ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 66ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

試写会で拝見しました・大変怖くまた面白い映画でした。しかし実行犯や指令者は行ったことが、市民に対する報復に繋がると考えなかったのかと考えさせられました。
amelie0123

amelie0123の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

この、ラインハルト・ハイドリヒ暗殺事件は、
実際にあった歴史上の事件で、
「エンスラポイド作戦」というコードネームだったそうだ。


物語は、
ハイドリヒ自身の存在に重きは置かれず、
それを実行した、
ヨゼフとヤンの私生活が描かれる。


2人は、暗殺計画を練るうちに、
それぞれ、
女性と知り合い、恋に落ちる。


そんな切羽詰まった時に、と思うけれど、
切羽詰まっているからこそ、
そのような気持ちになったのかもしれないし、
恋をするのに、
時も場所もない、という事なのかもしれないし。


ハイドリヒの暗殺場面もハラハラするけれど、
その後のラスト30分が壮絶。
ナチスの冷酷さ、
戦争の悲惨さに、
呆れたり、悲しくなるばかり。


ただ、以前観た、トム・クルーズの、
「ワルキューレ」よりは納得がいった。


「ワルキューレ」の、
ヒトラー暗殺計画は、
失敗すると最初から知っているだけに、
観ていて、空しいだけだったから。


この事件を扱った映画は、
今まで2本、
「死刑執行人もまた死す」と、
「暁の七人」がある。
どちらもタイトルだけは知っていたけど、未見。
そのうち、観てみようと思う。
ヨウコ

ヨウコの感想・評価

4.0
この史実は知らなかったので情報を得ないまま鑑賞しましたが、それが予期せぬ展開になった時、最高にドキドキして夢中になりました。
極限状態の中、重要な使命を受けたレジスタンスのメンバーや協力する一般市民の描写が丁寧に描かれていて最後まで飽きさせません。辛い描写が続くので見ていてやるせない気持ちが湧き上がります。けれどこういう現実は伝えなければいけないので容赦のない酷い場面もありますが描いていて良かったと思います。
主要なキャラクターの2人のうち、キリアン・マーフィーの役が素晴らしくて一気にファンになりました。
危うい色気と強固な意思を示した演技力に魅了されました。
試写会にて鑑賞させて頂きました。

ナチスを題材にした映画に興味があり色々観てきたのですが、エンスラポイド作戦は初めて聞いたので、まだまだ知らない事が沢山あると思い、そして勉強になりました。

作品はとてもテンポが良く、間延びを感じず最後まで夢中で観てしまいました。そして、ちらしにもある様にラスト30分の臨場感あふれる描写には、何も考える事ができなくなり、全ての感覚を持っていかれ、ただ画面を観続けそしてなんとも言えない悲しみに襲われる衝撃的なシーンでした。是非とも劇場で体験して頂きたく思います。

帰宅してこの作戦について色々調べました。もう1度観たら細部まで更に深く作品に近づけると思うので公開したらもう1度足を運ぼうと思います。
Filmarks試写会鑑賞!!
「エンスラポイド」作戦、チェコ・プラハでこんな暗殺事件があったことを初めて知って衝撃を受けました。
鑑賞前に事前に予習しておくとドラマ性が更に楽しめると思います。
とく

とくの感想・評価

3.5
試写会にて鑑賞。

海老名香葉子さんの戦時中のお話を聞いて、知らない世代の自分としては、感慨深い気持ちになりました。

さて、海老名さんが、1秒でも目を離さないで見たと仰りましたが、拷問シーンでは、やはり直視出来ませんでした。

それだけでなく、何もかもが愚かな行動に思えて、何が正義なのか、何を思えばいいのか、わからなくなり、悲しくなってしまい、正直クライマックスには、力が入るというより、見ていることが苦痛になりつつ…。

確かな事は、戦いは愚かな事であり、繰り返してはいけないという事。

出演者の皆さんは、みんな魅力的であり、ドキュメントを見ているようでした。

今の平和と思える時代に生まれて、本当に良かったと思えた作品です。
KoChiaki

KoChiakiの感想・評価

3.6

[試写会感想]
邦題がどうしてもハイドリヒ暗殺に焦点を当ててるように思えてしまうけど、そもそも戦争をすることの無意味さや破壊力がよく分かる。

暗殺までの過程が意外と長いなーと思っていたけど、暗殺後はスピード感があってそれがまたリアルさになっているんだと思った。

戦争は怖いものと知識として教えられるけど、この映画はそれを映像を通して感情に訴えかける。目を背けたくなるシーンもあり…平和な日本に生きている私たちにとって何かをきっかけに今の自分の環境を見直したり、戦争の怖さを知る機会を作ったりすることは大事なんだと思った。

