パラサイト 半地下の家族の作品情報・感想・評価・動画配信

パラサイト 半地下の家族2019年製作の映画)

기생충/Parasite

上映日:2020年01月10日

製作国:

上映時間:132分

4.1

あらすじ

「パラサイト 半地下の家族」に投稿された感想・評価

山椒

山椒の感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

あまり韓国映画を
見る習慣がなかったが
気になったので映画館へ

キャラクター描写が
とにかくうまくて役者も全員よかった。
全員キャラがたっていて
暗いシーンもポップに
かつ残酷に描けるのが
日本映画であまりみないな、と思う

若い女の子は大学生の家庭教師なら
誰でも良く恋しちゃうという流れや
顔だけ良い金持ち夫の美人妻は
頭が悪くすぐに周りに流されてしまう
という皮肉もポップに描いていて
とても楽しく見れる。
家族4人が働き出すまで
とてもテンポ良く進みすぎて
コメディ映画か?とも思う
桃の粉末のシーンからの
ゴミ箱ケチャップのシーンは
そうやって追い出したのかと
驚きながらもチームワークが
良すぎてつい笑ってしまう。
家で酒を飲んでいる時の
もし帰ってきたらどうする?という
投げかけなどをしたあたりから
見てるこちらが
ハラハラさせられっぱなしになる。
ここのシーンから
ずっとハラハラシーンが続き
まさかの地下展開にも驚き

テーブルの下のピーナッツとか
お母さんどうやってうまいこと
片付けるんだろ?と思いながら
雨の中家に逃げ帰り
家が浸水しているときの
妹がトイレの上でタバコを
ふかすシーンがとてつもなくエモい。
この映画でこのシーンが一番刺さった

そこからトラウマ克服のために
ケーキをサプライズで持っていってね
という流れがきたときに
あぁ…これは絶対にそれをこえる
トラウマが来るんだろうなと
予想は出来たけれど
しっかりと死んでしまうということに
とても意味はあった気がする。

無計画が一番いいじゃないか
と言っていた父の無計画の先には
衝動の殺人が起こってしまうことも
テーブルの下でタクシー運転手の匂いを
指摘されていたシーンから
なんとなくそんな気はした。
長いことずっと差別され続け
格差社会のヒエラルキーの最下層に
生きている自分を自覚してしまい
そこに怒りを感じ、爆発したときに
ゆっくりと自分の衝動で
突き動かされる殺人に恐怖を感じた。
ここではい!全員生きてましたよ!の
ハッピーエンド展開は
日本の映画でよくみるが
そうしないところに
とてもリアリティを感じる。

最後の手紙の中で
え??本当に現実に??と
思ったけど手紙落ちで終わるところが
絶望も織り交ぜていて
とても考えさせられるエンドで
すごく良かった。
つくし

つくしの感想・評価

3.8
韓国を知ってるとこれ本当にない話じゃなさそってところが怖い。
chiyo

chiyoの感想・評価

4.7
スリル味わいたい人にオススメだけど後味は悪いかも
モールス信号勉強したい。
すぶた

すぶたの感想・評価

4.3
予告も何も見ず見に行ったら想像以上の話でずっとゾッとしてた。ホラーってわけじゃないけど私の中ではホラー映画。もう一回見たいけど怖いしやめとこ。
やしき

やしきの感想・評価

4.4
すげえいい
階級社会を前提とした、それでも家族というつながりに尊厳を持つ一家と
せとの

せとのの感想・評価

2.5
嘘はつかないほうがいい
國本

國本の感想・評価

4.5
体感時間短っ。階級格差の本質を扱っていながらも、独特な仕掛けとアクセントカラーの強さがある、ほんとに面白いな。ポン・ジュノに拍手!
Y

Yの感想・評価

4.0
おもろぉ

奥さんばりかわいい
>|

あなたにおすすめの記事