ヒトラーへの285枚の葉書の作品情報・感想・評価

ヒトラーへの285枚の葉書2016年製作の映画)

Alone in Berlin

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:103分

3.6

あらすじ

1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリンで質素に暮らす労働者階級の夫婦オットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)のもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った二人は悲しみのどん底に沈むが、ある日、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」と怒りのメッセージをポストカードに…

1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリンで質素に暮らす労働者階級の夫婦オットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)のもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った二人は悲しみのどん底に沈むが、ある日、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」と怒りのメッセージをポストカードに記し、それをそっと街中に置いた。ささやかな活動を繰り返すことで魂が解放されるのを感じる二人。だが、それを嗅ぎ付けたゲシュタポの猛捜査が夫婦に迫りつつあった―。

「ヒトラーへの285枚の葉書」に投稿された感想・評価

まぁ

まぁの感想・評価

3.9
実話ベースの物語…

とても静かな作品だった…
なので…余計…「怖かった」
…緊張感、一杯…

息子を戦争で亡くした夫婦…
…政権批判のカードを書き続け…
見つかったら…どうなるかは…分かっている…

兵士たちが闘っているなど…激しいシーンは殆どないけれど…
この作品も「戦争映画」…

子を失った夫婦の「悲鳴」が
聴こえてくるような作品だった…
犬

犬の感想・評価

3.4
木彫り

第二次大戦中のベルリンで暮らす労働者階級の夫婦オットーとアンナのもとに、最愛の息子ハンスが戦死したとの報せが届く
悲しみに暮れていたある日、オットーはヒトラーに対する批判を綴ったポストカードを、密かに街中に置く
ささやかな活動を続けることで魂が解放されていく2人だったが、やがてゲシュタポの捜査の手が迫る

ドイツ人作家ハンス・ファラダがゲシュタポの文書記録をもとに執筆した小説「ベルリンに一人死す」を映画化し、ペンと葉書を武器にナチス政権に抵抗したドイツ人夫婦の運命を描いたドラマ

重たい

反ナチス作品

ホブゴブリン作戦ってスゴいですね
こんなことがあったとは

雰囲気が良くて引き込まれる

俳優陣の演技が良かった
2人の感じが悲しさを増す
ダニエル・ブリュールの感じは毎回イヤな感じ
みかん

みかんの感想・評価

4.0
第二次世界大戦初期、ナチスドイツ政権下のベルリン。
ごく平凡な夫婦が最愛の一人息子の戦死をきっかけに、反ナチスや反戦のメッセージを書いたポストカードを密かに街の各所へ置き、反政権を訴え続けた実話に基づくサスペンスヒューマンドラマ。

もしこの行動がバレたら、即逮捕・処刑されるという危険を顧みず、約2年間で285枚もこっそり街の至る所に置き続け、反ナチスを市民に呼びかけ続けた勇気に脱帽。

じわじわと追い詰めてくる刑事の捜査。さらに、刑事も国家親衛隊(SS)に早急な逮捕を迫られ脅かされる姿に一層危機感が煽られます。

また、夫婦と同じアパートに住む、心の中で反政権の想いを秘める判事、隠れ住む優しいユダヤ人の年配女性を追い詰める密告者などにも緊張感がおさまりませんでした。

戦時下で、戦場じゃなくても一人一人がそれぞれに闘っていて、心を壊されたり命を奪われたりした被害者でもあった。

その中で、ペンで政権と戦い続けた夫婦の勇敢さに深い敬意を表さずにはいられませんでした。


1940年第二次世界大戦初期、フランスへの勝利に沸くドイツ首都ベルリン。
家具工場で働くオットーと専業主婦の妻アンナはごく平凡な夫婦だったが、最愛の一人息子の戦死の通知書を受け取る。

嘆き悲しむ2人。やがてオットーはペンを握りしめ、それまで感じていたナチスに対する怒りや疑問をポストカードに書きつける。
それを隠し持って街へ出て、階段の途中や扉の隙間などに見つからないよう置く行動を開始。

