ヒトラーへの285枚の葉書の作品情報・感想・評価

ヒトラーへの285枚の葉書2016年製作の映画)

Alone in Berlin

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:103分

3.6

あらすじ

1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリンで質素に暮らす労働者階級の夫婦オットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)のもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った二人は悲しみのどん底に沈むが、ある日、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」と怒りのメッセージをポストカードに…

1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリンで質素に暮らす労働者階級の夫婦オットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)のもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った二人は悲しみのどん底に沈むが、ある日、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」と怒りのメッセージをポストカードに記し、それをそっと街中に置いた。ささやかな活動を繰り返すことで魂が解放されるのを感じる二人。だが、それを嗅ぎ付けたゲシュタポの猛捜査が夫婦に迫りつつあった―。

「ヒトラーへの285枚の葉書」に投稿された感想・評価

285枚のカードのうち、18枚は誰かに届いたのですね。オットー【機械と同じだな。砂が一つ挟まっても止まりはしない。だが、さらに砂をギヤの中に投げ込んでいくと、モーターはきしみラインは止まる。大勢の人が、砂を投げ込む様子が目に浮かぶ】どこかの国の民衆にも観てもらいたい映画です。法廷でのオットーとアンナの表情。泣きました。名作だと思います。
総督はやがてあなたの息子も殺すだろう。そういった告発を書いたハガキを街のあちこちに置く、このハガキを読んだら又別の場所に置いて下さいとナチスの体制を批判する絵葉書を街のあちこちに置く。こうでもしないと息子を失くした悔しさ悲しさは収まらない、息子が戦争で亡くなった通知を受けた時妻は声を上げて泣いたが、オットーは泣かなかった、その代わり筆跡がわからないようにカリグラフィで絵葉書に体制批判を書き綴りそれを静かに街で広める活動を始めた。地味な労働者階級の夫婦のレジスタンスだ。それを追いかけるゲシュタポ隊員のエッシュリヒ警部。最後とうとう捕まってしまった時、絶対妻は逮捕するな彼女は関係ないと伝えたのに妻は進んで逮捕されに来た。なぜ逮捕するなと言ったのに!と怒りに震えるオットーに対し、警部は「手柄を独り占めさせたくなかったんだろう」と言った。「手柄」という言葉に込められた思い。エッシュリヒ自身も仕事だが心は反ナチスだった。第二次大戦中、日本も同じだが、独裁政権下の市民って我が国が進む方向を目の当たりに恐ろしいと思いつつもどうすることもできなかったんだろうと容易に想像は出来るが本作品はそういう市民のそれぞれのリアクションをリアルに見せている。政府の犬になりきっている「弱い」者、またはなんとなくやり過ごす者、政府に通報が義務の立場でありながらも心からこの葉書に応援する者。ゲシュタポの隊員であろうと中にはそういう人も多かったのだろう。何か反政府的意見口にしたら拷問終いには殺されてしまうし。淡々とした映画で夫婦がこの地味な活動を始めた頃からそのうち終わりが来るのだろうとは予想出来たが、始まりから終わりまで良い老夫婦を見届けるという立場で視聴する。この良い人達がいつ捕まるのだろうか、お願い捕まらないでととハラハラさせられるサスペンス仕立てで映画としては退屈させず面白く仕上がっている。エマ トンプソンとブレンダン グリーソン夫婦の演技が素晴らしい。余談だが、この「カリグラフィ」という手法、いつか習いたい習いたいと思いつつ終ぞ習う機会がなかったが、今年こそ習おうと思っています。art of fine handwriting、素敵です。
Maki

Makiの感想・評価

3.7
戦争によって一人息子を失ったドイツ人夫婦が、ナチスドイツを中傷するメッセージを書いた葉書をドイツの街中にこっそり置き去る。自由な報道を求めた夫婦であったが、葉書の存在を知ったゲシュタポに追い詰められていく。

全部で285枚書いたということですが、警部に届けられた葉書は267枚。残りの18枚はどうなったのでしょうか...。

『白バラの祈り』のゾフィー・ショルを思い出しました(ナチスドイツに抵抗したドイツ人女子大生です)。「ナチス時代のドイツ人は悪」と一概に見なすのではなく。ナチスドイツに抵抗した 勇気ある市民たちがいたことを、忘れてはならないと思います。
自分のことよりも大事なものがある人は尊いな。
ナチを描いた作品としても、もちろんずっしりと訴えかけてくるものがあるし、夫婦モノとしても感動作かなと。
私は自分を越えた誰か、何かの為に、考えて、行動できるか。
Emiri

Emiriの感想・評価

3.4
劇的な展開や熱のこもった演出のないシンプルな作品。もう少し、捻りや意外性がほしいなぁ。鑑賞後に得る気付きがあまり無かったかな。
コツコツと繰り返される自由な報道。
自由な報道は登場人物の多くがおこなっていた。
ユダヤ人の老婆を救おうとする裁判官(裁判官じゃなかったっけ?)、その老婆は自分を捕まえようとする警官に小さい頃から大きく成長したのねと彼を責めるわけでなく無情さを伝え、オットーを捕まえる警官は最後に自由な報道を世間に届けて自死する。
うまく言葉にできてないからまた時間が経った時にレビューの続きを。
よかった
F亮

F亮の感想・評価

3.4
息子の死からヒトラー政権への疑問を形にするしがない夫婦の話。

小さくてもいいから、と自分のできることを続ける二人の姿に胸を打たれた。

隠し味的に敵役の刑事さんにも感じるものが。二人のドラマを締めくくるのが彼なのもグッとくるものがあった。

その他では、建築美に思わず目を奪われた。エレベーターをグルッと囲む螺旋階段とか、S字に配置されたドアベルとか。こういうの見てるだけで満足しちゃうタイプだから他のドイツ者映画とかも見てみようかな〜。

クッキングパパみたいな顎の人って本当にいるんだな…
けして大きな事件を起こしたわけでも大きな変革をもたらしたわけでもないけど何かが変わると信じ、社会に砂を投げ続けた話。
ナチスを題材にした作品は多くあるけどその中でもこの作品は良かった。
まぁ郎

まぁ郎の感想・評価

3.5
久しぶりに酷く重たい話だったが、良質だった

これがまた実話ベースというのがなんとも言えない

ナチス、ヒトラーと戦った夫婦の絆と勇気に拍手を送りたい気持ちになった
笑ダニエルブリュールばかりみてしまう。
映画は手堅いかんじです。
>|