ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

のり

のりの感想・評価

2.5
評価もいいし、新しい試みみたいなので、頑張ったけど、寝てしまうからわからないのか、わからないから寝てしまうのか
3回チャレンジの結果、諦めました😓
Mimi

Mimiの感想・評価

-
やっとみました。

撤退するという決断。
救助に行くという選択。
LACO

LACOの感想・評価

3.7
第二次世界大戦下、英仏連合軍の決死のダンケルク撤退作戦の様子を、臨場感満点に描いた戦争スペクタクル。
相手は分かっているが姿は見えず、空爆や魚雷、転覆時の水の恐怖などC.ノーラン監督、独自の発想と視点で描かれており、地味なシーンが続くが演出の上手さに引き込まれた。理解する事が難しい点もあったが良かった。
ね太郎

ね太郎の感想・評価

3.0
映像はすごかった。考えさせられる場面もあった。でも「面白い!」って思うような映画ではなかった。戦時中の兵の疑似体験をさせられているかのような映画だった。だからと言って戦闘に焦点を当てたアクション映画でもなければ、盛り上がるようなシーンもなかったし、とにかくひたすら逃げ続けるだけの、だけどこれが戦争のリアルなんだなと思わされる、改めて戦争が怖くなる映画。
ただでさえ時代背景とか文化の知識が無いとつらいのに、時系列や登場人物の境遇も難しくてセリフ数も少ないため、解説付きじゃないと容易に置いてかれる…
でも淡々と時間が進む中に緊張感や国への想いが織り込まれてて、記録を見てるみたいだった。
これは物語ではなく、映像と音で緊迫感のみを表現した映画だと思います。言葉もほとんど排除されています。
密集、空間…映像の使い方が素晴らしく、それは恐怖や絶望感、ふと感じる海原への畏怖すら覚えました。
特に怖かったのは水中の溺れる声で、見るのを止めようかと思いました。
ラストの着陸は美しかった。この場面でようやく心が救われました。
あまり響かず。序盤こそ流石の迫力のある画に圧倒されたし、画の力はたしかに素晴らしいものの、時制のいじりが明らかに効果をあげていない。
ここではどの役者の顔にも寄らず、あくまでも戦争の顔を捉えようとしている。その試みは買うが、自分にとってノーランはそのコントロール能力の高さゆえにつまらない部分がある作家だと再認識。
あとこの時制いじりって、自分の中では禁忌に触れている感がある。彼の以前の作品では物語内で理屈はあったし、フラッシュバックとかも登場人物の思考の流れだの理屈付けがあるけど、ここには作劇の都合しかないから。


自分がノーランで好きなのは『インセプション』と『インターステラー』なんだけど、ひょっとしたらそれらは俳優によるアンコントローラブルな部分に魅力を感じていたのかも。特に『インターステラー』マコノヒーの肉体労働者的な部分とか。
UTOPIA

UTOPIAの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ジャケ写を見て誰もが思うであろう"プライベートライアン感"。でもオマハビーチのような大規模な戦闘シーンは一切なかったのでちょっとがっかり。監督が監督なのでクソ難解な戦争映画だと思って気を引き締めて見たけど、終わってみるとノーラン監督作品にしては、"かなり"わかりやすい映画だったのかなって思った。
まず思ったのがマジで映像が洒落てて綺麗だってこと。こんな戦争映画なんて最初で最後な気がする。調べてみると戦闘機にカメラつけて飛ばしたらしい。そりゃあんな映像が取れるわけだ。血生臭くてマチスモさが溢れる今までの戦争映画とは一線を画してる。賛否別れるだろうけど、この映画の綺麗さは個人的には好き。
構成も"ノーランらしさ"があって程よい難度だったと思う。3つの視点が終わりに向かうにつれて繋がっていくのは見てて心地がよかった。でもガス欠の戦闘機が敵の戦闘機倒すのはないわ。あれだけはない。
Mika

Mikaの感想・評価

3.5
難しかったです
でもすごく心に残るものはありました
大切な人と見たので思い出です
だいち

だいちの感想・評価

4.3
ふつうの戦争映画とは違ってインパクトのある物語がある訳じゃない。陸海空それぞれで責務を全うする彼らの純粋な戦いが濃密に描かれる
>|