パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

picaro

picaroの感想・評価

3.6
エルさんが最高…
設定が難解でちょっとついていけなかった。最後まで各コロニー理解できなかったからな…理解力ない。

前半の疾走感気持ちよかった。
でもなんといってもライブシーンのカタルシス。
アダヒ

アダヒの感想・評価

3.0
エル・ファニングに鼻を舐められたり、エル・ファニングの脇をスリスリしたり、俳優というのは夢のある仕事である。上映中に尿意を催したのか知らないが、前を横切ったクソヤローは数分後、当たり前のようにまた前を横切り自席に着いた。周りは空席だらけであり、機転を利かせ、人の迷惑にならないように他の座席に着いても誰も文句は言わないだろう。わざわざ映画を楽しんでいる人間の前を横切ったカスは仕事もろくにできないに決まっている。映画の途中で席を立つくらいだから、エンドロール早々に帰るのであろうと考えていたら、しっかり最後まで席に着いているではないか。何よりもきゃつは、真ん中あたりに座っていた。何故、こちら側を通って退出せねばならなかったのか。散々愚痴を書き連ねたが、言いたかったことは1つ、エル・ファニングが非常に可愛らしい映画であったということです。
キホ

キホの感想・評価

4.0

エルファニングがま〜〜可愛い!透明感!理解不能の動きがあったり非現実的なところもあるけど、エンとザンのライブシーンとかすごく引き込まれた。ただのボーイミーツガールの話じゃなくて、大人がある意味諦めていることに対してちゃんと自分たちの意思を持って進む若者の話の面もあったのが良かった。映画館で観るのが正解。
琴乃

琴乃の感想・評価

5.0
初日に仕事終わりで鑑賞。劇場で買えるトートバックはヒョウ柄をチョイス、パンフを先に買って準備万端、ワクワクな気持ちでシアターへ。
もう私をこんな気持ちにさせてくれるだけでこの映画に満点お星様でっせ。THANKS、愛してる!

ほんでこれまた愛おしいハチャメチャDIY映画を目撃💥してしまったぞぉー!!って。
何が良いって、観客のウケを気にせず、表現したいことをしたいまま、全力で製作したことがひしひし伝わるところ。

"パンクはDIY精神、劇中の曲も8割がオリジナルだよ"と監督。素敵でした!!

主人公エンの未熟さが大好き!何がパンクでパンクじゃないかしか頭にない感じ。ファンジンを作るときの輝いた目。だからザンの登場は彼の人生を狂わせちゃうの。
そしてやっぱり言っちゃいましょう。アバウト ラブリー エル・ファニーーーング!!!ザンに骨抜きにされました。てかまず息してるだけでTHANKS、愛してる!だからもうほんと何でも良いんですけどね?歌ってる時とか感極まって泣きかけた。よく会う親戚かよ。なりたいわ親戚に。

ラストでエンたちの制服の着方が普通になっちゃってたのが切なかったね。
結末も好き、ホッコリ温かい。映画に夢をみる感じ。
石川

石川の感想・評価

2.9
レビューを観て評価が高かったので鑑賞したが、個人的にはあまり面白くなかった。パンク×SFの設定は奇抜で序盤からワクワクさせる展開だと思ったけど、中盤以降にそれを超える驚きがなくて平坦なイメージのまま終わってしまった。
ヒロインはパンクという反体制的な思想に感化されてそれが、管理社会へ反抗する行動原理となっていくというような展開であると観たのだが、案外とストーリーは合議的に進むのでこれじゃあただの民主主義であってパンクスぽさを感じない。これならシング・ストリートの方が全然パンクにおもう。パンクをテーマにしなくても良かったんじゃ??
でもラストは感動するから不思議なんだよなあ。2回観たら印象変わってるかもしれない。
yoshi44

yoshi44の感想・評価

3.4
訳が分からん!
が、なんて馬鹿で愛おしい映画。
.
ジョン・キャメロン・ミッチェルが描く、パンクと宇宙人とニコール・キッドマンとエル・ファニング。
題名から想像して見に行ったのなら、間違いなく貴方が想像していたものと違う内容に戸惑うことだろう。
.
異星間による異性間コミュニケーションのギャップが最高にキュートで、とことんシュールで無茶苦茶な設定だけど、ここには宇宙の果てまで響かせるべき愛の叫びがある。
帰り道に流れ星を2つも見てしまうトリップムービー。(ヴィクトルが監督)
斯くしてまたやられた。現在放送中のアニメ「少女終末旅行」が放送日を仕組んだかのようにテーマ性の予習をさせてくれる。同時代性の妙だろうか。恐ろしや。

そんなこんなでも英国男子が羨ましい。とにかく英国パンクボーイ達が羨ましい。ニコール・キッドマン(なのか?)は、ダルメシアンな佇まいで殆どの人が折り合いをつけているだろう、哀しみに伏している。とても美しい。

一体いつ本編が始まったのか?超展開に追いついたのはほぼ後半で、あっという間に引き込まれていた。ラストもなんでパンクじゃなくなった?"考えさせられる"中、最高のエンドロールがbetween the breaths る。
K

Kの感想・評価

4.8
一言でいうなら、"不思議な映画"です。
青春映画?恋愛映画?SF?感動もの⁇いや分からない…展開のブッ飛び方…この映画は正直掴み所がない。なのにどうしてこんなに面白いのかしら

控えめに言っても最高だった!!!
フィルムはどのシーンもインスタに載せたくなる可愛さです。音楽も最高にクール。世界観は例えようもなくユニークです。
登場人物もアニメのようにキャラクターがしっかりついていて愛着が湧いてきます。
何と言ってもエルファニング演じるザンが天使!!!天使すぎる!!!
主人公エンもダサカッコよくてたまりません!

エンはパンクロックを通して、社会に対し自由を求めています。
ザンは大人たちからの制約にうんざりする毎日。
また、どうやらふたりとも親との関係が良好とは言えないようです。
似た者同士だったからこそ、繋がりあえた。抑圧された若い2人が出会った時、それは周りを巻き込む大きな力へと変わっていきました。

誰かのゲロ見て「可愛い…」と思えたのははじめてでした。笑

見終えて、なんだか泣きたいのに泣けない。悲しいのか、満足できたのかも分からない。不思議な気持ちになりました。正直、内容を全て理解できてはいません…それでもなんだか、あぁ見てよかったとすごく思えたんですよね。
誰かに伝えるのが難しい映画です。
"パーティで女の子に話しかけるには?"
それはこの映画の最後で、少しだけ昔よりオトナになった登場人物たちが教えてくれます

このレビューはネタバレを含みます

エルファニングがそんなことまでしちゃうのか~。あの家に入ってからおかしな世界を見れました。音楽の勢いも凄くてあっという間に終わった。人で壁を作ってた。3人乗り難しそう。
げん

げんの感想・評価

-

こういうぶっ放した映画を映画館で爆音で見れて幸せです。

途中退場してる人もいたけど、俺はただただ楽しかったよ。

エル・ファニングが、嵐のように、大炸裂していた。

可愛すぎ。