モラン神父の作品情報・感想・評価

モラン神父1961年製作の映画)

LEON MORIN, PRETRE

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ナチ占領下のフランス。田舎町の学校で働くバルニーは、娘の洗礼を機に宗教への興味が湧き教会へ出向く。相手をしてくれたのは若く情熱的で勉強家のモラン神父。ユダヤ系フランス人である彼女は無神論者だったが、モランの話を聞いている内にキリスト教の教義に心惹かれ、やがてふたりの間には仄かな愛情が…。ヌーヴェルヴァーグの監督たちを陰で支えた名カメラマン、アンリ・ドカによるハイ・コントラストのモノクロ映像、激し…

ナチ占領下のフランス。田舎町の学校で働くバルニーは、娘の洗礼を機に宗教への興味が湧き教会へ出向く。相手をしてくれたのは若く情熱的で勉強家のモラン神父。ユダヤ系フランス人である彼女は無神論者だったが、モランの話を聞いている内にキリスト教の教義に心惹かれ、やがてふたりの間には仄かな愛情が…。ヌーヴェルヴァーグの監督たちを陰で支えた名カメラマン、アンリ・ドカによるハイ・コントラストのモノクロ映像、激しさとストイックな要素がせめぎあう演出が画面に異様な緊張感を醸しだす異色作。J ゠ P・ベルモンドと E・リヴァの新鮮な存在感も見所。

「モラン神父」に投稿された感想・評価

正直かなり眠かった。
人の生き方や宗教についてけっこう考えさせられることもあったが個人的には説教臭く感じた。
白黒特有のはっきりとした影があまりにも美しい。懺悔室でのシーン、出会い始めは思想的な隔たりがあるのにもかかわらず二人の境界は消える。しかし、改宗後は二人の境界が残る。
kkcckkcc

kkcckkccの感想・評価

4.2
ちょいちょい神がかってた、やるせなさ、、エロブレッソン
終盤ベッドのまわりぐるっ回り込むとこまじ死んだ
たまに教会の場面のズームが早くなったり、モラン神父を捉えるカメラが雑に動くかと思えば、神父が女の家で薪割る場面だと、前触れもなく突然にイマジナリーラインをこえ、何だか神聖な雰囲気を持たしていてる
こういった聖性と俗っぽさをあべこべにするお遊び感覚は好き
かん

かんの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

神父が手に入らないのがもどかしいし切ないというかん~ ~となった。

主人公の性格が好き!神父への思いが気持ちと体?が両方赤裸々

片思い恋愛くっつくとかない描き方もあるのかと思った

宗教とか神についてユダヤとか題材が良かった!
最後とつぜん恐怖分子みたくなるところとか最高だな〜〜、長いけど
AiSasaki

AiSasakiの感想・評価

4.3
階段って美しいんですね。

聖と俗の境界は僕にもわかりません。
大越

大越の感想・評価

3.4
絶対ラストでどっちか死ぬと思ったのにな。あそこまで2人の間で刃物が反復されたのは何だったんだ。関係を断ち切る的な?それなら刺せよ。
米兵を上がらせなかった"upstairs"での不穏な緊迫感はまさにクライマックスだった。あそこで刺しちゃうと逆に安易すぎるのか?

画面は相変わらず締まってた。
エマニュエル・リヴァの"C'est la nuit…"の破壊力…
撮影だとか演技は申し分なくても、特に編集的な部分?そういうのは予め完成像が見据えられて製作されることによっても研ぎ澄まされるものだと思うが、もっと全編の繋がりが洗練され、淀みのない映画が同時代でも既にある中で、前述のような頑張りが無さそうというか、ゆえにモノローグ頼ったりで進行させてる感じ?とかどうにも感情の流れがスッと腑に落ちなさ?とかを差し置いて傑作、と言える理屈は何なのだろう、これは単に私の勉強不足なので誰かご教示ください
F

Fの感想・評価

-
エマニュエル・リヴァ、この時30代半ばだと思うが、セクシーかつ知的かつキュートな魅力が爆発してる。そしてベルモンドの神父は観ているこちらも翻弄されてしまうほど真意がつかめないが、悪戯っぽい瞳がなんともズルイ!
モノクロの画面にすっくと立つ神父や、階段を通して向かい合う2人など、画面が美しい。