真昼の不思議な物体の作品情報・感想・評価

真昼の不思議な物体2000年製作の映画)

Mysterious Object at Noon

上映日:2016年01月09日

製作国:

上映時間:83分

3.9

あらすじ

「真昼の不思議な物体」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

その土地から生まれる物語と物語によって作られる土地

【重層的なもの】
 今作に限らずアピチャッポンの作品は画面にいくつもの世界のレイヤーが重なる。それは過去だったりあの世だったり神話の世界だったり。映っているのはたいてい何でもない食卓や公園だったりするのだが、その上にうわさ話やなつかし話が重なることでその世界が重層的に見えてくる。

【オープニングの妙、次の物語への橋渡し】
 その上で今作はオープニングからして重層的である。オープニングでカメラは車の窓からタイの市街地を延々と映す。そこに事故で亡くしたはずの恋人が生きていて、別の男と暮らしているところを見つけてしまった男の話が誰かの語りで入る。最初に思うのは、この物語が今カメラには映っていないがこのカメラを運転する男の物語なのか、あるいはこのカメラがたどり着く先の誰かの物語なのか、つまり今スクリーンに映っているものと語りの関連である。しかし、語りの直後にアナウンサーが登場し、これがただのラジオ番組だったことが分かり、さらにその後スピーカーからはナンプラー販売のアナウンスが流れる。さっきまでの車の進むスピードと物語が語られる展開が一致していたような感覚はここで砕かれる。
 そして、この車=ナンプラー販売のトラックに乗っていた女の身の上話に続く作り話としてこの映画ははじまる。ここから彼女を出発点に物語が複数の人によって作られていくわけだが、その前にこのトラックのラジオシーンを入れることで以下の
・ラジオで流れているようなタイの有名な民話も、ここから起こる物語作りと同じように
誰かと誰かの作り話によって生まれていることが示される。
⇒ここから作られる物語の展開にも、この冒頭の物語、物語的な他の民話も要素として
関連しているかもしれない

【物語とそれが生まれる場、語られる場】
 ここから行われるのは最初のナンプラー・サバ売りの女が作った話「足の悪い少年と家庭教師の女」を複数の人によって展開するということである。別の人から別の人へ、リレー形式で物語は作られていく。派手なおばあちゃん、サッカーに興じる少年、女学生と人は変わり、最初は少年と家庭教師のドラマだったところに不思議な物体から生まれた少年が現れファンタジーになり、家庭教師を想う男が現れかけおちのロマンスになりかけと右に左に物語は進む。それと同時に物語を作る人を追うカメラも次第にタイのより深い田舎の方へと進んでいく。
 物語を語るそれぞれの人の身の上話と物語の続き、語る人達の生活する場所・風景と物語を再現した映像が交互に挟まれるので、どこまでが物語の中でどこまでが語られている現実なのかが分からなくなる。それは意図的なものであり物語と語る人の話、物語の世界と現実の境界は意図的にあいまいになる。
・それは物語とそれを語る人の身の上話をイコールで捕えることからも行われる
・物語の中の人物が自ら身の上話をする(=物語を作る人と同じことをする)ことによっても行われる。女家庭教師の少年の両親との関係、それも再現映像になる
 ⇒それは物語の中の人が身の上を語ることによって、語る人物として物語を作っている
存在と彼女を同じにする。
物語の中に登場する人物から語られる物語として入れ子構造だし、インセプション
 ⇒再現映像を撮られている場所と語り手が語る場所が同じであり、その物語と現実はあ
いまい
・再現映像に重なる語り手の物語のモノローグ、その後ろに流れる虫の声や風の音は
再現映像の画に重なっても違和感が無いため、その二つの世界はあいまいになる。
  ・また再現映像を演じるのもその場所の人達であり、物語の登場人物では無い実際の
彼らも映画の中に映るためそこでも現実と物語はあいまいになる。
 また語られていく物語自体も、それを語る人のその人性、好みによって大きく変わっていく。一番印象的なのが物語のラストを作った少年であり、彼によって人食いトラが登場し、全員死んで終わってしまう。そして周りの子供たちからせがまれ少年は別の話を始める。ここで〝死んでいたはずの恋人の話〟⇒〝少年と家庭教師の話〟⇒〝〟という風に物語は次のものへと進む。

