リスボンに誘われての作品情報・感想・評価

リスボンに誘われて2012年製作の映画)

Night Train to Lisbon

上映日:2014年09月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.5

あらすじ

スイス・ベルンの古典文献学教師ライムント・グレゴリウス、57 歳。多様な言語に精通し、チェスの名士で、同僚 や生徒から畏敬される存在。学校へと向かうある嵐の朝、グレゴリウスは橋から飛び降りようとする赤いコートを 着たポルトガル人女性に出会う。彼女が持っていた一冊の本を手にしたことがきっかけで、ライムントは何かに取 りつかれたようにリスボン行きの夜行列車に飛び乗った。リスボンで、著者アマデウ・デ・…

スイス・ベルンの古典文献学教師ライムント・グレゴリウス、57 歳。多様な言語に精通し、チェスの名士で、同僚 や生徒から畏敬される存在。学校へと向かうある嵐の朝、グレゴリウスは橋から飛び降りようとする赤いコートを 着たポルトガル人女性に出会う。彼女が持っていた一冊の本を手にしたことがきっかけで、ライムントは何かに取 りつかれたようにリスボン行きの夜行列車に飛び乗った。リスボンで、著者アマデウ・デ・プラドの妹や親友を訪 ね歩くにつれて、アマデウの人生が徐々に明らかになっていく。独裁体制下の激動の日々を生きたアマデウの誇り、 苦悩、レジスタンスの同志との友情と裏切り、生涯の恋、そして本を著した理由。アマデウの人生を辿るその旅は、 ライムント自身の人生を見つめ直す旅でもあった。旅の終わり、ライムントが見つけたものとは―!?

「リスボンに誘われて」に投稿された感想・評価

夏茄子

夏茄子の感想・評価

3.7
昔の人が自分と同じ事を考えて本にしていて、偶然の出会いから、旅に出るって素敵
私も出会いたい
50代後半で、それまでつかまれたことのなかった"ある種の手"につかまれたしまった男。

物語の筋を追ってもあまり魅力が浮かばないのは、この作品の趣がすべて、たぶんリスボンという街に委ねられているからだ。『アンクワイエット・トラベラー』で、ピアニストのアンデルシェフスキが向かったのもリスボン。

日本の感覚でいうとどこだろうと想像する。大林宣彦監督の描く尾道だろうか…それとも、ある時代の長崎かもしれない。
スミカ

スミカの感想・評価

3.5
原作はスイスの哲学小説。
物語の最初は冷たい雨で、旅の終着では明るい日差しだったのが印象に残った。
qwert

qwertの感想・評価

2.8
ジャンルがサスペンスになっているが
サスペンス的要素はほぼ感じられず
何となく先の展開が読めてしまうのが残念…
静かな雰囲気のある
大人の映画。


◇◇鑑賞記録・あらすじ引用◇◇
高校の古典文献学教師のライムントは、孤独で単調な日々を過ごしていたが、不満に感じることはなかった。ある日、偶然手にした本にすっかり魅了された彼は本の著者アマデウを追ってリスボンへ旅立つ。旅先でアマデウの家族や友人を訪ね歩き彼の素顔、そして本を書いた訳が明らかになるつれ、ライムント自身の人生にも変化が生じる。
とある事で出会った女性を追ってリスボンへ…と言う出だしからジェレミーさん「ダメージ」の悲劇再びか!?と思いきやミステリー風味漂う物語でなかなかでした。過去の部分は美男美女共演、現在の設定でメラニーがレナになってたのは驚いたけど。しかし、校長にちと同情…
スイス、ベルン。自ら命を断とうとした女性を助けた平凡な教師であるライムント。彼女が残した古書に誘われてポルトガルのリスボンへ。作家アマデウの言葉に自分を重ねポルトガル激動の時代を生きた彼の足跡を辿る…。

一冊の本との出会いが彼に活力を与え、平凡で退屈だった毎日から彼を連れ出す。アマデウを知ることでライムントは何を知ろうとしたのか。自分の思考の底に眠る感情を見つけ出そうとしたのか。

登場人物同士の会話が文学作品らしく高尚。

瓶底眼鏡を外したジェレミー・アイアンズは今でもセクシーなおじさまだったという事実。
Natsuki

Natsukiの感想・評価

3.8
思いがけない本との出会いで人生が少しずつ変わっていく。また見直したい。
しこね

しこねの感想・評価

3.5
記録。徐々に話に引き込まれる面白さがあった。静かにしっとり見たい。
Scriabin

Scriabinの感想・評価

4.5
「寝食も忘れる恋をしたことは?」このセリフ、結構気に入りました!
すみれ

すみれの感想・評価

3.7
ただのミステリーかと思いきや、ポルトガルの歴史的背景が色濃い映画。
>|