WE ARE Xの作品情報・感想・評価 - 7ページ目

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

観る順番を間違えたか、先日の金スマで非常に感動してしまった分、少し同じような感じがした。
だけど、音楽は最高。
lag

lagの感想・評価

4.2
X JAPANが好きな人ならさらに好きになれる作品。X JAPANを知らない人にも伝えたい作品。


少し作品のレビューとは別に私的なことですが、記したい。本編のレビューは最後に。

このバンドとの出会いは2014年、高校2年の時。思えば私自身が生まれた時にはHIDEはこの世に居ないし、中学に入った頃にはTAIJIも居なかった。初めてまともに聴いたTHE LAST LIVEの紅は、まさに衝撃だった。当時の私は、人間関係に苦しんで軽音楽部をやめて楽器も手放してしまい、進路のこと親が離婚したこと祖母の死や友達や好きな人のこととかもあって。そして十数年住んだ家を引っ越す頃に改めてX JAPANの音楽に触れて、初めて聴いた時以上に勇気付けられた。自分がバンドでBassをやっていたのもあってか、特にTAIJIに魅せられた。夢中で聴いた。他の何者でもない唯一無二の存在。帰る場所。この映画の劇場公開時は、なんだか他に観にくる人との温度差がまだまだ不安で、劇場で観ることは諦めた。そして2018年、YOSHIKIがTVに何度も出演しているのを見ているうちに葛藤は消えて、この作品を本当にたまたま買うことができた。私のX JAPANとの出会いを大まかに語るとこんな感じ、かな。


本編を観て……
YOSHIKIという、X JAPANという物語。マディソンスクエアガーデンでのライブまで直前4日間に重ねてドキュメンタリー形式で描く。ART OF LIFE第2部という表現を見かけたが、その通り。TAIJIのことも、しかと描いてくれている。THANX! 愛をこめて……。

ボーナストラック1を観て……
未公開映像など。言葉を借りるなら、信じられないほど素晴らしい映画、です。胸を張る。勇気をもらう。YOSHIKIを信じる。Xを、X JAPANを、信じる。

ボーナストラック2を観て……
本編の別ヴァージョン。もう、大好き。好き。生きていてよかった。これからも生きる。X JAPANと共に生き続ける。Unfinished.
やっと観れたー。
世界に羽ばたく人はやっぱり違う。
それを改めて感じた時間でした。

またこれを観たあと彼らの曲を聴いたら感じ方も違うような気がします。

亡くなったヒデ、タイジも含め、みんな天才だ。
X-JAPANが大好きで特にTAIJIとHIDEが好きなんで泣けました。

ちなみに奴らと同学年なんで。。。R.I.P.
Jahsaki

Jahsakiの感想・評価

3.3
そーいやSilent Jealousy tour 行きました。連れに誘われてだったけど始まった時シビれたの思い出した。懐かしかった!coachellaでやるなんて感慨深いすな。
EDM

EDMの感想・評価

4.5
あまりにも壮絶でドラマチック。MSG公演への道を時間軸の中心のしYOSHIKIとX JAPANの光と陰を、痛みを全て曝け出す。バンドドキュメンタリーとして100億点。
楓

楓の感想・評価

4.0
映像が綺麗すぎやしませんか。

このXJAPANというバンドが居なければあのバンドもこのバンドも存在しなかったのではないかと思えてくる。
キュイ

キュイの感想・評価

3.5
X初心者。
知らない事が沢山あった。
すごいバンドだ!
Xに造詣が深くないのだけど興味深く最後まで見れた。
しかし尺を長くしてでもインタビュー対象を幅広くすべきだと思う。ミュージシャン以外のアーティストやYOSHIKIのライバルや嫌いな人とか。
イメージシーンはかっこよくない。
とはいえ興奮と共に上映時間を過ごすことができるのはやはりドラマティックなXのパワーによるものである。
素晴らしい。
改めてこんなドラマがあるバンドだったとは。フォーエヴァーラブはしまる!