リスボンに誘われての作品情報・感想・評価

リスボンに誘われて2012年製作の映画)

Night Train to Lisbon

上映日:2014年09月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.5

あらすじ

スイス・ベルンの古典文献学教師ライムント・グレゴリウス、57 歳。多様な言語に精通し、チェスの名士で、同僚 や生徒から畏敬される存在。学校へと向かうある嵐の朝、グレゴリウスは橋から飛び降りようとする赤いコートを 着たポルトガル人女性に出会う。彼女が持っていた一冊の本を手にしたことがきっかけで、ライムントは何かに取 りつかれたようにリスボン行きの夜行列車に飛び乗った。リスボンで、著者アマデウ・デ・…

スイス・ベルンの古典文献学教師ライムント・グレゴリウス、57 歳。多様な言語に精通し、チェスの名士で、同僚 や生徒から畏敬される存在。学校へと向かうある嵐の朝、グレゴリウスは橋から飛び降りようとする赤いコートを 着たポルトガル人女性に出会う。彼女が持っていた一冊の本を手にしたことがきっかけで、ライムントは何かに取 りつかれたようにリスボン行きの夜行列車に飛び乗った。リスボンで、著者アマデウ・デ・プラドの妹や親友を訪 ね歩くにつれて、アマデウの人生が徐々に明らかになっていく。独裁体制下の激動の日々を生きたアマデウの誇り、 苦悩、レジスタンスの同志との友情と裏切り、生涯の恋、そして本を著した理由。アマデウの人生を辿るその旅は、 ライムント自身の人生を見つめ直す旅でもあった。旅の終わり、ライムントが見つけたものとは―!?

「リスボンに誘われて」に投稿された感想・評価

suzuki

suzukiの感想・評価

3.5
CMみたいな映画だなってのが第一印象。結局は愛なんだよな、愛。自分史上最高の街、リスボンは映像で観ても最高。そしてタバコを本当に美味そうに吸う。
ポルトガルが1970年過ぎまで独裁政権下にあったことを知らなかった。
この時代の革命組織のアマデウという人物の謎を、現代に生きるスイス人学者が解き明かしていくという物語。

独裁政権下で革命組織という、特別な時代の特別な組織に生きている人間でも、男女のいざこざや、人間の営みは不変だということを知れた映画。。
国の歴史は人の歴史
また歴史とは言い換えれば時間とも言えます
そんな時間を長いとか短いの物差しでしか考えられませんでした
本作から、“濃い”時間というものがあるのだと知りました
yume

yumeの感想・評価

3.5
4年前、劇場で予告を観てから何となく気になっていた作品
今一番行きたい国、ポルトガルの街並みが素晴らしいこと…ドラマチックな展開に相応しい街並みだった
激動の時代の波に揉まれながら、生きること、人を愛することに全力だった彼らのエネルギーが眩しくて羨ましくて、思わず自分の人生と比べてしまうライムントの気持ちが分かる
あとアマデウが綴る言葉も良かった、今の自分には彼が主張する無神論の方がしっくり来るな
rob

robの感想・評価

-
2015/11/21
妻と別れ、毎日平凡で孤独な日々を送る主人公ライムントが、ある女性が残したリスボン行きの切符と1冊の本に出会ったことから始まる。今まで凡庸に生きてきた彼が見せる衝動的な行動に驚くあまりですが、物静かで時間が止まったようなゆっくりとした展開にだんだん惹き込まれていきます。ラスト5分は何とも秀逸…しっとりと余韻が残る素敵なラストシーンだったと思います。上質でほろ苦い、大人の映画。
きょ

きょの感想・評価

3.7
1冊の本をきっかけに、ある人物をめぐる過去を1人の男性が紐解く話

てっきり冒頭の赤いコートの女性とのラブストーリーだと思いこんでたけど物語の展開は意外だった!
納得いくとか、スッキリするとかそういうラストではないけど、惹きつけられる映画で私は最後まで好きだった!
Hayaki

