ジョーカーの作品情報・感想・評価・動画配信

ジョーカー2019年製作の映画)

Joker

上映日:2019年10月04日

製作国:

上映時間:122分

4.0

あらすじ

「ジョーカー」に投稿された感想・評価

Joaquin Phoenixさんの演技の幅を知るなら、本作を始めに紹介すると思います。

なぜなら、本作では喜怒哀楽があるのはもちろんですが、Joaquin Phoenixさん演じる
Arthurは、白塗りに口元から目元までメイクを施しつつ、緊張したら自然と笑みが零れてしまい、人を銃殺したことで殺すことの快楽を覚えてしまうなどと、中々インパクトのある役どころ。
声の使い方がすごい。上手く言えないけど、声がすごい。

上からですが、
難しい役どころや見せ所を上手く表現してる所には「もっとJoaquinの演技が見たい!」と、感じさせる何かがありました。

あんなことがあったり、こんなことがあったりと不運続きで、時には現実から逃避したくもなるもの。
妄想の中で自分を描くままに生きるのには、
どこか私と似てる部分を感じました。

妄想が徐々に現実味を帯びてきて、
中盤くらいから現実なのか妄想なのかどっちを見てるか分からない状態に。

だから、本作を見た方は
「え、分からん。何?」と言う解釈にもなるのではないかと思います。

でも、その答えは全てあのラストが語っていた。

ただ本作は、Bat Manの誕生する何年も前を舞台にした話。

だからなのか、初期状態のJORKERという感じで、頭のキレや賢さみたいなものを特別感じられなかったのが残念。

そのBat Man幼少期のDante Pereira-Olsonくんが可愛かった。
yamak

yamakの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

精神的に疾患を持った、ある意味の社会的弱者が社会に失望してジョーカーになっていく様は、映画の雰囲気も相まって恐ろしいものがあった。しかし個人的には、ごく普通の人がジョーカーへと堕ちていくストーリーのほうが良かったのではと感じた。ダークナイトシリーズと雰囲気も近く、ブルースウェインも登場するなど、ダークナイトシリーズとのリンクも感じた。

このレビューはネタバレを含みます

正直期待していた内容は5分程度しか無かった。
個人的にこの主人公には「ジョーカー」らしい魅力は感じられない。
これも全てジョーカーのジョークであるならばまぁ納得できる作品である。

映画としては飽きずに観られる程度には面白かった。
とろ

とろの感想・評価

3.8
終始鬱々とした雰囲気、少しの歪みが後もどりできなくなる恐怖を感じた🃏
林檎

林檎の感想・評価

3.7
1つの事実でも、立場が違えば異なる真実がうまれる。
正義と悪が逆転さえする。
このテーマは永遠に解決されない。

ただ、理不尽な出来事の蓄積が人を変えてしまう。
愛がなければ人は生きられないと思う。

ジョーカーそのものを演じきられた役者さんに拍手を贈りたい。
印象的な長い階段が格差の大きさを物語るような、
明暗が世界の格差を色づけるような、
印象的なシーンの多い作品だ。
百日紅

百日紅の感想・評価

4.0
これは、ツラい😢🌊
『孤独』の映画
日常の 何気ない悪意が 悲劇を引き起こしていく。
sean

seanの感想・評価

3.8
映画館で2回ほど見た。
ホアキンに対して自己投影して観るのか俯瞰して観るのかで、感じ方が変わるような作品。

作品の合間に長い階段をどう上り下りするのかが主人公の感情やストーリーの流れを比喩してて、最後の階段は愉しんで堕ちるに尽きてる。
そーる

そーるの感想・評価

3.9
賛否を生んだ作品。
個人的には良かった。
ただ、心が疲れている時に見る作品ではない事だけはいいたい。

そりゃあの境遇なら社会に世の中に絶望するよね。
"生まれてこの方幸せだったことがない"
それでも"笑顔でいなければならない"
そうするうちに歪んだ精神が形成され、
つもり積もったストレスはついにその心の糸を切らす事になる。

あれだけ罵られ、裏切られ、無視され、除け者にされ、笑い物にされれば
『自分が存在している気がしなかった』と思っても仕方ないだろう、、
見た時期が悪かったのか、自身と重なる点も多くてすごく心を痛めた。

