1917 命をかけた伝令の作品情報・感想・評価・動画配信

1917 命をかけた伝令2019年製作の映画)

1917

上映日:2020年02月14日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「1917 命をかけた伝令」に投稿された感想・評価

Koteking

Kotekingの感想・評価

4.4
個人的に走ると言う事には、進むと言う意味と逃げると言う意味が込められていると思う。
今回主人公は、ずっと走っていた。その走っていると言う前に前に進んでいる行為の中で、多くの感情を見ることができた。喜怒哀楽だ。
初めは、友人が行くから、将軍に行けと言われたから。次は、友人が死に、その兄に会うと言う使命から。そして、何度も死にかけ、それでも目を覚まし、宿命と感じ始めたから。

僕は、映画館を出て、今走る理由がない自分が幸せだと感じつつ、なぜか寂しくも感じた。

そして、リアリティを追求したと言う、ノーカット。圧巻だった。ファーストカットとラストカットを揃える。戦争が終わらないと言うことを想起させた。

アカデミー賞はこの作品だと思った。
 オスカー3部門受賞の戦争大作。監督は「アメリカン・ビューティー」や「007」のサム・メンデス。映画秘宝で町山智浩氏と柳下毅一郎氏がボロカスにけなしてたので期待しないで見たが、おふたりほど厳しい批評眼を持ち合わせてない私はめちゃ楽しめました。

 全編ワンカットに見える編集の凄さや、ここどうやって撮ってるんだ的なアクロバティックな撮影とか(川のシーンとか)、そういう技術の高さをひけらかしていると言えばそうだけど、そんなことが気にならないぐらいピリピリした緊張感が最後まで続き、すごいの一言。映画らしい、映画にしかできない作品と思った。2人の命がけの任務をワンカットで徹底的に追うことで観客に感情移入させ、映画に没入させる作りは抜群にうまい。戦場のさなかにいる臨場感は凄いし、まったく見ず知らずの相手といきなり殺し合う戦争の理不尽も強烈に伝わってくる。命をかけた任務を完遂しても、爽快感や達成感が微塵もなく、ただむなしさだけが残るラストは秀逸。

 で、たぶん誰かが指摘してると思うけど、これは実写版RPGだなと思った次第。山あり谷あり川ありトラップあり、敵の攻撃を避け、時には戦って倒し、時には味方の助けを借りて、時には癒やしの場所でHPを補給して、時にはいろんな人に話しかけて目的の人物に近づき、さまざまな困難を乗り越え、ひたすら目的地を目指すという流れはまさにRPG感覚。ワンシチュエーションをさまざまな工夫を凝らして最後まで頑張っていく腕力は大したものでした。いやー面白かった。(2021/3/8記)
はつ

はつの感想・評価

4.3
雰囲気めちゃ好き
ラストかもいいっすね
流石に大佐物分かり良すぎんか?ってとこはあるけど
あと街入ったあたりから急に象徴的になり出した気がする
サムメンデスあるある、クライマックスあたりから急に文学的を実感した
全編1カットって言ってた気がするなぁと思って観てたけど、いや、ほんとにどうやって撮影してるのか分からないところが沢山ある。

最初の方で大きな水たまりを抜けるとことか、途中の橋を渡るところとか、川から落ちるとことか、通常ではカメラが入っていけないような場所から何気なく撮影してるのがすごい。

メイキングを見たくなる映画だ。


追記

メイキング見たら1カットの秘密が分かった。
カメラを受け渡してるのね。
役者もカメラマンも本当に大変な撮影だね、これは。

そして、テイクってどうしたんだろうとか、考えちゃうよ。
yoshimu

yoshimuの感想・評価

5.0
長撮り革命
chiyo

chiyoの感想・評価

5.0
ひさしぶりにとても見応えのある作品だった
自分がまるで主人公とともに使命果たすようなエネルギー使った気分
本当に疲れた
観ていて飽きない迫力と戦争への恐怖、無力感、怒り
家族への思い
ギュッと詰まってる
忘れられない一本になりそう
hisakasahi

hisakasahiの感想・評価

4.0
コテンラジオでオススメしてたやつ
随所に見える景色がすごあ
えりぴ

えりぴの感想・評価

4.0
ひったすら技術に驚いてた
Erika

Erikaの感想・評価

3.9
ずーっとずっと見たいと思っていてやっと見た!2人の視点をひたすら追うカメラワーク、ネズミが床を這うタイミング、敵の戦闘機が突っ込んでくるタイミング、赤ん坊が指を握るタイミング、全てがばっちりで何回リハーサルを撮ったんだろうと、俳優陣やスタッフの緻密な計算と綿密な準備を考えたら頭抱えた🤦‍♀️
>|