よく映画では主人公の勇敢さが語られ、賞賛される。しかしこの映画の登場人物は自分の運命を知りながらも「今日はまだ死にたくない」ともがきながら恐怖と使命の間で揺れていた。だからこそ生身の人間のリアルさが伝わってきて余計胸が痛かった。

主演の二人にはもっともっといろんな作品で活躍してほしい。

「エンスラポイド作戦」、知ってる方もそうでない方も観る価値あり。
norisuke

norisukeの感想・評価

3.5
既に二度も映画化されている史実だそうだが、私は知らなかった。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府による、「金髪の野獣」の異名を持つナチス高官ラインハルト・ハイドリヒの暗殺計画。コードネームは、エンスラポイド(類人猿)作戦。この映画は、この作戦を遂行するためにプラハに送り込まれた二人のチェコ軍人ヨゼフとヤンを通してこの作戦を描いている。

ナチスのナンバー・スリーと呼ばれたハイドリヒを暗殺すれば、ナチスの圧政に屈しないというチェコ亡命政府の意志を非常にシンボリックに表明しえよう。しかし、それゆえに、ナチスの報復が凄絶なものになることは想像に難くない。

このため、ヨゼフたちが協力を求めたチェコのレジスタンスのメンバーにも作戦に消極的な態度を示す者もいる。ハイドリヒを殺しても別の高官に代わるだけであり、むしろ報復によって膨大な数のチェコ人の犠牲者が出るであろうことを鑑みれば、代償が大きすぎるという考え方だ。

しかし、ヨゼフはそのような意見に聞く耳を持たない。暗殺こそが彼の軍人としての任務であり、愛国者としての使命だからだ。

国を愛する心のあり方によって、作戦に対する考え方が対立する。私には報復の連鎖を生むだけの愛国心がなんとも虚しく思えた。

全体的にセピア色を帯たような硬質な映像が重厚感をもたらす。随所に散りばめられたプラハの街並みが、絵葉書の写真のように美しい。そして、ヨゼフを演じたキリアン・マーフィが終始渋い魅力を放つ。映像の美しさを堪能するためだけでも、スクリーンで観る価値が大いにあると思えた。

ナチスによる報復は、テロ行為に対するみせしめだ。「テロ対策」という言葉の威力を思い知らされ、背筋が寒くなった。

試写会の開始時間が前日にメールでいただいた試写状の時間より30分早くてびっくり。トークイベント中に入室する人多数で、ゲストの海老名香葉子さんが気の毒に感じました。
ラインハルト・ハイドリヒというナチス高官の名前は聞いたことがあったものの、彼が暗殺されたという史実は知りませんでした。今作はミュウンヘン協定によりドイツに差し出されてしまったチェコスロバキアを取り戻す為にハイドリヒ暗殺を試みる、反ナチ組織に属するヨゼフとヤンが主人公です。
彼らがパラシュート部隊としてプラハに潜入した時には既に反ナチ組織のほとんどは壊滅され、残った同志にも報奨金目当てで売られてしまうような危険な状況でした。それでも数少ない同志と合流するものの、暗殺のリスクの為に中々意見が一致しなかったり疑心暗鬼に陥ったりと組織も一枚岩とはいきません。確かに、1人暗殺したところで代わりが来るしその報復で国が無くなる可能性もあるとなったら躊躇もします。自分達のしようとしていることは、果たして本当に国の未来の為になるのだろうか?と。
しかしそんな暗い世情でも愛が芽生えたり将来の夢の為に励んだりする人々もいる中、ナチスの恐怖は忍び寄ります。彼らやその協力者達は祖国の未来のため、自分の命を賭して任務を遂行します。
主人公の1人ヨゼフは意志が強く相棒のヤンが事態を恐れるのを宥めたり彼を引っ張っていくキャラですが、それでもヨゼフが取り乱した時にはヤンがサポートし またヤンがヨゼフのように仲間を落ち着かせているシーンを見ると、2人の相棒としての絆を感じられます。こんな恐怖の中、息を潜めて生きていた方が安全と思えるけれど、どんな形でも祖国の為に身を投じる覚悟ができるのがすごい。特に彼らを家で匿っていた女将さんのマリー。 彼らの決死の抗いが後にどのようにチェコスロバキアの未来に影響したのか、ぜひ観て頂きたいです。
試写会にて鑑賞。鑑賞前の海老名香葉子さんのお話は戦争体験された方だけあって心に残るものでした。
映画は実話を基にした映画だけあって何ともやるせない気持ちにさせられるものでした。ナチスのラインハルト・ハイドリヒの暗殺は多くの民間人の犠牲を伴うことはわかっていたにもかかわらず実行してしまったのはなぜなのか?当時の時代背景については詳しく知らないとはいえ、戦争という名のもとで行われる残虐な行為を見るのはは辛すぎます。