モラン神父の作品情報・感想・評価

モラン神父1961年製作の映画)

LEON MORIN, PRETRE

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ナチ占領下のフランス。田舎町の学校で働くバルニーは、娘の洗礼を機に宗教への興味が湧き教会へ出向く。相手をしてくれたのは若く情熱的で勉強家のモラン神父。ユダヤ系フランス人である彼女は無神論者だったが、モランの話を聞いている内にキリスト教の教義に心惹かれ、やがてふたりの間には仄かな愛情が…。ヌーヴェルヴァーグの監督たちを陰で支えた名カメラマン、アンリ・ドカによるハイ・コントラストのモノクロ映像、激し…

ナチ占領下のフランス。田舎町の学校で働くバルニーは、娘の洗礼を機に宗教への興味が湧き教会へ出向く。相手をしてくれたのは若く情熱的で勉強家のモラン神父。ユダヤ系フランス人である彼女は無神論者だったが、モランの話を聞いている内にキリスト教の教義に心惹かれ、やがてふたりの間には仄かな愛情が…。ヌーヴェルヴァーグの監督たちを陰で支えた名カメラマン、アンリ・ドカによるハイ・コントラストのモノクロ映像、激しさとストイックな要素がせめぎあう演出が画面に異様な緊張感を醸しだす異色作。J ゠ P・ベルモンドと E・リヴァの新鮮な存在感も見所。

「モラン神父」に投稿された感想・評価

撮影だとか演技は申し分なくても、特に編集的な部分?そういうのは予め完成像が見据えられて製作されることによっても研ぎ澄まされるものだと思うが、もっと全編の繋がりが洗練され、淀みのない映画が同時代でも既にある中で、前述のような頑張りが無さそうというか、ゆえにモノローグ頼ったりで進行させてる感じ?とかどうにも感情の流れがスッと腑に落ちなさ?とかを差し置いて傑作、と言える理屈は何なのだろう、これは単に私の勉強不足なので誰かご教示ください
f

fの感想・評価

-
エマニュエル・リヴァ、この時30代半ばだと思うが、セクシーかつ知的かつキュートな魅力が爆発してる。そしてベルモンドの神父は観ているこちらも翻弄されてしまうほど真意がつかめないが、悪戯っぽい瞳がなんともズルイ!
モノクロの画面にすっくと立つ神父や、階段を通して向かい合う2人など、画面が美しい。
あーや

あーやの感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

この日は本作と「いぬ」を2本立てしたのですが、もうね、、ベルモンドにムラムラムラムラムラさせられっぱなしの数時間でした。しかもこの日はクリスマスイブでしたからね。サイレンナーイホーリーナーイを女1人で過ごさなあかんってのに!この溜まった性欲をどこに吐き出したらええねん!なんちゅう仕打ちや!!!と荒れましたね。結果その後2日間精神に異常を来しました。
ストーリーはとってもシンプル。無神論者のシングルマザー(エマニュエルリヴァ)がある神父(ジャンポールベルモンド)を訪ね、神の存在を信じられないと告解する。神父は彼女を非難せず、話を聞いたり本を貸したりしてひたすら彼女の思想に向き合う。彼自ら悪ガキだった幼少期を語ったり、彼女の家まで来て説法するほど真剣に。その内シングルマザーはそんな人間らしい神父に惹かれ、誘惑しかけたり欲を抑えたりと葛藤するようになる。散々ムラムラと葛藤しまくった挙げ句、遂に思いの丈をぶつけてしまう!しかし見事に無言でスルーされ、数日後には何事も無かったようにまた自宅へ説法しに再訪。この瞬間「えー!来たんかい!もうやめて!追い込まないで!どうせベッドに連れ込めないのなら説法しに来るなー!」と私の心も彼女と共に発狂しました。何と言っても台所で薪割りをするジャンポールベルモンドの男らしい姿ったらもうね、、はー。困惑するほど色気大放出!神父姿で頑丈な斧持たれてカーンッと薪を割ってたらそりゃあ疼くわ!!!
ところが別れは突然やってくる。最後の最後まで何にも発散できないまま、神父は淡々と彼女の質問に答えて彼女の頬を伝う涙の理由もろくに問わず、フラフラになった彼女を引き留めることすら無く遂に巡礼へと旅立ったのでした。ヒロインのエマニュエルリヴァと共に私も終始猛烈にムラムラムラムラムラしっぱなし!なんなのよ、ベルモンドったらほんま悪い男!ジーザス!あの色気は卑怯よ!!超ハイパーセクシー!だけど宗教の壁ってねぇ。そう易々と超えられませんね。敬虔な聖職者に惚れるって、金無し職無しろくでなし男に惚れるよりもタチが悪いかもしれないですね。とどのつまり、どセクシーなベルモンドに神父役をさせてはいけません。女がみんな我慢できなくなるからです。セクシーな男が好きなら心酔できること間違いなしのベルモンド映画でした。
メルヴィル らしい演出やカット割りのキレの良さとかがなく、彼の映画にしてはそこまで面白くなかった