この小さな抵抗活動に捜査の手が迫るが、果たして夫婦は無事隠し通すことが出来るのだろうか、、。


淡々とストーリーが展開していくだけに、とてもしみじみ考えさせられ、ラストは泣けました。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.5
オットーとアンナ、二人は自分達の信念を貫き通せたが、ここで彼らより気になるのがゲシュタポの捜査官エッシャリヒ。
その立場でありながらも彼らに共感し、上からの圧力に垣間見る反発心。
体制派の中でもそういう人が居たんだという安心と彼の孤独な切なさを感じた。
くるみ

くるみの感想・評価

3.6
主演の2人の表情がなんとも言えなくて、
とにかく完全に惹き込まれました…
終始静かでやることも決して派手じゃないけどあっという間の103分間。
ずっと緊張感が漂っていました

ヒトラーに関する映画はこれで大体鑑賞することが出来ました。本作は戦争で息子を失った夫婦が毎日街中に怒りのメッセージを置いて行く。その数285枚。
見つかったらもちろん命はないだろうから、指紋を付けないように、置くところを誰にも見られないように…
こういったメッセージカードという形で戦っていた人がいたのは初めて知ったし、なんだかとてもリアルだった✉️

そしてゲシュタポの人たち
上の人が部下を呼んで、はやく仕留めろと言ってボコボコにして、もう次はないぞ、と言ったりだとか
まるでSF映画に出てくる悪の組織と同じようなセリフと行動
冗談みたいな世界だ。。
Ayu

Ayuの感想・評価

2.0
WOWOWの録画をお母さんと鑑賞。映画をきっかけにいろんな史実を学んでいけるのが楽しくもありその事実の残酷な終わり方に悲しくもある。

実話ベースなだけあって終始ずっしり重い空気、エマ・トンプソンとブレンダン・グリーソン演じる夫妻の静かな闘志がヒトラーへの反対や反戦メッセージを記したカードを道に置いて行く手や瞳に表されているのが良い。

大好きなダニエル・ブリュールは今回比較的良い役だったので一安心(最近だと『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』と悪役続きだったので…)
たま

たまの感想・評価

3.5
エマ・トンプソンとブレンダン・グリーソンの演技を堪能しながらも、やはりドイツ語でないのに違和感を禁じ得なかった。
皮肉にも息子の戦死によって夫婦の絆と愛情が深まる。
この労働者階級の夫婦の他、ユダヤ人老女、盗みを働いたり密告する輩、ゲシュタポ、ナチス親衛隊によって当時の様子がうかがえる。
1940年のベルリンでナチスに批判的だった人がいた事、批判を拡散させようとした人がいたこの事実は初めて知った。
この夫婦の行動は当時としては大きな反響もなく、死をも厭わない行動も意味があったのだろうかと感じるかもしれない。でも今私たちがこの真実を知ってドイツ=ナチスという偏見に気づかせてくれた事は大きい。
WOWOWで放映された第二次世界大戦に於けるドイツのヒトラー独裁政権によって息子を戦争で失った夫婦の静かな戦いを描いた反戦映画でした。

派手な戦闘シーンは殆どなく主演のエマ・トンプソンとブレンダン・グリーソンが演じる夫婦の政権批判をカードに書き込んで国民に訴えた実話を基にした作品でした。

この二人は目立ちはしないが魅せてくれる演技で注目していましたが老年夫婦の築いた夫婦、家族愛を見事に表現してくれました。

自己表現が苦手な私は主人公夫婦の生き様に憧れや共感を覚えるが、SNSなどでもアピール出来ない現状に・・・・・・・・・・
映画も引きこまれたけど、見終わった後のW座エピローグが凄く良かった。人の無関心さと夫婦が共通の目的の中で関係が変わっていく変化とかの説明に共感出来た。
実話なんですね。
カードとペンで小さな抵抗をしていた人達がいただなんて、知りませんでした。
>|