ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価・動画配信 - 799ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

A

Aの感想・評価

3.7
この映画はいろんな考え方が生まれるものだと思う。

個人的には日本での上映はすべきでないと思う。戦争でアメリカが沖縄戦時に火炎放射器を使ったりと、残酷なものがあった。

歴史を知る上ではいい映画だと思う。

あと、しっかりとした覚悟で観るようにしてください。
tonemuff

tonemuffの感想・評価

3.7
太平洋戦争の沖縄戦を舞台にしたアメリカ映画を観たのが初めてだったためとても新鮮だった。米兵視点から、当時の日本兵がいかに恐ろしかったかについて知ることが出来たのは良かった。

後、沈黙しかりアンドリューさん日本に行って苦労しがち笑
YukiKoike

YukiKoikeの感想・評価

3.8
観る前にwikiで「セブンスデー・アドベンチスト教会」を検索してから行くほうがいい。そうしないとこの映画の性質を見誤ると思う。

これは、狂気についての物語。正義とか信念は狂気と表裏一体だという、メル・ギブソンが一貫して演じ、描いてきたテーマの集大成。

メル・ギブソンが本当におっかないのは、自分の表現に対して意識的なのか無意識なのか一見して判然としないところ。
Sharksta

Sharkstaの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

試写会にて鑑賞させていただきました。
ストーリーの下調べを少しして行ったので、戦争、日本軍との戦い、実話ベース、メルギブソン久々の作品等、色々な思いを持って鑑賞しました。

見終わって、と言うか見ている最中から一番わたしがすごい!と思ったのがカメラワーク。
私はもちろん実際の戦場に身を置いたことはありませんが、本当に私もその場にいて目の前で人が撃たれ、血が跳ね返り、兵士の身体は爆弾で四方に飛び散り、泥と血の混じり合った匂いが煙とともに臭ってくるのではないかと思う様な「リアル感」を、届けてくれたアングルやカットで演出されたシーンの数々に、驚かされました。
それらの撮影シーンをただ、リアルに見せるだけではなく、ドラマチックに効果的な見せ方で、見ている人を引きつけてくれるその手法がすごいな!と思いました。
血や内臓がとびれる様なシーンに私は別に目を背けるタイプではないのですが、思わず逆に身を乗り出して、もっと近くで見えるのでは?と思い前のめりになってしまう映像を見るだけでも、エンターテイメント性が十分にあると思いました。

そして、流石のメルギブソン。信念、と言うテーマをとことん、自分流に表現する映画にかけては俳優兼監督というスターの中でも、かなり熱い情熱を持って製作する彼の
要素を綺麗にまとめている作品であると思います。
主人公の信念、思い、それを貫く際に、戦争映画である中にいいバランスで人間の感情・愛をところどころに配置しつつ、最後に主人公が負傷して担架で運ばれるところには、
これでもかという宗教的な象徴シーンを持ってくることで全ての紐を一気に手繰り寄せて光とともに巻き上げた、というシナリオは綺麗にテキストブックに沿ったまとめ方をしていたなと。
また、お約束の本人登場シーンを入れることで、さらにそのまとめあげた感じを活かしたエンディングにしたと、言い方が適切かわかりませんが「うまいことまとめたな」と思いました。

所々の笑い、ヒューマンドラマ、差別発言(時代がら当然あったで思われる)、などなど、翻訳では全部が伝わりきらないかもしれませんが、
こういう映画はアメリカ人だったら、素晴らしい!と絶賛されるんでしょうね。

日本人として、など、日本人の描きかはどうだったかと聞かれてしまうと、かなりツッコミどころはあったのですが、これは、メルギブソンの映画。
アメリカ頑張れ、アメリカ万歳という、宗教色も根底にしっかりある映画であるのだから、当然、この映画の様な描き方になったのだろうと思うと、やっぱり、良いバランスでまとめてはいたな、と思います。

オスカー視点から: これが、オスカーの最優秀作品賞にノミネートされるレベルなのか?と思うと、疑問がかなり残ります。
アンドリューは演技がんばってました!
沈黙に続きポイントupですね‎|•'-'•)و✧

本作、映画館で鑑賞することをお勧めするメルギブソンの久々の実話に基づいた作品は、世界中で未だ続く紛争だけでなく、テロなどに対してのメルギブソンなりのメッセージも含まれているのだといいな。。。と思い、試写会を後にしました。
どのシーンが一番いいのって聞かれたら困る。最初から最後まで最高でした。2時間ほぼずっと泣いてた。それは感動だけではなく、戦争に対する恐怖と平和への感謝の涙。
hrn

hrnの感想・評価

4.2
戦争映画でもあり、武器を持たずして戦場に出征した衛生兵デズモンド・ドスのドラマでもあり。
良くも悪くも心がえぐられる映画でした。

本編の6割ほどを占める戦闘シーンは、初っ端からとにかくリアルな映像の連続で胸が痛いけれど、銃弾で身体に穴が開いたり、手榴弾で体の一部、もしくは大部分を失った兵士たちが地面に倒れ身を悶えている姿には、遠くもない過去に想像を絶する戦争があったのだと改めて痛感させられます。

武器を持っていようといなかろうと、当時多くの人が命懸けで臨んでいた戦争の意義や、今この映画が何を訴えているのかについて深く考えさせられました。
信念を持ち、銃を持たずに第二次世界大戦に「救う」事で戦った1人の兵士の実話を基にした作品。
戦争の残酷さ、むごたらしさをこれでもかと見せつけてくる。沖縄戦が舞台だったので、余計に辛かった。
冒頭から最後まで何度も出てくる戦闘シーンがあまりにむごくて、何度も目をそらしてしまった。
彼が果たした事は本当に素晴らしいと思う。が、戦争さえ無ければこんなに殺し合わずに済んだのに…と思うと涙が出てきた。
なにかに取り憑かれたかのように「もう1人…」「もう1人…」と助け続ける彼の眼が少し怖かった。でもそのくらい「覚醒」してなければ乗り越えられなかったのかもしれない。
メル・ギブソン監督は凄い作品を作った。
ただただ自分の信念を貫く一心の主人公の人柄素晴らしかった
戦争映画を期待してみるものではないかもしれない、戦争のなかでも命の尊さが変わらないこと。
ci

ciの感想・評価

4.4
すごい映画を見てしまった。

自分の信念を貫くドスは強かった。
人を助けるけど殺したりしない。
こんな勇敢な人がいたなんて。

【もう1人助けさせてください】

このセリフが本当に、もう、、、

これ1週間ぐらい引きずる。
Shiho

Shihoの感想・評価

4.1
見終えた後、数日間頭から離れなかった。アンドリューガーフィールドは適役。