『真昼の不思議な物体』では物語が生まれる過程と、その物語が作られる場所・過程を描きながら、その物語が、いかにそれを語る人のキャラクターさらに言うとそれを生み出す生活、場所によって生まれているかが描かれる。それをリアルに描くことにより物語自体が臭いや体温を持ち、現実に近づいてくる。結果として、物語の場所と現実は重なる。
作り話と身の上話は、その生活の場から生まれた物語という意味で同じであり、誰かにとって語られる場所という意味では同じ。今作は語られる場所として存在するその場所が、語られる瞬間に現れるようなイメージがした。語られる場所としてのその場所は、語られる場所であるが故にいくつもの話が重なって重層的である。

・最後に挟まる何でもない子供たちの遊ぶシーンは、もしかしたら語られる場所では無い、
ただのその場所を表わしていたのか?だとすると、カメラで切り取った時点でその場所
はカメラによって語られるその場所になってしまう。いや、この監督だからむしろラス
トでやっていたことってカメラによってその場所を監督自身が語るってことだったんだ
ろうか。
・それぞれのパーソナリティを反映させた上でひとつなぎのやり取りを紡いでいくという
意味では、サイファーに近い側面もあると感じた。
zhenli13

zhenli13の感想・評価

4.0
この映画が作られた頃、タイを旅行した。ああいう硬いイスの三等列車に揺られ、最後尾車輌から線路を眺めた。建設中の高速鉄道と渋滞する道路を通った。その記憶と、何が真実でも虚構でもなく輻輳し再生される物語で頭がぼんやりする。
観る者をふわふわとした不思議な感覚にさせてくれるアピチャッポン監督の初長編。

インプロ(即興)トレーニングのワンワードのように他者が話した内容を引き継いで一つの物語を作るという作品(ちなみにワンワードは1フレーズのみ。社内のコミュニケーション研修でやったことがあって、これがかなり盛り上がる!)

今まで観た作品(『ブンミおじさんの森』と『世紀の光』)の原石を観たような感覚。想像を超えた想像というか、辻褄や整合性ではなく、スピリチュアルを大事にする監督の想いをすごく感じました。

ただ、脈絡なく繋がれたストーリーは当然訳がわからず、なお且つテンポも良いとは言えないので眠気を抑えるのに必死(ていうか若干寝た)この作品の良さを初見で見い出すのは自分にはまだ無理でした(涙)。またいつかチャレンジしてみたいっす。
FUJI

FUJIの感想・評価

-
危うくマークするのを忘れるところだった。
正直、半分くらい睡魔と戦っていたので(コンディションが悪かったせいだと思いたい)物語の全容が掴めていないのですが。一応マークを残しておくことにする。

ずっと人が話しをする流れかと思ってましたが、ドキュメンタリーチックに話したり回想?再現?シーンがあったりと話が展開されていくもんで、ちょっと気が緩むと今…何の話しとるん…?てなりました。失態。

子ども達がすごく自然体なので、演技なのか何なのか、なんとも不思議な映画でした。
意味が有るのか無いのかわからないシーンにも、またもや勘ぐらせていただいた。いや、勿論意味はあるんだろうけど、まだまだその境地に私はたどり着けていないのであーる。
めーっちゃいいなあ
物語の出来方の肯定、聞くからはじまるという在り方の肯定
@早稲田松竹

アピチャッポン特集にて。
タイの一般の人たちにマイクを向け、「不思議な物体の話」の続きを考え、自由に語ってもらうというドキュメンタリーでありながら、その語りを映像化するという不思議な作品だった。アピチャッポンの監督第1作目。

