パラサイト 半地下の家族の作品情報・感想・評価・動画配信

パラサイト 半地下の家族2019年製作の映画)

기생충/Parasite

上映日:2020年01月10日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「パラサイト 半地下の家族」に投稿された感想・評価

Giondesign

Giondesignの感想・評価

3.5
今更の感想。
アカデミー賞受賞作品ではあるが、2回目は観なくてもいいかなぁと感じるのは私だけでしょうか?

映画自体あらゆる対比を引き合いに出しており、また様々な伏線も散りばめられ、サスペンス、ミステリー、ホラー、クライム、コメディ、ヒューマニズム等の要素を含んだ力作。

しかし後半は、奈落の階段に堕ちるように予測不可能な展開を体感し過ぎて、没入感を消し去り、観客をまた冷静な視点に戻して行く娯楽的な映画だと思う。

例えるなら、ジェットコースターに乗って、その興奮を体感して、最後にまた元の軌道に戻りクールダウンするような感覚。

【映画の建築紹介】
舞台は丘の上にある豪邸宅。
最初の売主が著名建築家に設計したらしいが、今の買主へ売買契約交わす時、普通は竣工図書一式も合わせて引渡しするのに、その辺の伏線回収が甘い…。これだけの豪邸なら当たり前なのにね。

また地下の隠れ屋?を知らない買主家族なんてあり得ない…。
建築室内での出来事をメインに描写するなら、理論武装をして欲しかった映画です。

以上、今日もご安全に!
一つの映画としてはスピード感もあって面白いと思ったし、韓国語が耳に心地いいが、韓国における貧富の差の問題を知らないのできちんと理解できているかは疑問。そして胸くそだから、後味は悪い。
 前半はテンポが良く笑える場面も多いが、画面の色調も相まって終始不穏な空気が漂う。終盤アクロバティックに展開してクライマックスに月面宙返りをかましてくる展開は、『オールドボーイ』を想起させ韓国映画独特の味を感じさせる。その着地が綺麗に決まったと感じるかは人それぞれだろうが、エンタメとして面白いと単純に断じることが出来ない、心にオリを残す作品。しかもその淀みは、観た側の富裕度によって濃くも薄くもなるだろう。
 年配女優二人の変貌ぶりは見事。
期待値3.5
前半のコンフィデンスマンばりの詐欺で、まんまとパラサイトしていく家族。
半地下の窓からの景色と豪邸から眺める景色の違い。そして雷鳴豪雨。
後半。まさかあの人が、あんな事を!!!そして惨事からの結末。
見せつけられる悲しい格差。
鑑賞するのがしんどそうでずっとペンディングしてた話題の映画。
やっと観ました!やっぱり凄いです。
色んな事を受け取った満足の一本。
Periko

Perikoの感想・評価

4.0
伏線たくさん
知らなかった韓国文化の背景
こだわりの撮影方法・構図
いい映画
takoyaki

takoyakiの感想・評価

2.8
格差社会、悪いのは誰?な映画☔️


今更ながら鑑賞。
観た後の後味悪さ。胸糞悪さ。オエッ

誰に感情移入するかによって、
その味も変わるのでしょうが。
私には苦味しか残らなかった。

同じく格差社会を描いた作品としては
ジョーカーを真っ先に思い浮かべたけれど、
私は圧倒的にジョーカー派。
それは何故?・・・

んーきっと、
社会に対する恨みは受け入れられるけど、
個人的な恨みは受け入れにくいのかな・・・

登場人物みんな(未成年を除く)
ちと自己中心的過ぎやしませんか?

そんな気持ちが苦味に変わったと思料。

なんていうか、
ピンクグレープフルーツジュース🍹みたいな映画です。
(はい、イキりました。)
Ann

Annの感想・評価

3.8
韓国映画ってこういう視点なのかぁと思った作品。
ピークがありすぎて体力がない日じゃないと疲れるけど全体的に面白かった。
はだだ

はだだの感想・評価

4.6
ずーっと緊張して観ていた。
いい意味で心臓に悪い
それくらい引き込まれた
KAGOME

KAGOMEの感想・評価

4.7
満席でまさかの隣に顔見知りの人が来て気まずくなったのを覚えている。

ただ忘れるぐらいの没頭。やべえ。
笑いはもちろん、臭ってくるかのような描写。色んな擬人法など視聴者に考えさせる描写が多く洒落てる。

まあ見てみてくれ気づいたらスコアは4.5を超えてくるはず
HIDE

HIDEの感想・評価

4.5
設定、ストーリー、演技、映像
どれも計算し尽くされて物語に引き込まれる。
計画が崩れるとともに心理的にも物理的にも下層に落ちていく様が悲しくも映画としておもしろい。
>|