毎回思うのだがゴッサムシティは映画の世界で一番住みたくない街。


アーサーがジョーカーへ変貌を遂げる物語。
ホアキンフェニックスのジョーカーは良かったなあ。
ただ、個人的にはヒースレジャーの方が好みだった。
ダークナイトを見てない方がいれば是非見てほしい。
あの映画は間違いなく後世に語り継がれるだろう。

P.S.
アーサーの衣装や街並み、ブラウン管の質感など
とても良かったです。
あのどんよりとした未来の見えない街を本当にうまく表現したと思う。
TVショーへ登場する際の幕とジョーカーの対比は圧巻としか言えない。
色の使い方が天才すぎる作品なのは間違い無かったな。
鳥マン

鳥マンの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

まずこの映画を見る上で意識しないといけないのは、アーサーが精神病者であること。少しアーサーに対し辛辣な目線で書いてみようと思う。

まずアーサーが壊れていったのは周りの環境が変わったからだと思う。ピエロの仕事を失ったこと、同僚の裏切りなどだ。逆に言えばこれらのことが無ければコメディアンに憧れを持ちながらも生活を続けて寿命で死んでいたと思う。正直ここらへんの変化はあまりにも早すぎてよく分からなかった。しかしアーサーの人生が狂った1番大きな要因は銃だと思う。アーサーは自分自身のジョークに自信を持っており、周りから認めて貰いたい人であった。加えて笑顔の病気のせいで周りから見下される存在であったため、下克上したかったのではないかと思う。その武器となったのが銃だった。
ピエロの仕事を解雇→地下鉄での殺人に繋がる訳だが、おそらくこの時点でアーサーの標的は自分より上の存在であれば誰でも良かったのかもしれない。殺人を通して自分の価値を確認出来るという点ではタクシードライバーのトラヴィスと似通ったものを感じる。
しかしアーサーには地下鉄の射殺の際、発砲に至らなかったケースも考えられる。なぜかというと地下鉄の3人組にボコられる直前、冒頭近くのバスのシーンで黒人女性に見せていた、自分の病気に関するカードを取り出そうとするような素振りを取ったからである。もしカードを見せていたら3人組サラリーマン達もアーサーをボコらずにいたかもしれない。アーサー自身もカードを見せようとしたことを考えると、危機を上手く逃れようとしていたと考えられ、誰でもいいから殺したいというほど危険な考えほど至っていなかったのかもしれない。
それでもあの3人組を殺した後のアーサーの無敵の人ぶりを見るとやはり下克上の意思があったように思える。自分より上の存在に対抗出来ることを知ったからか、自分の行動に賛同してくれる人が多いことを知ったからかは分からないが自分の存在に価値を覚え始める。カウンセラーに対しても自分の存在価値について話し始めたらしている。ここらへんでアーサーは調子付いたのか、同じアパートの黒人女性と良い感じになる妄想をする。どこからどこまでが妄想なのかは難しいがアーサーは妄想の中で大抵他人に認められたがちだと思ったので恐らく


要するにアーサーは精神病を患った狂人である。確かにゴッサムは腐敗して様々な問題があるもののアーサー自身にも問題ありなのだ。ここで一旦ダークナイトのジョーカーについて振り返ってみよう。ダークナイトのジョーカーの恐ろしさは、相手に苦痛や狂気を見せることで相手を悪に染めることである。これを今回の作品に当てはめてみると、ある程度筋の通ったストーリーを見せて視聴者に共感させ、納得させてしまうということだ。もう一度言うがアーサーの思考は色々とバグってる可能性がある。それを見て「みんながこうなる可能性がある」と言ってしまうことが狂気なのではないかと思う。正直この映画は妄想か現実かを意識し始めると、あまり感情移入出来なくなり集中して見れない。それは俺が良い気分の時に見たからかもしれない。
現代社会における理不尽なる闇。
それに翻弄される人間。
日々葛藤しそれでも生きて行く。
孤独感や劣等感 誰しもが持つ感情で
誰しもがジョーカーになり得るよ
そんな社会なのよ
って話。
 
このダークな世界観好きです。
>|