座頭市血煙り街道の作品情報・感想・評価

座頭市血煙り街道1967年製作の映画)

製作国:

上映時間:87分

ジャンル:

3.8

「座頭市血煙り街道」に投稿された感想・評価

小癪なガキを黙らせて後退りさせる鬼気迫る石噛み最高。いてもいなくてもよさそな坪内ミキ子だけど、伊藤孝雄へのひとり相撲を悟る表情がよかった
くずみ

くずみの感想・評価

3.5
多彩な共演者の見せ場を作るためか冗長ではあるが、道中でやたら出会う“旦那”、近衛十四郎とのやりとりで全てを忘れる。
座頭市シリーズ17作目。何の脈絡もなく女優が歌い出したり子役の演技があまりにもうざかったり、正直色々と"あれ"な部分はあるとは思う。だけど、近衛十四郎演じる赤塚多十郎と座頭市に殺陣がとにかくカッコいいので全部チャラになっている。最後の10分間のためにこの映画が存在していると言っても過言ではないだろう。最後の二人の殺陣は本当に凄まじいが、それ以上に座頭市とはどういう人間かをありありと表しているという部分でもまた素晴らしいシーンだ。子役の演技はうざかったものの、子供と座頭市の関係は少し泣かせるものがあったのもまた事実。ラストシーン以外の殺陣もまたカッコいいの一言。まさに座頭市の黄金期の作品だ。
チェケ

チェケの感想・評価

5.0
脚本がちょっと甘いとかそんなことはどうでもよい。勝新太郎と近衛十四郎という日本屈指の剣劇スターの対峙するクライマックス9分間。これだけでこの作品は日本映画史に名を刻まれたのだ。刀を失っても相手に必死で組み付く市が泣かす。
シリーズ第十七作。正直子連れもの前にもあったし、中尾ミエの明らか時代錯誤な歌唱シーン(めちゃ上手いけど)があるしで途中まで「三隅にしては…」と思っていた。しかし市が最後に立ち向かわなければならない相手が判明した途端、どうしようもない宿命に思わずため息が漏れてしまった。雪が降るのもエモくて最高。
堂ノ本

堂ノ本の感想・評価

3.8
子供と戯れる市に萌え、橋の上での闇討ちに酔い、ラストの雪降りしきる中での決戦に痺れる。
takato

takatoの感想・評価

3.8
 数々の良作を出してきたこのシリーズでもトップクラスの作品。三隅監督らしい(子連れ狼とかは除く)、人情の機微と日本の景色を切り取るセンスが光る。ただ、シリーズ全体にも言えるけど、もっとストーリーが締まってるとより面白くなりそうなのになぁ~。今回では、近衛十四郎さん演じる公儀隠密のキャラをもっと掘り下げてられてたらより良かったのにねぇ。90分しかないとはいえ削れるシーンは充分ある感じだし。


 ただ、子供がずっと描いてた絵が…って場面は思わずジーンときてしまった。
R

Rの感想・評価

3.6
さすが三隅研次といったところか。
第1作を撮った監督にしかできないアレンジを感じさせる。

子連れ座頭市
マツダ

マツダの感想・評価

5.0
子供を連れて旅をするっていう『血笑旅』と同じ構成
ラストの近衛十四郎との殺陣が素晴らしすぎて観入った
小池朝雄出てて嬉しかった
CSで放送されていたので録画。
勝新太郎の『座頭市』は、子供の頃テレビで幾つかみていたが、映画は北野武版以外は多分初鑑賞。

ストーリー的には良くあるパターンの勧善懲悪もの。やはり、勝新太郎は、このキャラクターが一番あっているかもしれない。

この作品は、映画としては第7弾らしいので、他の作品も今後観ていきたい。
>|