浜の朝日の嘘つきどもとに投稿された感想・評価 - 2ページ目

『浜の朝日の嘘つきどもと』に投稿された感想・評価

5loth

5lothの感想・評価

1.5
あんまり意義を感じないミディアムショットと、経緯から感情から全部口にしてしまう台詞と、Twitterのトピックで想像したような脚本としんどかったなぁ。映画館が新しい共同体になったらいいという“幻想”には全面的に同意ですけどね。から回ってた。

大久保さんの活かし方ももっとなんかあった気がするな。

このテーマを描きたいなら、精緻に取材したドキュメンタリーでアプローチしたら、と思ってしまう。台詞で言ってたほど映画館潰れてないしな、今んとこ。
chychy

chychyの感想・評価

4.0
大久保さんいいねー(^^)d
映画は観ても見なくても人は生きてはいける。
でも、人は遅かれ早かれ必ず死ぬ。
どうせ死ぬなら自分は映画をいっぱい観てから死にたいなー( ゚д゚)ハッ!
ミニシアターで観ていたら、私の評価は確実に上がっていましたが、シンプルに映画としては平凡な内容だったかと。

大久保さんに関しては、絶対あて書きされていると思いました。敢えてボカしますが病院でのあのシーンは、普段テレビで発言している彼女のイメージがあるから成立させることができたのでは。

このお話の続きになるテレビドラマがあるそうなので是非観てみたい。
これは福島の地方のテレビ局が製作に大きく関わっていて珍しいなと思ったら、まずその福島中央テレビ(日テレ系)で同じタイトルのドラマというのが放送されたらしい。本作、映画版はその前日譚として作られたそうな。

タナダユキ監督は意外と原作ものが多いみたいですが、本作はオリジナル脚本っぽいです。福島のテレビ局だし東日本大震災に少し触れた内容だからか、クセもなくわかりやすい内容で誰が観ても楽しめるようになってますね。

あまりにも都合良すぎな展開でうま~くきれいに丸くおさまってめでたしめでたしなラストで締めくくられますけど、でも、ちゃんとそれを許せる世界観になってるのでしっかりクリアできていると思います。これにツッコミを入れるのはヤボってものでしょう。

あとこの映画は現在と回想シーンを交互に展開させていくという脚本がうまくできてたんじゃないかなと思います。回想でクライマックスを決めて現在で明るく締めくくるという終わり方でしたけど、観ていて混乱することもなく受け入れられたし、あからさまに回想シーンであることを強調するような演出はなく、まるで現在のように過去の回想シーンを描いている。それでもわかりやすく自然に流れるような構成だったと思います。

古い映画館を立て直そうという話は、もはや一種のファンタジーであってあまりにも現実離れしてると思うし、懐古趣味が過ぎるきらいがないわけでもない。でも、こういうのもたまにはあってもいいかなと思わせてくれました。タナダユキ監督はいわゆる良い話を嫌味なく作ってしまうのが上手。「四十九日のレシピ」とかもオススメです。
おく

おくの感想・評価

4.2
ずっと観たいな〜と思っててなかなか観れてなかった作品のひとつ。
想像してた以上に良かった◎

高畑充希ちゃんも大久保さんもバオくんもみんな素敵な演技だった。作りこみすぎてないやりとりも良かった。

物語全体の温かさの底のほうに、かなしさとかさみしさはあるんだけど、不思議としんどくはなくて、なんとなく前向きな気持ちで観終われる映画でした☺︎
もう少し暗いと思ってたけど、田舎の朝が似合うさっぱりしたやつだった!
ただちょっとドラマチック展開すぎてちょいシラけるかもとは思った
でも最後にあさひちゃんが言ってたの、ほんとそう思う。
ほんとにこれでよかったのかな、あの人たちも本気でこの街のことを思ってやってたことだよね。わからんけどこの選択をこれから良かったって思ってやっていくしかないよねってやつ。
まぁ人生ってこうだよねと思った
tmy

tmyの感想・評価

3.5
東への道、喜劇女の泣きどころ、南相馬、トト・ザ・ヒーロー、怪奇!!幽霊スナック殴り込み!、永遠と一日、北京原人
saskia

saskiaの感想・評価

3.5
大久保さんめちゃくちゃいいじゃん。
こういう先生いそうだわ。
高畑充希演じる莉子と大久保さん演じる茉莉子の掛け合いが自然で良かった。

映画館の支配人、パディントンと莉子の関係も良かった。

こういう昔ながらの映画館ってもうみんな潰れちゃったのかな。
近所にあったら通うんだけど。

都内の映画館も相次いで閉館してて、すごく寂しい。
私はもう映画館に行けなくなってしまったけど、映画館で映画を観ることって本当に素晴らしい体験だと思うの。
大きいスクリーンで映画の世界に没入して、約2時間浸れるってすごいよ。
今はサブスクでどこにいても映画は観られるけど、映画館でしか体験できないことがたくさんある。

この作品を観て映画館に行こうかなって思えたので久しぶりに行ってみようかと思う。
────────────────
2022/𝒩𝑜.573◡̈*✧🌛☽・:*
おうち映画𝒩𝑜.573
ゲン

ゲンの感想・評価

4.8
私もあんな街、映画館に行きたい。懐かしい映画のポスター😊なかなか大久保さんが良かった。
これは想像以上に面白かった💕

大久保さん演じるマリコ先生との
エピソード🚲そして映画館の支配人
森田ことジジイとのエピソード
2人とのかけ合いが自然で
テンポも良くて心地よい
高畑充希ちゃんのサラッと毒舌も
めちゃくちゃ面白い(*´∀`)ノ
ジジイの体型がパディントン🤣

映画館のお話なのでたくさんの
作品が紹介されるし、偶然にもこの間
観たトトザヒーローも出てきた✨

最近は映画鑑賞は配信が
主流になってるけど
こういう街の小さな映画館も
大切にしていきたいし
近所にもし"朝日座"があったら
私は絶対に通うけどなぁ(´∪`d))❤︎
2本立てのハチャメチャな
組み合わせはご遠慮願いたいけど笑

"大切なものは、なかなか気づけない
 そこにあるのが当たり前だと
 思ってしまう 人も場所も同じ"

たくさんの人の温もりを感じられる
マリコ先生いわく"映画好きのネクラ"
にはたまらない作品でしたね✨✨

※U-NEXTにドラマ版あったので
 続けて鑑賞👀
 茂木莉子とジジイのコンビが
 ドラマ版でも最高だった🙌
 
🍎2022-402🍏

あなたにおすすめの記事