シンドラーのリストの作品情報・感想・評価・動画配信

シンドラーのリスト1993年製作の映画)

Schindler's List

上映日:1994年02月26日

製作国:

上映時間:195分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「シンドラーのリスト」に投稿された感想・評価

むぎ

むぎの感想・評価

4.4

衝撃的だった。

この時の、リーアムニーソンも
またまたカッコいい。

スピルバーグって、やぱ凄いのねと。

確かに、落ちるけど
それだけじゃない感動もある。

忘れられない映画。
KOTA

KOTAの感想・評価

4.5

ユダヤ迫害などの生々しいシーンは
もはや社会科の映像教材。

200分弱の長尺映画だったけど
見飽きることはない。

白黒映画ならではの光による
人物心情の変化が印象的。

そしてシンドラー聖人すぎ。
巴香

巴香の感想・評価

4.5
彼が救えたのはほんの一握りのユダヤ人だけだったのかもしれないけど、大きな意味があった
あの時代に生まれたとして、シンドラーと同じ行動を取れる人が何人いることか
りく

りくの感想・評価

4.3
最近は『帰ってきたヒトラー』や『ジョジョラビット』みたいにナチスをコメディチックに描くのが多いからか、絶対に忘れてはいけない部分を忘れかけていた気がした。
朝みる映画じゃなかったのは確かだよね
Naoki

Naokiの感想・評価

5.0
どれだけ世界が壊れても、自分がどう振る舞うかという自由は奪えない。名著『夜と霧』とセットで鑑賞。
ラストのエモーショナルな演出に批判があるようで確かにそこがあざとくも見える。題材が殊ホロコーストだけに厳しい目も向けられるだろう。けれど思うままに動ける立場にない主人公が1200人を死出の旅から連れ戻したのは事実。無論全てのユダヤ人を救えたわけじゃない。当然救う者と救わぬ者の線引きがあった。命を選別する重み。もっと多く救えたのではないか。彼は生涯に亘って背負う羽目になる十字架のことを判って尚その渦中に飛び込んだ。最良は無理だが最善は尽くしたのだ。凄惨な現実の記録のような淡々としたモノクロ映像。そこに交じる少女の外套の赤色が悲しくも目に鮮やか。
kmk

kmkの感想・評価

4.7
約3時間の映画だけど、あっという間。
光が差すかのようなカラーの使い方。
この先も多くの人に見てほしい。
チロル

チロルの感想・評価

4.9
Power is when we have every justification to kill, and we don't.

Whoever saves one life, saves the world entire.
ともき

ともきの感想・評価

5.0
自分には知識も語彙力もないので、下手なことはなにも書きません。
TOK

TOKの感想・評価

3.0
ナチスドイツの最中だから
またみたいとはならないけど
一度みるべきと勧めたくなる

イザックシュターンとのお酒のシーンにぐっときた
>|