truth 〜姦しき弔いの果て〜に投稿された感想・評価 - 3ページ目

『truth 〜姦しき弔いの果て〜』に投稿された感想・評価

SID

SIDの感想・評価

4.0

2022年 堤幸彦 監督

1人の男が 交通事故で死に 葬儀の夜 
都内の一等地にある 男のアトリエに タイプの違う3人の女が集まる
35歳 シングルマザーの 栗林マロン
受付嬢で…

>>続きを読む

ワンシュチュエーション映画。
映画というより演劇。
セリフも演劇ぽい。
なかなか面白かったです。
女性による下ネタや
どうして子供が欲しいのか
てな感じの内容。
佐藤二郎を使ったのはある意味正解。

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

死んだ男が同時に付き合ってた3人の女が男の自宅で鉢合わせて掴み合いの喧嘩したりマウント取り合ったり思い出話したりする話。

性教育的な話多め。

会話してるだけなのに飽きずに見れる。

精子バンクネ…

>>続きを読む

実力派の女優さん(知らんけど)だから見応えはあります。
舞台のお芝居のようなワンシチュエーション。

まぁ小栗君、香川さん達の「キサラギ」には勝てませんけど。
マニアックなとこだとジュード・ロウの「…

>>続きを読む
n

nの感想・評価

3.6
最後めっちゃ笑った
佐藤二朗写真と声がちょっと使われてるだけだったけど、女たちはずっと佐藤二朗のこと話してて、これ多分この役が佐藤二朗じゃなかったら面白くない
私、噴きました
み

みの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最後3人の名前呼ぶところふざけてんのかなと思ったら佐藤二朗なんかい
佐藤二朗を巡って喧嘩してたんだなあと思うとじわじわきてる

いやこれアングラ演劇としては全然アリ。

作り手が観客に「考えさせる」ためには作っていないし、なんなら理解させようとさえ思っていないはず。
ラストもその行為の是非は置いておいて、とりあえずあのシーン…

>>続きを読む
ひでP

ひでPの感想・評価

2.0
2024年01月14日Amazonプライム、無料配信。


「佐藤二朗」で見たけども、佐藤二朗でもない。
女三人劇。舞台のようなお作り。
つまらなかった。
会話もつまらなかった。
アキ

アキの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

三股かけられてた女達が自分達の彼氏が自殺した事で知り合う
最初こそ喧嘩するものの最終的には精子バンクに精子を預けていた彼氏の精子を各人注入して終わり
会話劇、微妙

たまたまアマプラで見かけて観てみたけど、大丈夫堤幸彦!?ってくらいつまらなくて退屈だった。独りよがりな脚本に延々と続く単調な会話劇、安っぽい舞台演技。全てにおいて酷かった。途中から早く終わってくれと…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事