WE ARE Xの作品情報・感想・評価 - 7ページ目

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.1

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

x japanは青春。

YOSHIKIみたいなアーティストになりたい。

もっと自分を表現して、いい作品を作っていこー😀

刺激を受けた作品でした。

あ、後やぱhideのカリスマ性とTOSHIの洗脳事件は今でも衝撃的😮
これだけのスターが赤裸々にさらけだす事が尚更身近に感じて共感を得る
それでまた好きになる
※ここではドキュメンタリー映画の評価はしないし、かつXの活動の評価になってしまう気がするので、スコアはイジらないです。

神格化された『X』というバンド。日本での知名度はバツグンだし、近年では海外での評価も増えてきている(やはりインターネットが国境をなくしているのかしら)。しかしその歴史にはメンバーの脱退、ヴォーカルの洗脳、解散の危機、メンバーの死……、決して余裕で歩んだ道のりではなく、そもそもリーダーの父親の死から全てが始まっているようで、パワフルな曲の裏に影をみてしまう……。
「『X』ってよく聞くけど、何がスゴいの?」と言う人、是非。
さとり

さとりの感想・評価

3.8
うちの親が空前のYOSHIKIブーム到来したので、一緒に観ました。
YOSHIKIの頭の良さ、感じました。それでhideのカッコよさも再認識。世界の色んなバンドもXを認めていることもわかりました。
用事をしながら見流していこうと思ったのに、べったりと座り込んで見入ってしまった。日本人でロックファンなら彼らのヒストリーは大体知っている、にもかかわらず彼らの持つ特異性、ドラマのようなエピソード、YOSHIKIにしか作れない激しく美しいメロディーに改めてX JAPANのカリスマ性を見た。「ヴォーカルが洗脳された」って衝撃的な言葉も現在のお茶目なTOSHIあってこそヒストリーの1ページとして受け止められるから、TOSHIが帰ってきてくれてよかった。コアなファンにはもっと掘り下げて欲しい部分もあるだろうと思うけど、X JAPANを知らない人にもドキュメンタリー映画として見応えのある作品だと思う。
録画を流しながら他のことしようと思ってつけたらまさかの英語字幕…皆さん英語ペラペラなの凄いな~でもちゃんと見てないので点数なし。

世界中で人気あるんだ!?
jonsnow

jonsnowの感想・評価

4.0
喜びや感動を届けてくれる人がいちばん満たされずに身も心も削っているこの現実。削ったものがわたしたちへの最高の感動だというのなら、それはとても悲しい結果だといつも思う。

完璧なステージも大好きだけど、彼らの素朴さが垣間見える瞬間も好き。生きかた、精神、バランス、全てが容姿に出ているなあ、と。

YOSHIKIが語る「大切な人が皆死んでいく」というあの言葉、ずっと昇華できていないことを思ったら胸がきゅうきゅうと音がして苦しくなる。それでも絶望的でドラマティックなX JAPANがこれからもずっと大好き。
りくま

りくまの感想・評価

4.0
TAIJIのベースが好きで、バンド組んでた頃に何曲かカバーしたけどTAIJIのようには全然弾けず、その難易度に驚いたのを思い出す。なぜ彼は解雇され、あんな最期を遂げたのか。この作品では残念ながら掘り下げられていないけど、hideはもちろんTAIJIについてもX JAPANの歴史として丁寧に触れられてるのはファンにとって嬉しいんじゃないかな。

X JAPANが世界中で愛されてる事実について「音楽に国境なし」とはYOSHIKI本人も(過去のインタビュー映像で)語っていたが、YOSHIKI自身の英語力もかなり大きいな、というのが作品全体を通した感想。深層の想いを英語で語ることが出来るのと出来ないのとでは、英語圏のファンにしてみれば感情移入の度合いが全然違うだろうし。最後、エンドロールでジョージ・マーティンが登場して結構ビックリした。
過去や素顔を晒してこれ以上何をファンは求めるのか?
X JAPANのファン以外が見ても圧倒される。
YOSHIKIはどこへ向かうのか?

今もこれからも圧倒的にX JAPANの世界を構築する姿を見れるのは至福だ感じる。
matsunikki

matsunikkiの感想・評価

4.1
この監督は、X JAPANのファンなんだろうなぁと思った。ひとつのドキュメンタリーとして、とても見応えのある作品でした。

年末のバラエティに出るYoshikiを見て、この人不思議だなぁと思って興味本位で観た私みたいな全くのX JAPAN素人も、何十年来のファンの人も同様に感動すると思う。


ただ。英語は字幕があるからいいけど、Yoshiki以外のメンバーや他の日本人出演者が話すときは、ボソボソ言ってて、何言ってるか分かりづらい。ライブのToshi のMCも何言ってるか分からなかった。そこは残念だった。31