座頭市血煙り街道の作品情報・感想・評価・動画配信

座頭市血煙り街道1967年製作の映画)

製作国:

上映時間:87分

ジャンル:

3.8

『座頭市血煙り街道』に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

やはり三隅研次監督作品は一味違う。
公儀の隠密:赤塚多十郎役の近衛十四郎も良い。

旅先で会った母親から息子を父親に会わせてくれて頼まれ、父親をさがしに行くと、父親は絵師でヤクザと役人に監禁されて、…

>>続きを読む
SW326

SW326の感想・評価

3.0
座頭市シリーズ屈指の殺陣シーンが有名だが、三隅研次の座頭市の中では他の作品に比べると一歩劣る印象。

「この子にゃ見せねぇでおくんなせえよ」🙈

御禁制の品がどーだの御公儀がどーだの、そりゃこどもにゃ関わりのねえことでござんすからね。


 選り抜きの悪人どもに綺麗どころも粒ぞろい。
クライマックス…

>>続きを読む

「座頭市」シリーズ第十七作目。

前作の勝プロ製作から改めて大映製作となり、監督は三隅研次。

やはり三隅研次作品に外れは無かった。

分かりやすいストーリー構成と格好良くて印象に残る絵、そしてキャ…

>>続きを読む
T

Tの感想・評価

-

唸る程の面白さ。
座頭市の殺陣で最も有名な勝新太郎VS近衛十四郎の対決だけでも見る価値が有る。子どもを父親の元に送ってくれという面倒事に巻き込まれた座頭市が行き着いた先で、さらに揉めるといういつもの…

>>続きを読む
パン

パンの感想・評価

3.8

やっぱ勝新の按摩さんとしての演技すげー。
普通に鳥肌立つわ。 

本作が座頭市シリーズの中において殺陣が一番光ってると思う。
動きがキレキレ。 
座頭市って敵キャラが魅力的なこと多いよね。
この映画…

>>続きを読む
3to4

3to4の感想・評価

3.8
近衛十四郎の雰囲気や、勝新太郎との殺陣は凄まじく印象に残ります
子連れ旅
子どもの前では決して刀を見せない

飴玉を食べる市の表情
決闘で喰らい付く市の表情

雪の中の決闘
白い雪、赤い血痕

音楽 伊福部昭

タイトル凄い、殺陣も凄かった。
物語も良かった。

旅の途中で偶然出会った子供の父親を、市が探してやっていると、ご禁制の浮世絵皿を描かされている、絵皿職人が浮かび上がる。

それまでに何度か顔を合わせていた、謎の浪人風の侍が、実は公儀隠密だった。
事…

>>続きを読む

順番ハチャメチャ座頭市鑑賞3作目

こちらは近衛十四郎との一騎討ちが拝めるとお聞きして鑑賞しました!
大統領オススメ有難うございます(*‘ω‘ *)

って、三隅監督じゃないですか!
子連れだし(笑…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事