ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 63ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

結末を知っていても緊張、ラストまで息をつめて観る
暗い色調の中のキリアンマーフィーが良い
試写会鑑賞と封切りしてからまた観て色々整理できたので感想
試写会のあとにHHhHを読んで、国の存亡を前にして捨て駒でしかない、カミカゼ特攻のように片道切符だけの暗殺計画、そこに纏わる国同士の足元完全にみられた駆け引きと実行する兵士の葛藤が美しいプラハの街並みとあわさって緊張感と平和への感謝で終わる映画でした。
絶対悪としていくらでも描けるナチスをテーマに、史実はおそらくさらに暗いものだっただろうと思わせるのにちゃんとエンターテイメントとして確立しているのは、情景や俳優陣の美しさを切り出すファッションフォトグラファー出身ならではなんだろうなと思いました。

人間らしい迷いや自責を持ち、計画に対する執着、あるいは恋、そして果たされないとわかっている約束などで自分を保っていないとすぐに壊れてしまいそうなヤンとヨゼフ、軍人らしいパラシュート部隊7名
レジスタンス活動と支える人達、史実通り裏切りもあり、ナチ占領下の東欧ではどんな生活があったのかを切り取られたようでした。
目を覆いたくなるような拷問のシーンとまったくコートの汚れない秘密警察のコントラストに背筋を凍らせ、通常なら戦争映画というジャンルはあまり人にすすめ辛いのに
是非いろんな方にみて頂きたいと思いました。
mpc

mpcの感想・評価

3.9
ナチス第三の実力者ハイドリヒの暗殺計画を課され、チェコに派遣された7人の男達の潜伏から暗殺実行へのお話し。

ナチス題材映画は毎年数多く制作されるけれど終盤にかけての迫力はトップクラスでは

結末はもちろんわかってはいても緊迫感が衰える事なくラストまで進んでいく

しかし主演二人イケメンすぎやしませんかねえ
不謹慎ながらラストが絵になります
JIZE

JIZEの感想・評価

3.4
ナチス第三の男ラインハルト・ハイドリヒの暗殺を描いた劇映画。かなり事実性に則した作品だ。ガチガチの戦争映画かと予想した反面,作戦に頭を悩ます"若者の葛藤(会話劇)"が支柱へ打ち込まれる。

原題の『Anthropoid』は主に"暗殺作戦の名称(類人猿作戦)"を指す。ハイドリヒの知識がほぼなかったが入念に計画された準備が作品諸々の世界観に重味を与える。ナチの残忍さは痛く生々しく描かれいつも最前線で犠牲となるのは市民たちなのだと犠牲の上に成功がある事実には非常に考えさせられる。

史実を忠実に描かれるため歴史を遡れば結末もそのままなのだが戦争の中で芽生える仲間同士の団結や恋などほどよい重量感が最後まで持続し尚戦時中に生きる若者に寄り添う事が意義深い作品だった。
papachonn

papachonnの感想・評価

3.8
前半のサスペンスの演出等はもの足りないが、クライマックスに向けて計画の遂行から、ラストへ畳み掛けるような演出が凄まじく、息が詰まる素晴らしさ。必見。
つう

つうの感想・評価

4.2
『激しさのハクソーリッジ。静寂のハイドリヒを撃て!』

第二次世界大戦下のチェコはナチスに占領されていた。イギリスに亡命していた軍人のヨゼフとヤンはナチス親衛隊大将のハイドリヒ暗殺の為に潜入するのだった…

新宿武蔵野館で鑑賞したんですがお盆休みとはいえ平日にも、かかわらず満席。前回も次回も満席でした。もうちょい大きなシネコンでかかってもイイと思うのですが。

冒頭はモノクロの資料映像から始まる。そして映画に入っていく。すると映像は少し黄色がかった映像が全篇で映し出されている。コレが当時の世界観を映し出してるのを大きく影響してて良かった。占領されている街並みの緊張感や生々しさが映し出されている。

撮影カメラにデジタルではなく16ミリで撮影し。監督自ら撮影監督、カメラマンを兼任するほど画作りにこだわった。手持ちカメラで撮影も多く、臨場感というかドキュメンタリー感があって良かった。

この印象は「スポットライト」の時にも同じように感じたモノだったが映像の粗さが歴史を語っていて、さらにブラッシュアップされたような感じに受けた。

主演の2人は素晴らしい。任務に興じることで狂気に囚われているヨゼフを演じたキリアン・マーフィ。任務に希望を見出しながらも人並みの幸せに惹かれてしまうヤンを演じたジェイミー・ドーナン。

他にも俳優陣の演技は皆、素晴らしかった。特にトビー・ジョーンズなんかはお気に入りです。「ミスト」の店長役とか大好き。今回も良かった。

キリアン・マーフィーは演技がじゃなく、見てて痛々しくなるくらいのキャラで凄く良かった。この後、同じ第二次大戦を描いた「ダンケルク」にも出演するので凄く楽しみ。

「ハクソーリッジ」の様な見た目の激しさではなく内面の激しさを描いたのが、この「ハイドリヒを撃て」でした。

ナチスの横暴に、いつかはと思いながら耐える姿。その酷さが増すたびに内なる炎を燃やすのが見ていて感じられる。そして、残虐さが際立ちがちなナチスの狡猾さを描いていたのも良かった。短いシーンながら拷問のシーンは、ナチスの怖さが描かれていたし。拷問された顔とかを見てギョッとなるくらいだ。

ラストの教会の戦闘シーンの迫力や緊張感はそれこそ「ハクソーリッジ」に並ぶくらいだった。

そしてラストの展開は、やはり「ハクソーリッジ」と対になるように違う意味で救いがあったのにも感動しました。

「ダンケルク」の前にこの作品を見るのは如何でしょうか。オススメです。
Asami

Asamiの感想・評価

4.0
2017年10本目。キリアン・マーフィー男気溢れていて本当格好良かった。ミッションを果たす為に、命張って闘う男達。素晴らしかった!
ラール

ラールの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ロンドンのチェコ亡命政府から派遣された2人が親衛隊大将のラインハルト・ハイドリヒを暗殺するという内容はあらすじと史実で知っていたが、重要なのはそこからで、ハイドリヒはかろうじて殺せたものの、その報復として主人公たちの協力者を含む数千人のチェコ人がナチに殺されたというのがこの映画の描きたかった真実だと思う。
劇中にはナチの占領軍にチェコ側のレジスタンスを通報する人や、報復を恐れてハイドリヒ暗殺に反対する人もいたが、ドイツ軍によって完全に封鎖されて逃げ道の無いプラハを見てると、彼らを裏切り者や臆病者と決め付けるのは、後世の人間の傲慢だとも思った。
銃撃や拷問のシーンの迫力は凄まじかったが、それにかき消されないほど重いストーリーがあり、それを考えると邦題は若干軽く感じる。
緊張感のない邦題はなんなの!(とはいえ割と良いと思ってる)
おばさんが薬飲むときの目とか、ほぁーっとなる映像がちょいちょいあった
キリアンマーフィー◎
素晴らしい画質と緊迫感。
その筋の方は薄い本も作れそうですよ。
ちょっとしか出て来ないハイドリヒが写真から抜け出して来たみたいでヤバイ。