神父と彼に惚れる女が主役だからってのと宗教に関する対話とかが主な内容だからか、ギャングものと比べても演出や編集が大人しめだし、かと言って海の沈黙みたく照明とかが美しいと思うような箇所もそこまで多くなかったので、中途半端な印象は拭えなかった

でもジャン=ポール・ベルモントとエマニュエル・リヴァのアンサンブルは良かったし、メルヴィル らしさはそこまでなかったとはいえ長回しを基調とした撮影は後のストローブ=ユイレとかみたいで意外ながら悪くなかったしで、良いところも無いではなかった

しかし直接的にキリスト教とかについて語られると、やはり宗教そのものに興味がないからか冷めた目で見てしまうな
obao

obaoの感想・評価

4.0
@シネ・ヌーヴォ
いやいや、ジャン=ポール・ベルモンドが神父って。こんなセクシーな聖職者はいないし、それも女性との結婚を禁忌とされている神父だなんて…
やっぱりどうしてもいいかげんな遊び人に見えてしまいます。

結婚することを許されない神父と(おそらく夫を亡くしたであろう)シングルマザーの女性との結ばれぬ愛を描いた物語…
なのでしょうが、誰もがベルモンド神父に恋をし、彼も女性のハートを掴む術を知っている。そして、積極的に女性にアプローチのようなことをするのに、いざ女性がなびいてくると「私は神父だ」というような態度で拒む。

これは、恋愛マッチポンプ?恋愛商法?結婚詐欺?

何だかイライラする(笑)。その日劇場に来ていた知り合いの女性も「腹立つ」と。
でも、それが面白いのですよ・・・ね。

シングルマザーを演じるのは、『愛、アムール』や先日観たばかりの『ロスト・イン・パリ』に出られていて、今年の初めに亡くなられたエマニュエル・リヴァさんだったのですか。「女優さんが良かったね」と、その日もみんなで言っていました。

触れることの出来ないふたり。しかし、彼女の影は彼に触れている。
その演出が悲しくも美しかったなぁ。素晴らしいです。

【ジャン=ピエール・メルヴィル監督特集】にて
特に何も起こらないのだけれど不思議な余韻が残る映画。神父と主人公の会話、彼女のナレーションが印象的。
K2

K2の感想・評価

4.2
禁忌と戦う緊張感に包まれるドSとドMのストイック神学作品。

無神論者であるためキリスト教神学に対して挑戦的に接するも引き出される興味に徐々に理解と信仰を深めていく女と、寛大で時には厳しく接する神父。

モラン神父の寛大真摯な姿勢と時に突き放すような飴と鞭はそこはかとなく甘いルックスと合わせて意識せず女性を虜にしてしまう罪深いもの。自分に対する姦淫未遂の罪を自分に懺悔させるさまなんかはカトリックの禁欲的な雰囲気も相まってある種のプレイにしか見えない程魅惑的な雰囲気。斧や包丁に表される緊張感は流石。

キリスト教全然知らないけど一神父とはいえ説教の時に腕組んだり世話係という職へのちょっとした偏見とかは少し気になったけど昔の悪ガキ感みたいなものが出てるのかな(?)

序盤で「窮地に陥った時に神にすがるのは信仰ではなく現実逃避」ってサラッと言われちゃったら『沈黙』のAガーフィールドも即死しちゃう。
ガラス越しに映る強制退去のシーンがお気に入り。
ベルモンド、+愛アムール+シベールちゃんとか何これ。ここからタヴィアーニの『太陽は夜も輝く』に繋がるのだと妄想し、ナスターシャ・キンスキーのくちびる回想に暴走しつつ、シベールちゃんはシャルロット・ゲンズブールへと成り上がりついに神父も落ちたそりゃ落ちるわ…と勝手に妄想して納得。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.0
「モラン神父」
メルヴィル監督の傑作の一つである本作を4kリストア版で再鑑賞したが映像が綺麗で驚いた。本作は何と言ってもベルモンドとリヴァの共演だろう。現代では作れない占領下のもと神父と未亡人の愛を描いた作品でリヴァの感情的な芝居は天下一品で僕にとても影響を与えた女優の一人です…。
miosium2

miosium2の感想・評価

4.6
会話の間、人物たちの配置、影、目線、全部完璧(というか私の好み)。
なんで画面の中の人たちがこんなに心に寄り添ってくるんだろう…

内容は単調に思えるかもしれない。
でも私はずっと苦しめられていた、主人公の女性と同じ罪深いことを、望んでた!