消えた声が、その名を呼ぶの作品情報・感想・評価

消えた声が、その名を呼ぶ2014年製作の映画)

The Cut

上映日:2015年12月26日

製作国:

上映時間:138分

3.6

あらすじ

1915年、第一次世界大戦中のオスマン・トルコ、マルディン。夜更けに現れた憲兵によって、アルメニア人の鍛冶職人ナザレットの幸せな日々は終わった。妻と娘から引き離され強制連行された砂漠では仲間を次々に失い、激しい暴行で声も奪われた。やがて奇跡的に死線を乗り越えたナザレットは、生き別れた家族に会うため、灼熱の砂漠を歩き、海を越え、森を走り抜ける。家族への想いはたった一つの希望となり、平凡だった男を遠…

1915年、第一次世界大戦中のオスマン・トルコ、マルディン。夜更けに現れた憲兵によって、アルメニア人の鍛冶職人ナザレットの幸せな日々は終わった。妻と娘から引き離され強制連行された砂漠では仲間を次々に失い、激しい暴行で声も奪われた。やがて奇跡的に死線を乗り越えたナザレットは、生き別れた家族に会うため、灼熱の砂漠を歩き、海を越え、森を走り抜ける。家族への想いはたった一つの希望となり、平凡だった男を遠くアメリカ、ノースダコタへと導いていく。地球半周、9年。さすらう男がたどりつく先とは。

「消えた声が、その名を呼ぶ」に投稿された感想・評価

totoruru

totoruruの感想・評価

3.3
壮大なアドベンチャー

と書くと語弊があるかもしれない

だが、家族を探して5ヶ国6都市の旅をする壮大なドラマのため、様々な風景や当時の文化などを観るだけでも価値はある。

もちろん肝心のストーリーも辛く厳しい物語だが、見応え十分な作品となっている。

映画の演出からすると取り立てて派手なシーンは無いが、心に突き刺さる様な痛ましい出来事が主人公や人々に度々襲い掛かってくる。

そんな状況下でも、行く先々で遭う人が皆良い人だったのが救い。

一時の平和が訪れ、広場でチャップリンの映画を観て皆が笑顔になるシーンはジーンとなった。
きっとチャップリンの願いってコレなんだろうなって、染み染みと感じるシーンであった。

一方で、それまで楽しく映画を観ていた主人公が、親子の別れのシーンを観て涙ぐむ姿には切なくもなる。


オスマン帝国によるアルメニア人大虐殺をモチーフにしていますが、全体を通してグロシーンはありません。

ですから、戦争描写が苦手な方も大丈夫だと思います。

ただ、難民キャンプのシーンなど精神的にキツイシーンは多々あるのでご注意下さい。


人間の良心、親子愛が描かれた、中々の良作だと思います。
Mutsumi

Mutsumiの感想・評価

4.0
親なら何としてでも子どもを探し出そうとする。例えどんな姿になっていようとも。
それを、手助けしてくれる誰かは、彼らに出来る範囲だけのことで力になり、あとは自分の足で歩く。
罪深い歴史が底にありながらも、人の良心と親の執念を感じさせてくれる。
声が出せなくなってからのあの目で訴え、そして叫ぶ。あの演技は凄かった。


2017/2/18 DVD
家族にただ会いたくて、もう一度会いたくて、それだけをエネルギーにして歩き続けたお父さんがかっこよくて切なかった。
無理やり離れ離れにされ、会えるかも分からないのに諦める事なく探して、現実に起こってたかもしれないとおもうと苦しい。
kumi

kumiの感想・評価

3.8
切なくて悲しい時代背景の中
無我夢中で愛する2人の娘を探す父親。

何もない砂漠、波と浜辺、荒野ですら
透明感がありひたすら美しい。
この景色を見るだけでも価値がある。
感想川柳「困難は 人の繋がりで 何とかなる」

U-NEXTにあったので観てみました。φ(..)

1915年、オスマントルコで少数民族に対する弾圧が起きる。鍛冶職人としてつつましくも幸せな日々を過ごしていたアルメニア人ナザレットは、突如として現れた憲兵によって妻子と引き離されて砂漠へと強制連行される。そこで同胞が殺されるのを目にし、自身も声を失ってしまう。からくも死を免れた彼は妻と娘との再会を目指し、砂漠を横断することを決意。その後、8年にわたって世界各国を回る過酷な旅を繰り広げることになる…というお話。

アルメニア人の虐殺は知らずに見ました。(´д`|||)「LION」と「ウェイバック」を足して2で割ったような感じですかね( ̄▽ ̄;)

主人公は悲惨な運命ですけど、人には恵まれてますよね〜( ̄ー ̄)じゃなきゃ中東からキューバ、アメリカにはなかなかいけない。ぶん殴りたい奴もいましたが。主人公も割と酷いこともやってますけどね。(((^_^;)

アルメニア人もユダヤ人みたいに国を失って各国に散らばりながらも、キリスト教を初めて国家宗教にしたほど宗教にアイデンティティを持ち、民族性を失わなかったんですな。(゜〇゜;)

タハール・ラヒムもこういう役をやるようになったんですね。(ノ´∀`*)

んでまず(^_^)/~~
第一次世界大戦時に行われたアルメニア人大虐殺のその後を、ナザレットという男を中心に据えて描いた一作。敬虔で純朴な鍛冶職人が、殺されかけ、絶望の中で旅を続けるうちに暴力や窃盗すら肯定するようになる姿に痛々しさを感じる。
とはいえ、双子ちゃんを捜して旅する合間合間に救いの手が差し延べられ続けるって一体どんな強運……と思わなくもないのが正直なところ。イヤ確かに、ソコは故郷を追われ世界中に散らばらなければ生きていけなくなった民族の悲劇、という側面もあるにはあるんだろうけど……。

ともあれ、感動の再会シーンで決して「声出るんじゃん」とツッコんじゃいけない。ソコはじんわりするトコロだから……と自分に云い聞かせなきゃいけなかったのは、ちょっと残念。
なんとも評価できません……
いい意味で映画として見ることのでなかった映画を初めてみた気がしました。
知らないこと、知った気でいること、文字だけで完全に伝わらないことが沢山ある。
hontochi

hontochiの感想・評価

3.9
⚪⚪を訪ねて三千里って感じです。背景となっているアルメニア人虐殺は深刻な話であり、本作を見るまで知らなかったので勉強になった。山川の教科書でも引っ張り出して世界史を読んでみたくなった。人の残酷さと温かさをの両方を感じる秀作。
>|