ラストの子どもたちの語りがめちゃくちゃ良かった。森に入った人が虎になるっていう語りからインスパイアを受けてトロピカルマラディを撮ったのかな?
ryosuke

ryosukeの感想・評価

3.6
(35mm)
冒頭のインタビュアーの、作り話で良いから話を続けてくれという指示、クルーたちの会議やインタビューの音声を村人に聞かせる様子を見せる演出、撮影が終わりか尋ねる少年、映り込むガンマイクという要素に、映画の虚構性を覆い隠さないというシネマ・ヴェリテの精神が感じられる。本作はドキュメンタリー、フィクションの両者共に存在する虚構性、作り手の意図を公にする。村人たちへのインタビューの中でお話を考えさせて数珠繋ぎにしていくという本作のアイデア自体の面白さは言うまでもない。
家庭教師の女の「分裂」や虎に変身する挿話など、後のアピチャッポン作品に登場するモチーフが長編第一作で、しかも村人発案で生まれていることに驚く。今ここにある自分以外にも自分が存在し得るというアピチャッポン作品の感覚は、彼独自のものというよりタイの感覚なのだろうか。
椅子の上にジャンプカットで突如登場する少年(不思議な物体役(!))の描写が不自然にならず、まあそういうことも起こるだろうと思わせるのがアピチャッポン映画だよな。
緩やかで不明瞭に連なっていく物語と、(おそらく品質は良くないのであろう)光が白飛びしている粗いフィルムに、夢を見ているのかなという気分になってくる。「トロピカル・マラディ」を見た時に寝落ちしたのを後悔したので、何とか眠気を振り払って(ちょくちょく一瞬意識が飛んでた気もするけど)最後まで見た。
家庭教師と少年の物語が静かに進んでいたところに、スカートから不思議な物体が転がり出ると繋げるセンスは凄いな。その物体が子供になり、女に変身し...という発想をいきなり出来る村人たちのイマジネーションに驚く。
少年が足が不自由な理由として、母親が堕胎に失敗し、飲んでいた薬の影響でそうなったというストーリー(不採用になったようだが)を考える男にも驚く。それまで単なる身体障害であったものが、一瞬で禍々しい刻印に変わる設定で凄い。
テンションが上がったおばさんの「スキヤキ」とかどういう意味合いで使ってるんだろうな。
それまで劇映画として物語を再現してきたところ、突如村人によるミュージカルが差し込まれる自由さと、彼らの語り部としての能力にも感心する。
ラスト間際、スピーカーから音楽が流れかけ、アピチャッポン映画のラストに劇伴が重なる聖なる瞬間が来るかと思ったが、数秒で打ち切られてお預け。なに、俺読まれてるの?
本編?終了後、サッカーグラウンドが突如水没したかのような編集の驚異的な飛躍に驚いていると、何と二つの場所は単に隣接していたという種明かしに呆気に取られる。アピチャッポンマジックだ...。そして、本編とは繋がっていないような、いやそれとも全ては繋がっているのだというような、エピローグ? で終幕。どんな感覚してるんだか。
今夏はなんでか仕事で多くの小学生の学習に付き合わせてもらってるが、あいつらのアナザーストーリー創造力が無限過ぎて、それでも忖度をもう知ってるの?みたいな子もいて、何がきっかけでこうなってしまうのかしらと思わないこともないんだけど、思い起こすと、私の知る限りのタイの人も前者ののびのびした創造性や屈託なさを大変に感じられて、世界中の人が集まる国のなんかある理由をこの映画にも感じた。
世界のあらゆる伝承ストーリーがそうであるように、この映画の中にはあらわれなかった多岐がサッカーボールの軌跡に集約されて、終わったような終わってないような、とりあえず映画の時間だけは終わった。
二日続けての“タイ王国”は、早稲田松竹の特別レイトショーで、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の長編初作品。
白黒の荒い画質ながら、独特の構図と音楽、そしてタイの風景が焼きつく。屋台や寸劇、モーラムなど、語られる作り話をする人のリアルな姿が何とも残って、でも内容は消えていく不思議な感覚。ラジオ放送のシーンで、タイから見た第二次世界大戦と日本にハッとさせられた。

僕にとってこの2日間、非日常の夏休みって感じ。
marika

marikaの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

画面のなかで人が動いているだけでこんなにも幸せになれるなんて!画面が白黒なのと映画館の暗闇も合わせて終始白昼夢を見ているようだった 冒頭の道路での男と女の語りの場面と少女2人の手話、衣装ケースに先生を押し込む宇宙人と少年の場面が特に好き フィーバールームを早く見たい! ラストの川の中にサッカーボールを取りに行って泳ぐ場面でかなり感動した 美し過ぎて 恋人が着ていたラコステのチェックのシャツが可愛かった 下北沢のupstairs recordでの店主との会話を想起 即興で作られた物語のはずなのにどこか不穏な空気が漂っていたり夢と現の境界が曖昧であったり胸がぞわぞわした 去年資生堂ギャラリーで見た佐藤浩一の展示を、昨日金沢の21世紀美術館で再見したのだが彼の美術手帖のインタビューをよんでいたら東南アジアに興味があると記述がなされており絶対アピチャッポン好きでしょう!アピチャッポンにもいちじくに関する映画撮って欲しい!とときめいています
>|