Hayakiの感想・評価

4.3
橋から飛び降りようとしてる見知らぬ女性、置き忘れたコート、ポルトガル語で書かれた本、本に挟まれていた列車のチケット、壊れたメガネ、小さい物事が全て今と未来に繋がる

台詞も詩的で、
若い時は皆、不死であるかのように生きる〜の一節が良かった
原作も読みたい

キリストが電気椅子によって死んでたら、、、

ジェレミーアイアンズが渋すぎてこんな初老になりたい

心惹かれる映画でした。スイスベルンの作家パスカル・メルシエの小説『リスボンへの夜行列車』(2004)を映画化した作品だそうです。

日本語タイトルはなんだかロマンス小説の様で『リスボンに誘われて』。確かに、初老でもジェレミー・アイアンズ演じる魅力のある老人が発作的に、仕事を投げ出して夜行でリスボンへ行き、上司の校長先生に毎回言い訳するのは、その面があるのかもしれません。

若くないからこそ、発作的に何かにつきうごかされてリスボンまで行ってしまう、ということに憧れる気持ちはわかります。でも、それがある人物(過去の青年アマデウ)のことを調べ歩く、という旅に感情移入するには少し背景が希薄でした。

ポルトガル革命時期に屈折した形でレジスタンスに加わり、ありあまる野心と、才能を燃焼しきれなかったアマデウ青年と、学問の才能に恵まれながら公私ともに確信がもてない今のグレゴリウス老人の人生を追ってゆく、重厚ですがロマンチックな要素もある映画になっているので、見やすい作品です。

この映画をきっかけに、ポルトガルのサラザール独裁政権(1932-1974)、ファシズム独裁政権下の文化、生活を描いた古い映画があれば見てみたいと思います。

ヨーロッパで最後まで植民地を手放さなかったポルトガルで起こった〝無血革命〟そのものについて知りたいと思います。カーネーション革命が何であったのか。

さいごに、眼科医を演じているマルティナ・ゲデックがとても良い感じでした。
bebemama

bebemamaの感想・評価

3.3
あの赤いコートの女性との恋の映画かと、思っていたのだが…

一冊の本を巡る過去への旅。

何も考えずに列車に飛び乗った理由がちょっと弱い気がする。あの小説を深く読んだのはその後だから。(でも、あの赤いコートの女性は確かに気になるし、たった一文でも心に沁みたのか。)
一人暮らしであろう自分の生活に疲れていたのは、冒頭のティーパックの場面で若干わかるが、もう少し欲しかった。
多分、後の自分で言うところの[退屈な自分]から抜け出したかった。その、キッカケを与えてくれたのが、あの女性とリスボン行きの切符と本だったってことだと思う。

あの野暮ったい眼鏡のせいか、いつものジェレミー・アイアンズより老けて見えて、いかにも、生活に疲れた感じだった。それが、軽い眼鏡に変え、本について調べていくうちに、だんだんとイキイキしてくる。

本の著者の考えに憧れ、その周りの人達に興味を持つ。その、本の人物達を訪ねて行くのが、ちょっとミステリーぽくて、面白い。その、当時の話が平行して描かれる。
ポルトガルに独裁政権があったことさえ知らなかった。レジスタンスの人達と著者の恋愛の行方がサスペンスぽくて、過去の話は面白かった。

でも、眼鏡屋の女性がたまたま、本の中の登場人物の知り合いっていうのがちょっと…だって、すごい重要人物。

そして、彼と彼女の別れが何故って思ってしまって…

全体的に音楽も情景もしっとり、美しかった。キャストも渋くて、好み。
てっきり冒頭の女性を探す映画なのかと思いきや全然別のタイプの作品で意表を突かれた。正直軸となる回想部分の物語はあまり面白く無かったかなぁ。現代パートの名優同士の演技や終幕の余韻は良かったけれど。
>|