消えた声が、その名を呼ぶの作品情報・感想・評価

消えた声が、その名を呼ぶ2014年製作の映画)

The Cut

上映日:2015年12月26日

製作国:

上映時間:138分

3.6

あらすじ

1915年、第一次世界大戦中のオスマン・トルコ、マルディン。夜更けに現れた憲兵によって、アルメニア人の鍛冶職人ナザレットの幸せな日々は終わった。妻と娘から引き離され強制連行された砂漠では仲間を次々に失い、激しい暴行で声も奪われた。やがて奇跡的に死線を乗り越えたナザレットは、生き別れた家族に会うため、灼熱の砂漠を歩き、海を越え、森を走り抜ける。家族への想いはたった一つの希望となり、平凡だった男を遠…

1915年、第一次世界大戦中のオスマン・トルコ、マルディン。夜更けに現れた憲兵によって、アルメニア人の鍛冶職人ナザレットの幸せな日々は終わった。妻と娘から引き離され強制連行された砂漠では仲間を次々に失い、激しい暴行で声も奪われた。やがて奇跡的に死線を乗り越えたナザレットは、生き別れた家族に会うため、灼熱の砂漠を歩き、海を越え、森を走り抜ける。家族への想いはたった一つの希望となり、平凡だった男を遠くアメリカ、ノースダコタへと導いていく。地球半周、9年。さすらう男がたどりつく先とは。

「消えた声が、その名を呼ぶ」に投稿された感想・評価

hontochi

hontochiの感想・評価

3.9
⚪⚪を訪ねて三千里って感じです。背景となっているアルメニア人虐殺は深刻な話であり、本作を見るまで知らなかったので勉強になった。山川の教科書でも引っ張り出して世界史を読んでみたくなった。人の残酷さと温かさをの両方を感じる秀作。
civa4848

civa4848の感想・評価

3.5
2017年72号

チャップリン •́ε•̀٥
にこぺ

にこぺの感想・評価

2.7
壮絶なロードムービーでした。
1915年オスマン帝国で起きたアルメニア人の虐殺が舞台となり、そこから逃れたナザレットが双子の娘を探し求めて、歩いて歩いて海も渡り、という話でした。
民族の違いって?宗教って?という疑問は島国に住む日本人で無宗教の私には永遠に理解できないんだろうな。
えりみ

えりみの感想・評価

3.8
WOWOWで。
世界史をちゃんと勉強しておくべきだった、そして映画の古典もちゃんとみないとダメだなと。『キッド』はおろかチャップリン作品をちゃんとみたことないので感動ポイントを逃すハメに。オスマン帝国は第1次世界大戦に敗れて没落したのね。
ドイツに移民したトルコ人夫婦の元に生まれた監督さんがトルコ最大のタブーといわれるアルメニア人ジェノサイドに触れる物語。
虐殺自体をテーマにはしていないがゴロゴロ死体が転がるためPG12指定。
子を持つお父さんなら感涙必至の物語。
8年の歳月をかけ地球を半周、娘を訪ねて三千里。
アルメニア人はクリスチャン。
洋題のThe Cutよりも邦題がいい。
劇中ずっと流れる「愛しい人よ~♪」の歌が耳に残る。
ラストの風景もエンディング曲も良かっただけに、最後の最後で足の悪かった娘がスタスタ歩いちゃったのが惜しまれる。ナザレのイエスの奇跡かもしれんけど。
前半の砂ぼこりでくじけそうになったけど、主人公がなかなか美形のため最後まで見た
キューバまで行くのかと驚いたあとミネアポリスって、そんなとこまで
でもほんの100年ほど前なのね
アルメニア人虐殺を少し知ルことができました
s

sの感想・評価

4.7
心の隙間に入り込んでくる。人が人として生きていくことの強さを見た。
ファティ・アキン監督はやっぱり良いな。
miyu

miyuの感想・評価

3.8
『50年後の、ボク達は…』
を映画館で見て、同じ監督だ…
って思い、ふとこの映画を思い出した。。。
一年以上前に見ていた!!

100年も前に、オスマントルコでアルメニア人が大虐殺される…

不条理な形で、家族と引き離され、処刑され喉を切られたタヒール ラヒム演じるナザレットは、命だけは助かったが、声を失った…

家族はバラバラになるが、娘が生き残っていることを知り

トルコ
レバノン
キューバ
フロリダ
ノースダコタ
と娘を探しに9年かけて、地球を半周する…
仕事をしながら、盗みも働きながら
兎に角、大事なムスメを探す旅は、悲惨な大虐殺のあと、世界各国に渡ったアルメニア人を訪ねる旅でもあった…

彼の娘に賭ける思い…
言い知れない深い思い…

声を失ったラハール ラヒムの演技が
光っていた…
感情を抑え気味で 、娘達を求めて奔走する姿は、同じ子を持つ親として、凄く胸に響いた。。。

監督はトルコ系監督であった。
負の歴史を描いた事は、高く評価出来ると思う!!
yuukam

yuukamの感想・評価

3.7
内容的には、重たく暗いはずの映画だけど気負わず見れた
チャップリンのシーンは感動したが、歴史をもっと勉強しないとなと思った
映録助

映録助の感想・評価

3.0
台詞が少ない映画はいい。
この映画はなんといっても主人公の声が奪われたので喋れないから台詞がない。

アルメニア人大虐殺があったということを知った。
そして生き残った人たちは祖国を失い世界のどこかで生きているんやなあ。
ひろし

ひろしの感想・評価

3.5
アルメニア人の悲劇的な歴史を初めて知った。父親の心の強さに胸を打たれた。
>|