旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランスに投稿された感想・評価 - 5ページ目

『旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス』に投稿された感想・評価

Sally

Sallyの感想・評価

2.6
好き!って思うシーンは
いくつかあったけど
映画全体としては微妙だった

ドキュメンタリー。現役バリバリの頃の危険な地域の熱のこもった映像と、おじいちゃんになってからのんびり三脚担いだ撮影旅が交差する。緊張感のある世界と、曇天で時間がゆっくり流れるパリの田舎の街角。それぞ…

>>続きを読む
マサ

マサの感想・評価

3.5
写真を撮る時
手順を呟いてるのが好きです。

写真を撮る時、自分も頭の中で呟いてます(笑)

とても興味深い映画でした。
yayoi

yayoiの感想・評価

4.0

共感出来るところが多くて嬉しくなった。
今もやもやしている写真家は、観ると少し元気になれるかも。
「その人が通ったら…よし」とシャッターを切る感じ、わかるわぁ…。レイモン・ドゥパルドンが一番好きらし…

>>続きを読む
ちょっと私のコンディションが悪かったせい前半一時間寝てしまったので、評価なし。

人物のドキュメンタリーというよりは、フィルモグラフィ的な映像群。
521号

521号の感想・評価

-
個人的な好みもあってこの手の映画はずぅっと観ていられる。

若き日のクローディーヌがとにかく可愛い。
Tadaki

Tadakiの感想・評価

4.0

レイモンドゥパルドンの過去と現在を作品で行き来するながれのドキュメンタリー。

過去のポリティカルで熱い作品と現代の風景を中心とした作品。ついつい唸りながら観てしまいました。

レイモンドゥパルドン…

>>続きを読む
caramel

caramelの感想・評価

1.8

予告を観て、なんとなく惹かれて鑑賞
(ロメール、ゴダールにつられた感あり)

ずっと綺麗な写真を並べて見せられているようで、「映画」らしさ、みたいなものをいつのまにか期待してしまっていたのか、私は少…

>>続きを読む
pupu

pupuの感想・評価

3.6
「辺りを見回せば、明日の被写体が見つかるかもしれない」

信念を持って、
継続して、残すこと。

人生の大先輩の言葉は、ひとつひとつ核心をもってる。

同時期開催のCHANELでの写真展も観覧。
tao

taoの感想・評価

2.8
今まで見た映画のなかの砂漠なんかどうでも良かったと思わせるくらいドゥパルドンの撮る砂漠は断トツで美しかった

あなたにおすすめの記事