ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 65ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

たろ

たろの感想・評価

3.6
試写会にて。
ナチスに対抗するチェコの人たちの悲劇の物語。第二次世界大戦のリアル。辛すぎる内容だった。2回目は絶対見たくないけど、これを大スクリーンで観れてよかった。

改めて戦争というのは何も生まないし希望もないというのを実感させられた。殺した人の数で正義と悪が決まるものではないし、多くても少なくても犠牲は犠牲で、なんと表現していいかわからないけれど、こんな事が実際にあった話なのだということを重く受け止めなければと思った。

史実を基にしている話なので、史実を知っている人はもちろん、知らない人でも楽しめると思う。

みんな言っているようにラスト30分は本当に見てるこっちも手に汗握る緊張の銃撃戦だった。生きるために、少しでも対抗するために、国のために。いろんな感情があったと思うけれど、正義感とか本来の目的とかそういうのも全部忘れてただ「怖い」「辛い」「死にたくない」という感情が、言葉にせずともひしひしと伝わってきて演者はもちろん、音、映像、演出全てが緊迫感溢れる良いラストだった。

密告者はどうなったかとか色々気になることはあるけれど、見てすぐの感想はただ「第二次世界大戦やナチス、戦争に少しでも何か感じる人は見て欲しい」と思うような映画だった。
森大翔

森大翔の感想・評価

3.7
試写会で一歩早く拝見させていただきました。
今では当たり前のことを戦時中に手に入れるための犠牲のあまりの大きさに涙しました。
映画の中でとても印象的な台詞がありました。
それは、シェークスピアの戯曲の「ジュリアス・シーザー」の中の
「臆病者は死ぬ前に何度も死ぬが、勇敢な者はただ一度だけ死を味わう」
というものでした。
映画後半の銃撃戦、そして迎える死。
印象的なあの台詞と、友人や愛する人、祖国を思いながら亡くなっていった
沢山の人たちの事を思うと、戦争の冷酷さに映画を見終わった後も
胸の動悸が止まりませんでした。
MaiNonaka

MaiNonakaの感想・評価

3.5
友人に誘われ試写会で

史実に基づいた映画ということで、結末はわかっているものの、微かな幸せを祈らずにはいられない

最後の30分、拷問と銃撃戦の陰惨さは、目を逸らしてはいけないと思いながら、正直しんどかった

=

フローズンタイムの監督と知って衝撃

たしかに、最後のシーンの美しさに既視感
yu

yuの感想・評価

3.5
anthropoidという原題が邦題になる際になぜこのように変更されたのか。おそらく日本人にはあまり認識されていないため、少しでも興味を持って見てもらうためなのだろう。

全体的に抑えられた色調でありながら美しく、写真というバックグラウンドがある監督ならではだと感じた。

命令だと強く言い放ちながらも、涙や叫びを抑えられない登場人物。私達と同じように、1人の人間として悲しみや恐れを感じながらも覚悟を持って最期を迎えた彼らに目頭が熱くなった。

私達には知らなければならないこと、風化させてはならないこと、当事者意識を持って向かい合わなければならないことがたくさんあると感じた。
Haty

Hatyの感想・評価

3.8
シリアスなナチモノとはいえ、久しぶりにキリアンを大画面で観られる試写会♡と、やや浮き足立って向かいましたが、やはりもう一度観るのはキツイかなぁ。。

悲惨な場面も多かったけど、パラシュートで降り立ったシーンと最終戦のブルーと、セピアカラーのプラハの色彩が美しかった。その中でナチスの旗だけがくっきり赤く、「シンドラーズ•リスト」の白黒画面にユダヤ人の少女の靴の赤だけが鮮烈な印象の冒頭を思い起こさせた。

事前に目にしたレビュー通り、無駄のないテンポの良さで、あっという間にラストへ。あの絶望的な教会での攻防が6時間にも及んだと、エンディングのテロップでビックリ。

密告者の行く末が不明なままだったのが残念無念。
momoko

momokoの感想・評価

4.0
試写会@アキバシアター
120分間息つく暇なく極度の緊張状態。ただただ俳優の皆さんの演技に脱帽。
masaki

masakiの感想・評価

3.1
全体的に暗い感じだが、目が離せない。
教会での銃撃戦がすごい!
覚悟と信念をもって行動を起こした彼らの生き様は一見の価値あり。
史実に基づいた戦争ものはヘクソーリッジに続いて2本目。この後はダンケルクを見にいくだろう。
ナチスに関しても大した知識もなく、エンスハラポイド作戦においてはなにもしらずに見に行きました。
戦争をしている人間の心情がすごくリアルに伝わってきたように感じました。今まで見た戦争映画もリアリティは感じましたが、ここまで引きこれたのは初めてでした。
くみこ

くみこの感想・評価

3.5
ラストにかけての緊迫感がすごかったー
WW2中のチェコについて知識が乏しく、しっかり集中しなければいけなかったので、上映中ずっと緊張してた

史実を基にしているので、ネタバレしない程度に予習した方が良いかなと

個人的にヒロイン?2人の衣装が質素ながら、素敵で大満足でした