ボヘミアン・ラプソディの作品情報・感想・評価

上映館(6館)

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿された感想・評価

sai

saiの感想・評価

4.8
やっと観れた…
ただただクイーンがかっこよすぎる。

差別、失恋、迷走、衝突、病、これらの様々な困難を乗り越えて、天才フレディーマーキュリーが見た景色は最後のライブシーンに凝縮されてる。

全然洋楽知らない自分でも鳥肌と涙が止まらんくなる。紛れない名作。
kenta

kentaの感想・評価

4.0
Queenが大きくなっていく光と、反面孤独に落ちていくフレディの影。最後のライブシーンはシビれた。
MassDisk

MassDiskの感想・評価

4.3
立川の極上音響上映にて。

正直クイーンについては一部の曲しか知らず、フレディに関しても「坊主頭で口ヒゲが特徴的なボーカル」という印象しか持っていませんでした。この映画を観てはじめてフレディにロン毛の時代があった事を知り、ボヘミアン・ラプソディがいかに新しい曲かを知り、ライブエイドというロックコンサートが開催されていた事を知り、終わった頃にはクイーンの虜になっている自分がいました。サントラをヘビロテしています。

一見キラキラしているスーパースターでも悩みや苦しみを抱えているのが分かり、より人間味を感じたのも魅力の一つかもしれません。
見所はやはりクライマックスのライブエイド。音響関係もあり、クイーンが確かに「そこにいる」と錯覚するレベルでした。

たとえフレディ・マーキュリーやクイーンについて知らなくても最高な楽しめる、そう断言出来ます。
なかむ

なかむの感想・評価

4.0
ラストのライブパフォーマンスの再現性がすごい
奥さん役のルーシーボイントンが可愛いし本当にいい役
shiho

shihoの感想・評価

4.3


Queenそんな詳しくないからなぁ、、
と映画館で見なかったけど評判良すぎてDVDでレンタルしました

死ぬほど後悔 大音量でスクリーンで見たかった
Queenファンじゃなくてもただただストーリーだけで楽しめるのに、音楽が良すぎてもうたくさん泣いてしまった
見終わったあと色々クイーンについて調べちゃってもっとみんな私に上映中ゴリ押ししてよ!といいたくなったけど、ゴリ押しされてたわと、、、笑
フレディの人生、クイーンの音楽性どちらもざっくりとしか描かれていなくて入り込めなかった。音楽だけで感動できるのに、他の人が音に合わせて動く映像を見る必要はない。ライブ・エイドのシーンでは、さらにそれを強く感じた。観客もCGっぽくて不自然で違和感半端ない。
音はやたらいいのに本人映像が見れないって凄い焦らしプレイだった。
おそばせながら鑑賞。
最高でした。
飛行機の中で2回見てしまった。
見るたびに発見がある。
クイーンの事をあまり知らなかったが
この映画を観てファンになった。
ajinoriman

ajinorimanの感想・評価

4.1
素晴らしい映画。
何故ぼくは劇場で上映している時に、劇場でこの映画を観なかったのだろう。
出来れば大画面で高音質の空間で女王陛下様たちを拝みたかった。

フレディが孤独のどん底から、家族がずっと傍にいたことに気付き、Queenが最盛していく。
どれも心胸打たれたシーンだ。

最後のライブシーンは映画史に残る完成度だと思う。
映画を観た後にLIVE AIDの実際のシーンを観たけど、再限度が凄かった。
フレディの独創性が放たれる迫力を演者たちは存分に出せていた。

そうはいっても、実は僕が一番好きなシーンはバイツァ・ダストを作った時のシーンだ。
険悪なムードで口論している時に、ジョンがベースで独特なリフを奏でているのを聞くと、「ちょっと待て。中々良いリフじゃないか。そのまま続けろ」みたいな感じで、いきなり皆でそこから曲作りに入り、名曲を完成させた。(圧倒的家族感)
Queenが破滅に向かいかけている先駆けのシーンなのに、少しクスッとした素敵なシーンだと思う。

この映画は何回でも観たくなる映画ですね。
リピート率が高い映画だと推察します。
そして僕は明日から間違いなくQueenの楽曲をヘビロテすることでしょう。

最近良い映画をたくさん観れている気がする。
とっても充実。満足満足です。
MieOzaki

MieOzakiの感想・評価

4.0
超音響の良い大画面の映画館でもう一度みたい。Freddie Mercuryの魅力、Queenの素晴らしさが良く描かれていてますますファンになる映画。
まほろ

まほろの感想・評価

3.5
Queenの活動期間は大体フレディーの死去までの20年くらい。でも、映画は2時間程でぎゅっと詰まっとって10年も経ってないように感じた。役者が変わらないしそりゃそうかもやけど笑

ノンフィクションとは言わないけどモデルがいるにもかかわらず、キャストがそれぞれ引き立ってて独立してるね

観るまでそこまでQueenというアーティストを知らなくて、、街中で流れるあの聞き慣れた音楽はqueenの曲だったんだ〜って。鳥肌ぶぁーってなり、あっとゆう間だよ

壮絶で孤独で疎外感でフレディーをはじめ、皆んなを抱きしめてあげたいと思いました←何やこいつ
フレディーを孤独にしすぎです。
このクオリティーで約2時間に収めたのも凄い
惜しくもカットの場面もそりゃあるやろな
>|