万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

taketakeso

taketakesoの感想・評価

3.5
淡々と物語が進むが、いつのまにか感情移入してしまい、心に残る。
家族とは一体なんなのか。
それぞれの役者さんの演技も印象深い。
Emi

Emiの感想・評価

3.5
家族とは?を真剣に考えさせられる映画。樹木希林の演技に拍手。シリアスで重いテーマだけどユーモアも交えてた作品で、善悪を問いただす素晴らしい作品。
honoka

honokaの感想・評価

3.1
本当の家族ってなんだろう。
最後あたりで明らかになる家族。

とても重い話だけども落ち着いて観られる。
結構好きだった、ちょっとホラー入ってるというか、そういう感じが好き
よん

よんの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

めっちゃ良かった。
とりあえず記録として感じたことを

・例えば映画と同じような事件が起こったとして
俺らが見るのは報道されてるところからでしかなくて
そうなるとあの「家族」はどう見ても異常。
だから誰もあの「家族」の生活や絆を想像しないし、できない。
俺は女刑事が死ぬほど嫌いだったけど、あれがいわゆる「常識」なわけで。
背景を知らなければ報道も、一般人も同じような疑問を抱くだろうし同じような言葉をかけてしまうという危険性は絶対に忘れちゃいけない。
あの女は作品上は悪だけど、イコールで普段の自分達の常識だと思った。

・最終的には色んな嘘とその場しのぎで出来上がっていた「家族」だったけれど
裸のシーンが多かったのが
嘘のない絆を表してるような気がした。
だらしないけどまっすぐでありのままな関係。

・松岡茉優と池松壮亮の絡みがなぜか異様に印象に残ってる。
あの「家族」は、「傷」が見過ごせないんだと思った。心でも、体でも。
自分たちがたくさん傷ついてるから、同じように傷ついている人に気づくし、気遣っちゃう。

・樹木希林の存在感がすごすぎて途中ほんとに嫌いになりかけた。

・捕まってからの安藤サクラの追い上げがすごい。
捨てたのは、他の人なんじゃないんですか って。

・いつだって子どもの言葉はなぜか力がある。
水着を調達するシーンの「叩かない?」と
警察と話すときの「家で勉強できないやつが学校に行くんじゃないの?」はずっしりきたな。

・安藤サクラの刑務所での諦めと
リリー・フランキーの新居での諦めが
もうどうしようもなく辛かった。
血とか、家族とか、外からはわからない色んなもので関係性って出来上がるはずなのにな
なんで気持ちじゃ上手くいかないんだろう。

はーよかった。
Yumi

Yumiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

安藤サクラのシーンがすごくよかった。

「捨てたんじゃない。誰かが捨てたものを拾ったんです。」

擬似家族だったけど確かにそこに愛はあった。
だけど祥太が捕まってから夜逃げしようとしたところを見て絆はあったのか疑問に思ってしまった。

前半は貧困ながらも幸せそうでずっとこの関係が続いてほしいと思わせつつも、後半にかけて家族が中からも外からも壊されていく様が痛々しかった。
テレビ放送で見たせいかあまり入り込めず。リリーはクズ男役がうまい。
むぅば

むぅばの感想・評価

3.9
家族のつながりとはなんぞや、といった内容。

この映画の一家をつないでいるのは"犯罪"だった。

ラスト付近で明らかになる家族のつながり。

それまでの仲良くしていた夏のシーンがなんだか冬の色に……。
安藤サクラさんの演技が素晴らしいかった。あれは母親の顔。

あと子役の演技も、陰鬱ながらどこか純粋な感じですごい!と思いました。

というより、全員の演技が素晴らしかった。夏の日差しの眩しさも、そのあとの冬の寂しさもよかったなぁ
全体的に落ち着いて観れた。
家族構成に違和感を感じ始めた後半から見方が変わってきた。

女刑事さん(?)の言葉きつかった〜
「産まなきゃ母親になれない」ってどうなんだろう、産んだ人じゃなくても子供に母親と思ってもらえたらそれは母親でいいと思う…

虐待ダメ絶対…
iman

imanの感想・評価

-
リリー・フランキーはなにを演じてもリリー・フランキーになるというキムタク化現象をおこす俳優。
でも世間がリリー・フランキー性を求めているから、いつでも彼が演じるおっさんは躍動感がある、フィクションではない。
リリー・フランキーに抱かれたい人生だった。
>|