ヒトラーへの285枚の葉書の作品情報・感想・評価

ヒトラーへの285枚の葉書2016年製作の映画)

Alone in Berlin

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:103分

3.6

あらすじ

1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリンで質素に暮らす労働者階級の夫婦オットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)のもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った二人は悲しみのどん底に沈むが、ある日、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」と怒りのメッセージをポストカードに…

1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリンで質素に暮らす労働者階級の夫婦オットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)のもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った二人は悲しみのどん底に沈むが、ある日、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」と怒りのメッセージをポストカードに記し、それをそっと街中に置いた。ささやかな活動を繰り返すことで魂が解放されるのを感じる二人。だが、それを嗅ぎ付けたゲシュタポの猛捜査が夫婦に迫りつつあった―。

「ヒトラーへの285枚の葉書」に投稿された感想・評価

puko

pukoの感想・評価

4.1
テレビの予告で見かけて、録画して鑑賞した。
大正解。

ヒトラー政権下の40年代初め、戦争で一人息子を亡くした労働者階級の夫婦が総督を非難する内容を書いたはがきを街中に置くという、ささやかなレジスタンス運動を開始する。

危険な行為に、否が応でも緊張してしまう。同時に、命がけで信念を全うする夫婦の強い意志と絆に感動する。

ドイツが舞台なのに英語で会話する。普段はこれをあまり好ましいと思わないのだけど、監督のインタビューで「世界に発信するため」との意図を知った。

監督が伝えたかった事とは
その昔、頑張った人がいたという史実にとどまらない。
小さな声が誰かの心を動かし、やがて体制を動かすこともあるのだという希望。この映画は今、そして未来に向けて私たちがすべきことを教えてくれているのだと思う。

その意味で、ダニエル・ブリュール演じる警部が、オットーの捜査をするうちに心を揺らしていくことや、回収されない葉書が残ったところは大きな意味を持つ。

ラストシーンでは、警部が主のいなくなった部屋の窓から籠の鳥を逃がした場面が蘇る。空に羽ばたいた鳥に警部の姿を重ね、涙が出た。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.3
重たい内容ではあるけど、ひたすら葉書を書き、色んな所に置くという行為を、ハラハラとかもなく意外と淡々と描いてあった。

ナチスに対する信念に疑問を抱く人が出てくるのは自然なことだと思うな。
koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.2
実話に基づいた映画で重いです、とても重い内容です。
時間は短めで見やすいです。
するめ

するめの感想・評価

4.0
切なくて、救われない作品だった
それに結末がわかっているので、見ていてしんどかった
しんどさの中で、夫婦の愛にグッとくるシーンがいくつもあった
夫婦以外に、犯人を探す警部など、周りの登場人物からも当時の様子がわかり、歴史に詳しくなくても面白いと感じた

心に余裕がある時に見るべき
とてもしんどいが、勇気がもらえる
emi

emiの感想・評価

3.0
ドイツの一般市民の視点から語られる戦争映画は珍しい。独裁政治下で一市民ができるささやかな抵抗が葉書をそっと街に置くことというのが切ない。主演の二人はいつも通り本当に巧い。
ゆた147

ゆた147の感想・評価

3.8
邦題に違和感あるけど中にはそういうものもあったのかも。

同じ気持ちでいても、声に出すことが出来ないのであれば孤独も同じ。そういう意味合いの原題なのかな。

言ってはならぬ 考えてはならぬ 総統を批判してはならぬ

ラストは政権のズレを身をもって経験したが故の行動。

いい夫婦。
しほ

しほの感想・評価

2.5
怖いかな〜グロいかな〜とか思いながら恐る恐る観たけど

全然そんな事なかった。
おじいさんとおばあさんがコツコツ頑張ってたなって言う感想くらいかな、
Shimizu

Shimizuの感想・評価

4.0
1940年6月ヒトラー政権下であるドイツ。フランスを降伏させ戦勝ムードに沸くベルリンに戦争で最愛の息子を失った夫婦がいた。「総統は息子を奪った」そして始まったナチス政権へのささやかな反抗。
“自分を信じろ、ヒトラーを信じるな” “総統は私の息子を殺した、あなたの息子も殺されるだろう” ペンと葉書を武器に政権へ抵抗した、ごく平凡な夫婦の実話。

最小限の台詞とひたすら静かに紡がれるストーリー、それに合うBGMの綺麗なこと。想像以上に好きなタイプの映画でした。
ナチス政権真っ只中でありながら、些細な事だとしてもそれに抵抗するなんてどんなに勇気の要ることか。消えた18枚の葉書と267枚の葉書を読んだ警部がいるだけでクヴァンゲル夫婦も救われたのでしょうか。最後まで連れ添った夫婦は本当に素敵でした。
ユダヤ人老婆の方がとても可愛らしいお婆ちゃんでした。
みつお

みつおの感想・評価

3.7
映画館でおばあさんにチケットを頂き鑑賞した映画。

自分の考えを自由に言えない時代に、紙とペンだけでヒトラーに抗う夫婦の姿を見て感動しました。
パケほ

パケほの感想・評価

3.8
結局砂でしかなかった。あの小さな行動範囲の中で誰も帰ることが出来ない。
たった18(人)だけ。
でも、その小さな砂によって最後に少しは行動に繋がった。
多くの人間が不満を抱いているものの何も行動はしない。

暴力は正義に勝る。
大衆が正しいとは限らない。
>|