紅夢の作品情報・感想・評価

紅夢1991年製作の映画)

大紅灯篭高高掛

製作国:

上映時間:125分

4.0

「紅夢」に投稿された感想・評価

男に媚びないとやっていけない、妬み僻みによって女が狂って行く感じ。ただ、中国の赤のインパクトが強く、それに対して雪の白さが幻想的。
てよ

てよの感想・評価

5.0
排除されたものの亡霊
信号機の如く提灯≒父権の意思表示により、全体が決定される邸宅。この邸宅はまるで牢獄を象徴するかのように灰色一色で出来ている。この作品においての見所は何より主人公が語るような「犬猫か何かのように扱われる女」は「表面上」存在しない事だろう。家法の逸脱と遵守を行き来しながら、夫人達は(主人公の召使も含めるべきだろう)権力争いを行う。主人公の名言がなければ昼ドラのような愛憎劇にも見えかねない。提灯、足打ちの褒美に可視聴化される家法の美徳に主人公もまた魅了される。眼前のゲームに乗りつつもゲームそのものへの抵抗を見せる。それらが故に主人公の行動は単なる権力への抵抗者でもなく理解不能な悪手を打ち続ける狂人にも見える。そして実際に彼女は狂人と成り果てる。しかしながら彼女は何もなし得なかったというわけではない。殺されることもなく、タブーの存在となる彼女は屋上の小部屋の、家法の犠牲者、逸脱者達、排除されたものの亡霊として彷徨い歩くこととなる(これはエンドロールに象徴される)
メットガラで一瞬出てきてた真っ赤な場面が印象的で探し当てた
ほんまに女は子供(これも男の子)を産むマシーンっていう扱いが露骨かつ当たり前すぎてこんな閉鎖的な空間で一夫多妻故に競わされて、選別されて、出しぬいて…とかほんまに間違いなく気が狂う
こんな時代からここまで男女平等が実現できたんやと思ったらどえらい進歩やなあと…先人の方々に感謝や
赤提灯🏮はほんまに妖しくて美しい、チャイナの文化の持つ妖艶さはやはり素敵…
コン・リーはつくづく気の強そうな女性の役が似合うわね
あと裏地がモコモコになったファー付きチャイナドレスチョーかわいい
中国映画にハマった作品。

印象的な提灯の赤さをベースにして
貴族の邸宅の中でだけ季節が変わっていきます。
その閉鎖的な世界のドロドロした人間模様。


DVD化されていないのが残念ポイント。
一華

一華の感想・評価

4.0
狂った女性たちのお話。
お茶に流産させる薬を入れる、耳を切る、小間使いに呪わせる。
Renge

Rengeの感想・評価

4.0
かなり昔にみたが、未だに強烈な印象が残る作品。
とにかく赤色の使い方が中国らしく、描写が素晴らしい。
暗い画像の中に赤色がはえてくる。
そして雪の白。
見事!
boliwa

boliwaの感想・評価

-
是张艺谋最特别的一部作品,你再难在他的其他作品里看到如此彻底的象征:每一帧每一镜俱是精心设计,每一句台词每一段唱词均有画外之音,通过一个仅在封闭空间中才具备合理性的故事,最终完成了对“大红灯笼高高挂”中象征意涵的廓大与加深。教科书一般的精彩,也如教科书一般疏离。
慢性死亡。

このレビューはネタバレを含みます

ホラー映画やんけ!!!!
メイサン結婚しよう

女を争うような状況においてるのは男なのに「女特有のドロドロ」「女怖い」って結論だすのは安直すぎる。

この映画で一番怖いのは女を人と思わない主人(あるいは家法)では??
miz

mizの感想・評価

4.5
映像もきれいで、内容もゾクッとするところがあり、中国文化も垣間見れる良作。
てぃだ

てぃだの感想・評価

4.3
とっても痛い物語。何も女ってのは男に利用されるために生まれてきたんではないはず。しっかしもうほんとにチャン・イーモウってば本当に僕の為に映画を撮ってくれてるんじゃないの?いつも本当にお世話になっております。ここまで10本近く見たけど一本もハズレらしいハズレ映画がない・・ビックリ
>|