50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価 - 7ページ目

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

Shoei

Shoeiの感想・評価

4.2
特に新しさはないが構成が良かった。終わり方なんか分かりやすくて最高でしょ。あと、衣装が良かった。なんと言ってもみんな髪型が良かった。
尾身

尾身の感想・評価

3.6
王道の青春ロードムービーでそれ以上でもそれ以下でも無いんだけど、なんだかんだ楽しめる。

チックがすごく魅力的。
7

7の感想・評価

-
お母さんがきれいで良かった。最後のプールに家具投げ込むシーンもきらきらしてた。
主人公が2002年生まれという設定なのに、なんかびっくりした。

スマホや酒瓶を車の窓からぽいぽいっと投げるとこ好き。
クラスでのけ者にされている14歳の2人の少年が盗難車で旅するロードムービー。

旅のはじめのワクワク感は良かった。
ただ目指す場所はあるものの、どうもフワフワ旅してる感じがした。
目的地への憧れや空想を膨らませて煽って、歓喜したり落ち込んだり…みたいなのが登場人物にもあり、観客側も喚起されるような展開があると良かったなあとおもった。

風力発電所、父親がいない家族との食事、警察からの逃走、少女との出会い別れ…など出来事はいろいろあったものの
旅の醍醐味である、「日常からの乖離」もそれほどまでに逸脱してるわけでもなく…
主演2人の人物の抱えるコンプレックスや、彼らの成長や変化など、描写不足、掘り下げ不足の感じがあった。
そういったものひっくるめ最後も弱オチな感はあった。

まとめると(自分が色々観慣れてしまったせいなのか)もう少し濃い味付けがよかったなあという感想。
ア

アの感想・評価

3.5
超王道なのに素晴らしいロードムービーであり、バディであり友情物語であり、未来への物語
百合

百合の感想・評価

-
また50年後、ここで。

やりたいことはわかる。わかるのだ。少年青春ロードムービー凸凹コンビオンボロ車瘦せぎすスニーカー音楽成長女の子、といった使い古されたモチーフを使い古された配列で並べた中にヨーロッパの今を覆う経済格差とか移民問題とかLGBTとかを入れ込みたかったのは。わかるし問題意識の持ち方も誠実だとは思うのだが。しかしあまりにも稚拙ではないだろうか。
まず、中盤に出会う少女と主人公に恋愛の雰囲気を持たせる必要があったのだろうか。そりゃあ今までのロードムービーならああいう人格を欠いた‘年上で優しいちょっとエッチなおねえさん’みたいなのが出てきてめちゃくちゃ興味はあるけど怖くもある童貞のボク、みたいなのが王道だけど、あなたの問題意識でこれをやるのはそれこそ問題だろうと。そんなに若い男女は出会ったら絶対に恋愛しなければいけませんかね。まるで女性は恋愛の対象になるかならないかでしか映画内に存在してはいけないようだ。それこそ女性差別的ではないだろうか。
そして相棒のチックにセクシュアリティを告白させる必要もあったのか。アジア系のおそらく貧困階級で粗暴な相棒、というだけで十分だったのではないだろうか。問題意識を持ってマイノリティを盛り込む場合、作者には必ずそれらを描き切る責任が生まれると思うのだが、まったく果たされていない。中盤のクライマックスでチックにもう一つマイノリティを背負わせる必要はぜんぜん無かった。配慮に欠ける。
しっかり怒ってしまったが原作のある話なので本の方ではもうちょっとちゃんと扱われているのかもしれないとも思いつつ…まあ「王道青春ロードムービーかと思ってたけど最近の難しい問題にもちゃんと向き合ってて好感持てた!」みたいな感想を集めるのには十分だと思うよ。考えることよりも考えている風を装うことを評価されるような社会だからね。
でもそれでもあの終わり方はよかったです。あれはずるい。というか冒頭で散乱するブタとサイレンで惹きつけておいてちゃんとオトし、未来を残すっていう作り方はもう満点。構造を作るのはとても上手な監督なんだと思う。
暴力的に明るい気持ちにさせられた。悔しい。
既視感強めだが、青春ものの中では相模原(地元)を思い出す景色が多いという点で好感度が高かった。“最高の夏だった”系はなんだかんだ楽しめちゃう気質なもので。
u

uの感想・評価

2.9

グッとくるものが一切なかった…
ミシェルゴンドリーのグッバイサマーが好きな私としては、彼の作品をクソつまらなくした感じです(ボロカス言って申し訳ない)
せんだ

せんだの感想・評価

3.5
青春ロードムービー。
監督の作品はおそらく初見かな?
すごくまとまっていたし、起承転結お手本通り踏んだようなお話。
こういう映画はある程度年齢くってもなかなか楽しめる。
50年後に30ユーロ返されるのか。

ドキドキさせるキャラ作りだったな〜〜
NATSUKOTAN

NATSUKOTANの感想・評価

3.6
スタンドバイミー的部分もありのロードムービー。
問題あり家庭の一人っ子で理不尽な大人に振り回されつつ楽しげ。
トウモロコシ畑に車乗り入れて、、、のシーンがいいね👍