WE ARE Xの作品情報・感想・評価 - 7ページ目

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.1

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

最近Xをよく聴いていた
昔からXの話題になるとまず流れる聴き飽きたはずのForever Loveが今になって深く響く

ようやく観れた
X は食わず嫌いだったんだが、本作は公開時に友人のススメでレイトショーで鑑賞した。

Yoshiki の見方がガラッと変わった。長いこと勝手な色眼鏡でみていたが、リアルタイムにライブを体感するべきバンドだったんだなあ…。

映画としては、監督、スタッフを外国人で固めたのが良かったんじゃないかと思う。
過度に日本のファン向けの構成になっておらず、ドキュメンタリーとしての客観性、説得力がある。
この映画の評価できる点は、hideに関して偏っておらず、TAIJIについても同じ程扱われている点である。

XJAPANが語られる時は、大体HIDEの事とTOSHIの洗脳についてが大半占められる。
けれど、TAIJIの事はあまり扱われない事が多い。
やはり、この映画はまったくそんな事は無い。

XJAPANの歴史をバランスよく、マジソンスクエア公演前から公演日までの日を上手く合わせて、よく作ったなと思いました。
笑い飯西田がたまにモノマネする様になって、もうPATAが西田にしか見えん

やっぱり初期に惹かれるが、如何にもロッカー然としたTAIJIのワイルドさなどは今や前時代的なものなのだろう。
kanegone

kanegoneの感想・評価

3.8
ファンとしてはたまらない。
劇場でも観たけど、レンタルで出たので再見。

かれこれ25年も応援してきたので、
現在の活躍が本当に感慨深い。
キョウ

キョウの感想・評価

4.0
機会あって見ました。
X JAPANのことはあまり知りません。


「壮絶」
幼少期から現在までバンドの歴史が語られますが、壮絶という言葉がぴったりと当てはまります。

これがフィクションではないことに驚きます。

ここまで人の心を動かす彼等は、
伝説と言われるのに相応しい存在なんだと思い知りました。
海外の制作チームだけあって骨太な映像、全体的に重い雰囲気

Yoshikiが淡々と過去を語るシーンは何なんこれと思った、いつもどこか怪我してるイメージ、学生の頃のテーピング好きの部活の先輩を思い出す

コメントが所々薄っぺらいと思った

マディソンスクエアガーデンでの3daysとX JAPANを追ったドキュメンタリー

ヘヴィーメタルサウンドは好きでは無い

Toshiの声は本当綺麗なハイトーンボイス、洗脳も読んだけど振興宗教にさえハマらなかったら最高

よくここまで精神的に弱い人達が人前で演奏出来たよね、結局信じる物が無いと人間は弱い

英語圏でも売れたのは本当に凄い

日本は宗教が無いし何を信じるのも自由、それがアナーキーだと思った、ロックスターが仏教のお墓に手を合わせるシーンもそう、ロックンロールはキリスト教に起因していると思うんですが

楽曲は凄く良いけど、ここまでくるともう怖いわ、頭おかしい

精神世界の事は話し出すとキリがないのでこの辺で

映画は1時間半だけどその倍は観ている気になった
SAYOKO

SAYOKOの感想・評価

4.0
(過去鑑賞記録)

あたしがX JAPANを知った頃には、もう活動はしていなくて。hideを知った数ヶ月後には彼はこの世からいなくなっていた。

hideちゃんがまたスクリーンで観れるなら、ていう気持ちで観に行った。

今だから話せること、今じゃないと言えないこと。X JAPANに起こった数々のアクシデントをYOSHIKIが丁寧にその頃の自分に語りかけるように、静かに語ってくれた。

雑誌に掲載される何万字のインタビューよりもこの一本のドキュメンタリー映画の方が何よりもX JAPANを知ることができる。

YOSHIKIの刹那的な雰囲気、今更ながらすごく好き。
tm

tmの感想・評価

4.5
YOSHIKIが「自分の周りにいる大切な人がみんな死んでいく」と言っていたのが印象的 なんで神様は彼にばかり沢山の試練を与えるのか…もがく姿に胸が熱くなった😢

Toshlがサラッと言った「生きてるし!」にグッときた!生きてなきゃなにも始まらない!X JAPANは今間違いなく「生きる伝説」だと思い知る90分でした!

不器用すぎる生き方だけどそれがX JAPANの魅力なんだなぁ🤔🔥
普段は吹き替えしか見ないけど、YOSHIKIの声だからそのまま見た