紅夢の作品情報・感想・評価

紅夢1991年製作の映画)

大紅灯篭高高掛

製作国:

上映時間:125分

4.0

「紅夢」に投稿された感想・評価

No.828[大傑作!紅に染まった妾たちによる狂気の権力戦争] 99点↗

主人公が静かに発狂する。素晴らしい。なんて私好みの映画だろう!
主役のコン・リーは強かに見えるが、役柄的には感情論で動くおバカさんだったので騙された形になってしまったのは残念だけど。

実父の亡くし養母に売られるように地主の第四夫人となった主人公スンリェンは屋敷の伝統に縛られた生活を強いられる。それは、主人が夜を過ごす妾の院の提灯に火が灯り、主人の好みに合うよう”足打ち”をされ、翌日の食事を選ぶ権利を与えられる、というもの。
正夫人は壮年に差し掛かり、成人した息子がいる。既に死人のようであり、登場回数も少ないが、妾たちには絶大な影響力を誇り、主人がいないときは屋敷の決定権を持つ。
第二夫人はスンリェンに優しく接し、屋敷での過ごし方などを教える。が、こういう場合の”気さくさ”は注意が必要で、地獄へ続く善意の道を悪意を持って引き続ける人物である。
第三夫人は京劇女優であり、どの夫人にも冷たく接するが、実は一番理解のある人間であることが分かってくる。
強かに生き残るためには手持ちカードが少ないのが明白だ。そして、自ら袋小路に入っていき、理解者たり得た小間使いや第三夫人を失ったのには同情を禁じ得ない。主人公が雪化粧の中発狂していく様は、今年一の映像美とも言えるだろう。広大な屋敷で孤独を募らせる主人公を突き放したようなロングショットは忘れ得ない。

主人の愛という抽象概念を提灯の点灯で表す具現化には惚れ惚れするし、敢えてその主人を画面上で言及しないのには脱帽だが、それ以上に本作品は”音の映画”であることを言いたい。広大な屋敷ではあるが音を遮ることは出来ず、第三夫人の歌や足打ちの音、若旦那の笛、遠くでの会話などが薄っすら聞こえるという精神破壊にはもってこいの場所だ。その分、雰囲気を盛り上げるだけの安い音楽が若干導入されているのは残念に思う。

イーモウは赤が好きなんだろう。赤には人間が潜在的に恐怖を抱くようになっている。発狂した主人公が第三夫人の部屋で提灯に火を付けまくるシーンは是非ともリマスターして欲しい名場面だ。
人工物しか出てこない。フェイプーだかと別れるところと夫人が殺されるところのロングショットがよい。一方でランタンを吹き消すところを収めてたりと奇妙な映画
ポリプ

ポリプの感想・評価

3.8
中国映画「紅夢」

寒村の出の主人公は、金持ちの屋敷の第四夫人となるべく嫁いできました。

屋敷には、本妻(第一夫人) 第二夫人 第三夫人が居ました。

そして意地悪?な召し使いも居ました。
yadakor

yadakorの感想・評価

3.0
対称性のある構図は美しいんだけど、あまりにそれ一辺倒すぎるような
時代設定がわからん1900年前後くらいか?
女性の陰険さは時と場所を選ばないなあと思ってしまった
主人公の女の子は、狂っていくというよりもはじめから性格がかなりきつそうだが、、
Moeka

Moekaの感想・評価

3.7
女たちは籠の中の鳥。父性権力の象徴である赤い灯篭の灯されるのを待つばかりでそこには意思も自由もない。蠱惑的な赤い灯篭とまるで牢獄のような灰色の建物のコントラストが恐ろしく哀しい。圧迫された女性達の愛憎と男の罪は亡霊となってさまよい続ける。
さちん

さちんの感想・評価

3.8
大学の中国語授業で観た映画。
思い出して再鑑賞。

2回目も面白かった。
大好きな中国映画の一つ。
閉鎖的な空間で精神崩壊していく主人公の描き方が素晴らしい!
劇中を彩る紅い提灯の美しい事…

私の大好きな精神崩壊シリーズ。
デジタルリマスターでDVD化するべきだ!
みどり

みどりの感想・評価

3.9
同じ場所でゆっくり流れる時間を、こんなに綺麗に撮れることに感動した。
人間関係の変化に、何度も息をのんだ
sonozy

sonozyの感想・評価

4.0
こちらも『メットガラ ドレスをまとった美術館』で、西欧のデザイナーに影響を与えた作品として紹介されていたので引き続き。
1987年ヴェネチア映画祭銀獅子賞他を受賞した、チャン・イーモウ監督作。
舞台は1920年代の中国。主人公スンリェン(コン・リー)は父に先立たれ貧しい生活をグチる義母から抜け出すため、19歳の春に富豪・陳家に第四夫人として嫁ぐことになる。
屋敷には4人の夫人(大奥・二奥・三奥・四奥)それぞれの部屋があり担当の下女が付く。
毎晩いずれかの部屋の前に赤い灯篭が点されると、そこに旦那様が泊まるという仕組みで、4夫人はそれぞれ旦那様を引き入れるべく陥れ/計略合戦となっていく。
大奥は自ら"骨董品"という年季の入ったお方、二奥はいい人風に見えるが実は・・、三奥は京劇役者で歌が上手く当初意地悪・・、さらに四奥の下女は旦那様にこっそり可愛がられている・・・
閉鎖され逃げ場がない一夫多妻の世界で、夫人達/スンリェン(コン・リー)はどうなっていくのか。。。
「紅」色が印象的な、こちらもチャン・イーモウ監督の名作でした。
コン・リーはチャン・ツィイーに比べるとしたたかさを感じる女優さんですね。
(某Tubeで発見)
Butomoo

Butomooの感想・評価

-
チャン・イーモウが撮る作品、観た作品全部が私の好みですね。約30年前の作品なので映像も古いかと思いきやとても綺麗。もちろん画質のことではなく、撮るものの色合いや配置が絶妙。絵になりますね。