マーティン・エデンに投稿された感想・評価 - 3ページ目

「マーティン・エデン」に投稿された感想・評価

a

aの感想・評価

-
自分の中の透明な振り子がある時から動かなくなった、本当の僕、本当の自分。熱源はあなただけだ、動かすのも止めることもできるあなただ。理想と夢と意地が絶望の青春を纏ったとき、その時にはもういないあなたを思い出す。あの人は僕を写す鏡でもあったのだ。哀愁の海に浮かぶ顔。
Nao

Naoの感想・評価

3.0
上流階級の女性と出会い文学に目覚める。ジャックロンドンの自伝的小説の映画化。往年の文芸映画のような質感が良い。破滅へ向かう情熱。成功が幸せとは限らない。
Kyoko

Kyokoの感想・評価

-
作家ジャック•ロンドンの自伝を原作とし、労働階級の青年の成長と激動の社会を描いた作品。

作家さんの話なので、文学的な言葉が多く少々難解だがそれがまた素敵。
教壇のシーンなどルカ•マリネッリさんの演技は圧巻!
何を幸せとするか。切ない。
みけ

みけの感想・評価

3.6
この作品でルカ・マリネッリを知ったのだが(ポスターの彼の表情に一目惚れ…)、彼の存在感が凄かった。マーティン・エデンそのものにしか見えない。
夢に向かって情熱を燃やしている青年時代と、成功してからの荒んだ表情、どちらも魅力的。終盤、昔の自分の幻を追いかけるシーンが切なかった。
マリアと子ども達といるシーンが、見ている側も幸福さを感じられた。ストーリーは途中から政治的思想の話も絡んで、ちょっと理解しにくい部分もあった…。エレナは都合良すぎ。
PDeSIGN

PDeSIGNの感想・評価

2.9
詩的な作品。
小四知識の漁師とお嬢様
ポエムに感化して作家を目指すが歯牙にもかけない。
社会主義とか個人主義とか絡まって出版にこぎ付き大当たり
これは夢か幻か
映像が進みゆくにつれて、劇場で観ようか迷って結局観なかったのを激しく後悔することになってしまった。傘をさすエレナとマーティンが眺めるイタリアの荒野のショットやタイプライターの音を聞きながら挿入される水牛のようす、エレナの演奏するベルガマスク組曲とそれを眺めるマーティンの瞳、マリアとその子どもたちに寄り添うマーティンの優しさ、それらが忘れられない画面をつくっている。素晴らしいルカ・マリネッリ。
nekoneko

nekonekoの感想・評価

3.3
貧しいその日暮らしの船乗りが上流階級の女性に恋をする
彼女の影響で本📚を読み漁り…独学で作家を志す!?
ジャック・ロンドンの自伝的小説の映画🎞

原作を読んでいないので決めつけはよろしくないけれど…主人公にはあまり共感できず
…💦


ただマーティンを演じたルカ・マリネッリが放つ色気?は女優陣がかすむ位の勢いです
🇮🇹イタリアのアラン・ドロン?…🌹

劇中の「青」がさらに儚げで刹那…でした
WOWOW.

船乗りの主人公。港で助けた男の姉に魅了される。彼女の裕福な屋敷に住む世界を目指し本を読み漁り独学で作家を志す。苦しい日々を描く実在した小説家の伝記物語。いまいちよく分からん話でしたが、階級の違いでここまで愛し方が違うと何のために苦労があるのか考えさせられた内容でした。時代に合わせたレトロな雰囲気、良かった。
フィルムで撮影したのかな。2年前の映画とは思えない質感。愛により知を得てマーティンエデンがもがき苦しむ様が良かった。「犬は殺処分しろ(比喩)」彼の幸福や、憧れ、失望がよく見てとれて良かった。映画館で見たかったな。
にこぺ

にこぺの感想・評価

3.5
これ本当に2019年の作品?と思えるほどの雰囲気が出来上がっています。
愛の力はすごいね。それだけに、それを失った代償も大きいのです。
出世してからのマーティンの表情が別人のようです。メイクが手伝っているとはいえ、目つきも全く違っていました。“すさむ”ってこういうことなんだなと。役者ルカ・マリネッリの凄みも感じられます。
知識のなかった者が学習し習得し、貧富の差がいつまで経ってもなくならない世の中の仕組みも知ってしまう。自分が這い上がっても、受け入れてはもらえないことも悟ったのでしょうね。

あなたにおすすめの記事