、もう一つの映画を見ている。得。


東出くんと韓英さんが月を見る。
すごく切なくなったけど、安堵もする。
セリフが聞き取りづらいシーンがあり、?っとなるが、3時間ダラける事なく見る事ができた。

面白いが、ん?となる所も多々。

盛り上がった熱量が不意に冷める瞬間が。

そこが勿体無いなと思いつつも、最後まで楽しめた。
この時代背景の天皇及び国雰囲気がとても苦手というかやっぱり暗い歴史という印象が強いため、十勝川がボロボロになって天皇陛下万歳って言わざるを得なかったあのときに涙出そうになった。
別に右とか左とかは自分にはないけど、あーいうのはやっぱり間違いだなぁって感じる。
こういうこと日本に昔確実にあったのだと思うとそういう面ではやっぱり好きになれないなぁ
スポンサー会社などという後ろ盾がなくクラウドファンディングで作られているだけあって、監督が表現したいことがストレートすぎるくらいに映し出されていた気がする。
あと、この映画が初主演初演技?かな?
新人の木竜さんって主人公の人が有村架純と吉岡里帆を足して2で割ったみたいな顔してて、かつ演技もとっても上手かった
花菊の置かれてる環境と、心持ちから最後のおら相撲がしてぇという言葉がきてて、その一連の演技にめちゃくちゃ魂こもってた感が強かった。
情けないテロリスト映画

ギロチン社の映画は2作目だ
やはりテロリスト集団と呼ぶには情けない
彼女は彼のどこに惹かれたんだろう

ギロチン社の方はなんかうまく入り込めなかったけど、
女相撲の方はとても良かった
木村さん目当てで鑑賞!が!
ほとんど前半部分のみの登場…笑

内容は女相撲と若き革命を起こそうとしている集団達の話だけど、ほとんど全編女相撲のメンバーにスポットが当たっていた。
これもまた女社会が表れてて面白い

でもやっぱり3時間は少し長く感じたかなぁというのが正直な感想。

強くなりたい、変えたいってのは激しく同調。
大災害の後の不寛容な時代の話って意味で現代にも通じる青春群像劇。

ギロチン社も女相撲も知らなかったけど、理想を掲げながら日々を無為に過ごしてしまう男たちと、現実に気丈に立ち向かうも家父長制社会に飲み込まれてしまう女たちの姿は現代人が見ても共感できる。
キャストはみんな絶妙に昔の匂いがする顔の人ばかりで演技も素晴らしかったし、大杉栄や、正力松太郎などの有名人の登場でもおおってなるし、三時間目が話せなかった。

女たちやアナーキストや少数民族ら、当時の弱者たちだけに寄り添った目線だけじゃなく、シベリア出兵した在郷軍人たちの暴走の裏側にある苦悩なども描かれていたのも興味深い。


強くなりたいっていうセリフが何回も出てくるけど、じゃあ強さとは何か?相撲で勝つこと?花菊の旦那みたいに力で女を黙らせること?在郷軍人会みたいに朝鮮人を弾圧すること?ギロチン社みたいに敵対者を暗殺すること?大さんや鐡みたいに爆弾を作れること?

逆に弱さってなんだろう、旦那に逆らえないこと?身体を売って生きるしかないこと?虐殺されてしまうこと?要人を暗殺できないこと?権力に負けて好きなことができないこと?権力に殺されてしまうこと?

この映画でははっきり答えはないけど、でも譲れないくらい打ち込めるものがあること、変わらない信念があること、自分たちの非を認められること、が強さかなと思って見てた。あと、極限状態でデマに流されちゃうのははっきり弱さだよね。


ラストとエンドロールの登場人物たちの顛末は切ないけど、彼らの犠牲の上にできた自由な社会なんだから頑張って維持していかなければならない。
熱量と勢いが凄まじい!!

