ボヘミアン・ラプソディの作品情報・感想・評価・動画配信

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿された感想・評価

トム

トムの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

評価が高かったので観てみたが、クイーンはほとんど知らないので
あまり感動はできなかった。
若くしてなくなったのは残念だった。
観て良かった!

こんなバンドが現れたら間違いなく推すだろうな。ロックて良いなあ、Queenて良いなあてなる。

メアリーの強さは素敵だなあ。
Air

Airの感想・評価

4.2
最後はLIVEをずっと観ているようだった。
私が生まれた時には、もう亡くなっていたひとの映画と思うと不思議な気持ちになる。

活力に溢れていて、どこまでもエネルギッシュだった。
akira

akiraの感想・評価

4.5
友達と家族、愛
クイーンの歌詞よく分からんなぁと思うこともあるけど、自分なりに解釈すればそれでいいのかも。
いろんな憶測があっても本当のことは本人しか分からない。いい映画みたいに各々解釈があって有力な説が出てきて、やがて正解があるみたいな雰囲気になるけど、そのせいで楽しめなくなったら悲しいな。
変に引っかかるシーンやセリフがあって、たぶん自分と重ねちゃって婉曲して考えちゃうこともあるけど、自分は今ここが不満なのかとか悩んでるのかとか気づくキッカケになってるし、それでいいやと思いました。
何年かして別の解釈が生まれるとそれはそれで面白いし、やっぱり楽しい!
普段はあんまり
ロックを聴かない私でさえ
不思議なパワーを感じられる

思わず体が動き出したり
笑顔になってたり
ぐんぐんロックの世界に惹き込まれた。

そして、気がつくと
いつもはバラバラな脳と心が
がっちり1つになっている感覚を
全身で感じられるような
そんな映画でした。

音楽ってやっぱり
すごい。
そしてあの時代の音楽って
神がかっている気がする。



おしまい。
Yui

Yuiの感想・評価

4.2
この映画を観ると4人揃っていたあの時のQueenをリアルタイムで推していた人達の事が羨ましくなってしまう。正に"伝説"を推している感覚だったのではないかと思う。

まず本作はキャストの気合いの入り方がすごい。主要キャスト4人全員本人の様な憑依っぷりが素晴らしい。ブライアンメイなんか最早本人かと思うぐらいにそっくりだし、演じたグウィリムリーはブライアンの細かな癖まで完全再現していたらしい。ライブエイドのシーンはラミマレックにフレディの魂が降りてきているかのような再現度で、当時を知らない私でさえあのシーンは感動で目が潤んでしまう。当時から追いかけているファンの感動は想像を超えるものだろうなと思う。

メンバーの魅力はもちろん、それ以外の登場人物も魅力的な人が多くて、フレディの家族やフレディを支え続けたメアリーオースティンにジムハットン、彼らのお陰でフレディはたくさん救われたのだろうと感じる。この人達が素晴らしい人なだけに悪役サイドの腹立たしさが非常に際立つ!

病院の廊下でエイズ患者の青年に「エーオ」と声を掛けられ、フレディが「エーオ」と返してあげるシーンが1番すき。すごく短いシーンだけど彼の生き様全てが詰まっているような気がして。青年を演じた役者さん、台詞は一言だし30秒にも満たないぐらいの出演時間なのに観る者の心を掴む完璧な演技だった。

私のようにQueenをあまり知らなかった人も、ずっと応援し続けてきた人も、それぞれがいろんな思いを巡らせて楽しめる作品だと思う。映画館で観れて良かった!
映画館での観賞後に「応援上映行きたかったー!!!」となったのを、今回テレビ放映を観ていて思い出した。
フレディが電話しながらテーブルランプを点滅させるシーンが寂しくて好きです。
本当に知らない曲がない事に驚き🥲生前に作った曲が死後に作ったようで感慨深い。
tonechi

tonechiの感想・評価

4.2
バンドの事何も知らなかったけど、最後のシーンは圧巻だった
メアリーとの絆を強く感じた
たか

たかの感想・評価

4.3
面白かったと思います。
最後のライブのシーンは圧巻です。
We Are The Championsのシーンでは自然と涙が出てきました。
>|

似ている作品