ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

あめる

あめるの感想・評価

3.0
セリフが少ないのにも関わらず俳優さんたちの目や表情で語る演技で緊迫した雰囲気を醸し出していて、見ていてその場に居るような気分になれた。終わったあとのホッとした感じも味わえました。

映画を基本あまり予備知識を入れずに見るタイプだと、このダンケルクは説明も無く始まるのでちょっと分からない部分も出てくるかもしれません。舞台になった国などについて少し調べておくとより楽しめるかもです!
寅さん

寅さんの感想・評価

4.0
映画館を出た後のメモがこれしか残ってなかった。


「音がすごい」


圧倒されたのだろうがこの一言とは。
Shurita

Shuritaの感想・評価

2.5
期待しすぎると…

話題作だっただけに期待しすぎてしまった…。

ウィンストンチャーチルを観てから観るとなお良し。
イギリスが自分の国に誇りを持っているのがわかる。
民間船が来るシーンで涙。

あと一番魅力的だったのは「ダンケルク飯」と巷で言われるトーストにイチゴジャム載せて食べるシーン。

ここで人が死ぬ⁈ってシーンがあって違和感。
YukiYamada

YukiYamadaの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

英雄らしい英雄が出てこない戦争映画。出てきたとしても最後は全員、無残な死に方をするようになってる。
戦争に行って何もしないでも生きて帰ってきたこと、帰ってこれたこと、そのことにフォーカスしてる。
戦争を始めてしまったことを悔いている上の世代と若者たちが対照的に配置されてることが、より際立たせる。
逃げ帰ったこと、それが奇跡だと、それがダンケルクであると。
この作品では、歴史上有名な、史上最大の撤退作戦を描いているようです。

30万人の兵隊を撤退させた大作戦。
今作では、主役が数名います。

撤退作戦が成功する1週間前と1日前と1時間前、それぞれに主演人物が一人ずつ存在し、各時間ごとに、それぞれ同時進行で進んでいきます。

この説明がよくわからない人はまぁ、とりあえず見れば良いと思いますw

ノンフィクション映画の描き方がとてもユニークで、楽しい映画とは言えませんが、みた後に心揺らぐものがあります。

大人向きの落ち着いた映画です。

尚、戦争映画には珍しく、グロい描写はありません。
Key

Keyの感想・評価

4.5

戦争映画では珍しい、
戦闘ではなくて撤退を描いた映画。

陸空海それぞれの立場で描かれている。

戦うこと、逃げること、
そして還ること。

戦うだけが戦争じゃなくて
生きることなんだなぁ…

見応えがあってよかった。

このレビューはネタバレを含みます


戦闘機、民間船、ダンケルク(浜)の3つの場面を代わる代わる映すもので、戦闘機での1時間の流れ、民間船での1日の流れ、ダンケルクでの1週間の流れを交互に流し、映画が終盤に向かうにつれてそれらの時間が1つになるという感じでした。
観る人に常に緊張感を与えようとしすぎて単調になりすぎていた気がします。
にも関わらず切羽詰まった感じの緊張感はほとんどなく、最後の最後までイントロみたいな感じでした。
また、爆撃に巻き込まれたのに血の出ない体だったり、爆撃されてないところにいきなり死体がでてきたり、船が沈みそうだからといって人を1人だけ降ろせばなんとかなると考えたり、海に潜っていたのに苦しいからといってわざわざ重油のせいで海面が燃えている部分に顔を出して焼けてしまったり、構成が甘すぎる映画でした。
一切の盛り上がりはありません。
それどころかわずかな緩急すらつけられていません。
見せようとしすぎて残念な感じになったありがちな映画でした。
終わりどころをみつけられなかったのかな?
唯一良かったのはCG無しなので、リアルに近かったことぐらいですかね。
第二次世界大戦の「ダンケルクの戦い」をクリストファーノーランが描く歴史戦争映画!!

個人的に戦争映画や侍映画など過去の世界は好きではありません。。
クリストファーノーランだから!だからこその鑑賞!!

陸海空それぞれの視点で描かれており、おそらく全部英国人?

このWWⅡ という時代背景を理解してなかった若者なので難しく感じました。

設定や、あらすじを知らずに見たら理解できなかったと思う。

ハリー!!!!
これは1D好きにはたまらない!
出てきた瞬間、1D早よ戻って来いって思っちゃいました。

この映画はスクリーンで見るものだと思います。
爆発や砲弾の迫力はすごいものでした。

僕の中でのクリストファーノーランはこんなもんじゃありません。
歴史的事実を忠実に再現したため個人的には受け入れ難い作品です。。

次のクリストファーノーランの作品に大大大大期待!!!

PSあけましておめでとうごさいます!
今年は就職が決まり次第、最期の大学生活を映画と共に過ごす予定です!
よろしくお願いします!!
ばま

ばまの感想・評価

4.6
息苦しくなる。
緊張感、緊迫感。最初から最後まで。

希望が見えたかと思ったら、一瞬で絶望に変わる。
今まで隣にいた人が一瞬で息絶える
その繰り返し…


羽田→ヒースローの飛行機内で観た2本目

新幹線乗る時もそうやけど、
移動中の映画をすごく楽しみにしているもんで、
飛行機乗る前からJALホームページをチェックしてて、
『映画館で見逃したから、是非観たい!』
と思っていた映画。


《後半、ネタバネ的要素あり》



友人の死、打ち明けられた船長の息子の死、
そして最後の空軍兵(トム・ハーディー)が諦めた瞬間。
対して、列車ビール。。。

飛行機の中にいるってことを忘れて
号泣やった。


最後まで残った
イギリスの海軍中佐(ケネス・ブラナー)かっこよすぎるやろ。
あと、空軍のイケメンもめっちゃかっこいい!
ジャック・ロウデンというのか。
そして、なにより船長。

敵が見えない映らない。
(っていうか見えたら死ぬ)
あくまで英仏軍目線。
人間ドラマ的で、胸が熱くなる。男気かっこいい
ストーリーは全く違うけど、
イーストウッドのハドソン川の奇跡みた時と
同じような感動はあった。


人間って罪な生き物やな。
敵は、敵だけではない…
本当に身にしみる。

見終わって、めっちゃ疲れた。



この映画みてからイギリスに降り立ててよかった。見方変わる。
まぁ、どっちが正義とかないけどさ。

あと1日あれば、ドーバー海峡観に行ったのに。。。くそう。

ということで、
イギリス旅を楽しみます。



〜〜追記〜〜

途中で助けられた黒髪の怖い人(キリアン・マーフィー)、
ずっと空軍の隊長やと思ってたけど、
違うのか。

色んな人のレビュー読むと勉強になる。
正月、実家でもっかい観よう
>|