とにかく韓英恵さん周りのシーンが印象的。特に「天皇陛下万歳」の所はこの感情を何て表現していいものか。。。
三時間を超える大作。
舞台は大正末期の関東圏だが、戦争の時代の狭間にある僅か十四年間のつかの間の平和の時代、「大正桜に浪漫の嵐」という謳い文句も有ったが、この作品ではそんな気分は微塵も感じられず、地方都市でも軍部と警察が睨み合い、「治安維持」の旗の下に抑圧と排斥が蔓延する不穏な空気一色。

資本家から金を脅し取って遊郭へ...という無政府主義活動家の実態は生々しく、ある種滑稽だが、上記のような現代では考えられない不当な弾圧の連続が示されるため、ワリを食った人々が短絡的な体制の破壊を希求したとしても宜なるかな、という説得力は感じられる。
満足な理非判断基準を備えられるような学識を得られず幼少期より愛国を刷り込まれ、己がちっぽけな身でも大任を果たせるという虚栄心でもって短絡的な暗殺に至る。
思えば、この十数年後に起こる血盟団事件と比べても、イデオロギーの方向性の違いこそあれ、その根は同じではないだろうか。

常に不穏な空気が漂っているからこそ、つかの間の幸福、砂浜で皆で歌い踊っているシーンはとても眩しい。
自分たちを上から押し付ける有象無象の圧力に抗しようと奮戦し、果たせず敗れ、それでも起ち上がる。そんな濃密な決意のこもった一品。
余韻というか爪痕がすごい。
圧倒的な熱量と迫力で、ずっと苦しかった。つまらないからとかじゃなくて、なぜか、早く終われと思ってしまった。でも、終わっても、全然この映画のことが頭から離れない。扱われてる大正時代のこととか、無知すぎて終わってすぐ調べた。

関東大震災、飢饉、戦争、朝鮮人虐殺で、不安で不穏な雰囲気の時代に、革命を起こそうとするアナキストグループの青年たちと、それぞれ色んな思いを抱えた訳ありの女相撲力士たちが出会う。
権力に抗おうと戦う同志として、形は違えど共鳴し影響をうけあっていく。

重たくて痛々しくて本当につらいんだけど
アナキストたちのエネルギーが、なんか、熱い画面にさせていくんだよなー。
まるで革命家のようでその堂々とした振る舞いが大物感すごいんだけど、その実何もしてない鐡。
どこか主義者になりきれなくて、仲間や主義のためには今一歩踏み出せないけど、最後には好きな女の子のために一皮むける大次郎。
朝鮮人が虐殺された時代に生き延びた朝鮮人で、女力士として戦いながらも身体を売ることをやめられない十勝川。
そして百姓の家に生まれ、夫からの暴力に打ち勝つために女力士になった花菊。

全編通して権力とか暴力、理不尽の象徴のような警察や自警団だけど
十勝川を尋問に連れ出した先で鐡たちとつかみ合った時、互いの主張をぶつけ合う
なんのために連れて行かれたのかわからない戦争でなんのためかわからず戦った
敵のような相手にも正義があり
目指す方向は一緒なはずなのに誰かを敵にして楽になりたくて
そんななかで十勝川が叫ぶ天皇陛下、万歳、、、、
この世の色んな歪みの縮図を見てるようで。

敵じゃない、共闘するんだ
弱いやつはずっと弱いまま
強くならないと何も変えられない、、、
すべての人が不安のさなかで
闘い、生きようと必死でもがく姿がこれでもかってくらい映されてる。

東出くんの朗読が刺さりまくる。
漫画の表現にも生かせそうな演出がたくさんあって、面白かった。
ナレーションの入れ方とか。
ただ少し叫びすぎな感はあった。笑
観てて聞いてて、若干シンドい
みんなずっと怒ってたけど
それは映画に懸ける想いの熱さが溢れでたからなのか
あの時代の人はみんなホントにあれくらい、パニクってたのかな?笑

忘れないために点数5。