希望のかなたの作品情報・感想・評価 - 6ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

じょー

じょーの感想・評価

3.7
社会的な問題をコミカルを交えて伝えている。

しかし、温かい人たちの描写が素晴らしい。
そして、自分の意思を持って生きてゆく大切さを強く感じる。

とても不思議に感じたのは、温かい人たちが、彼や彼女の意思をしっかりと尊重した上で、しっかりと人に向かい合い、力を貸していく姿だ。

日常では、自分の知る価値観の中でしか人を評価できないような人が目につく。
日本のマスメディアがそうだからかもしれない。
人の幸せに寄り添って生きる為には、まずはその価値観を受け入れて成り立つということを教えてくれている気がする。

自分に寄り添ってくれる人を見つけるには、まずは自分が寛容になることが1番大切なんだろうね。
あとは、自分がしっかりとした意思をもって生きることが人生を生きるということなんだろうね。
Minamena

Minamenaの感想・評価

3.4
難民のリアルが見れました。
実際映画に出てくるような良い人はいるのだろうか、、
mats5050

mats5050の感想・評価

3.6
考えさせられるテーマを 静かに重くなりすぎない感じにまとめてる
なかなか自分好みだった
KUMA

KUMAの感想・評価

4.0
アキ・カウリスマキ監督の難民をテーマとした映画。

とてもデリケートで難しい問題。
だからこそフォーカスされる人々の優しさ。
つっけんどんに見えるけど、押し付けがましくない優しさが心地よいです。

ときおり流れるブルーズが切なさを呼び起こします。
たく

たくの感想・評価

3.5
冒頭、貨物船から現れた黒塗り炭鉱夫みたいな男に続いて奥さんと何かあった冷たそうなおっさん。この二人がどう交わってくのか?っていう話で、政治的なことは分からないけど人々の善意と家族愛の連鎖でほっこりするんだよね。

おっさん、だてに年取ってないからここは任せろ的なこと言っちゃうのがジャン・ギャバンみたいで超カッコ良かった!
捨て犬への最初の冷たい素振りがフリになってるのも上手いね。

フィンランドに日本的要素が出てくるのは「かもめ食堂」思い出した。
アキ・カウリスマキ監督超久々!
お気に入りアキ・カウリスマキ監督の新作だが、期待裏切らない出来で観入ってしまった。主題の難民問題は声高に叫ばないからこそ伝わり考えさせられる。他のカウリスマキ作品同様、希望を微かに心に秘めた不器用な人物ばかりが出てくるが、皆惹きつけられるから不思議だ。‬
どんな国の人が食べても
おいしいスープが
つくれたらいいな

キャベツとベーコンとじゃがいもを煮て、やわらかくなったら、バターをひとかけらおとして黒胡椒をひく

ベジタリアンならベーコンを抜きで
これ第一候補

あー けど
丸ままチキンのスープも捨てがたい

Kiitos,paljon kiitoksia,
Aki Kaurismäki!
Okuraman

Okuramanの感想・評価

4.0
カウリスマキ厳しい。かなたというより向こう岸という感じだった。
ソニー

ソニーの感想・評価

2.0
こういう感じの映画は、苦手だな。盛り上がりもテンポもないし、、、
面白い映画なの?と聞かれたら「好みじゃないな」とだけコメントするかな。
ただ、「山田孝之は出てたぞ」と付け足す。
113
タビ

タビの感想・評価

4.0
「アレッポを忘れるな」
2016年12月19日にロシアのトルコ大使が射殺された事件がありましたね。
犯人はこう叫んでいました。

この映画を観てこのニュースを思い出しました。難民って私には遠い国の話しだなぁと、思うだけ。けど、難民の方達や受け入れる国があるわけで、それを嫌がる国民もいるわけで😓

この映画では皆んな淡々としていて押し付けがましい優しさじゃないのが良い。
ただ、警察や入国管理局は冷たい感じがして嫌だった。また、ネオナチの奴らはなんやねん😤お前らも難民になってみろ!そしたらそんな真似出来ひんやろ!と憤ってしまった。
けど、こう言う場面を描くことによって、きっと今の情勢を如実に表しているんだろうな。

「私はダニエルブレイク」もそうだったけど個人の力ではどうする事も出来ない事って結構あるよね。
私はそう言う映画を観ると憤って仕方がない。うーむ😖

レストランのオーナーや従業員達がトボけた感じで良かった。スシは頂けないけでね😅

ラスト、カーリドはどうなるのかな。妹は?と色々考えてしまった。余韻が残る良い映画でした。

ワンコ可愛い、癒しだ😊
あ、カーリドは確かに山田孝之でした😆